ニコンのフルサイズミラーレスカメラの検証画像

Nikon Rumors に、ニコンのフルサイズミラーレスに関するいくつかの検証画像や予想CGが掲載されています。

New Nikon mirrorless camera renderings

  • 最初の画像は、24-70mm F4が装着されていると噂されている新しいティーザー画像で、このレンズには(ズームリングに)「24」というプリントがされているのが見て取れる。

nikon_new_mirrorless_20180726_001.jpg

  • 次の画像はニコンのミラーレスカメラの背面の操作系の配置だ。

nikon_new_mirrorless_20180726_002.jpg

  • ニコンのミラーレスとソニーα7とのサイズの比較。

nikon_new_mirrorless_20180726_003.jpg

nikon_new_mirrorless_20180726_004.jpg

nikon_new_mirrorless_20180726_005.jpg

  • ニコンD750との比較。

nikon_new_mirrorless_20180726_006.jpg

  • ニコンのミラーレスマウントと中判のGFXマウントとの比較。

nikon_new_mirrorless_20180726_007.jpg

  • ニコンのミラーレスカメラの予想CG。

nikon_new_mirrorless_20180726_008.jpg

ニコンのミラーレスカメラに装着されているレンズに関しては、様々な見方がありましたが、ズームリングに「24」と記載されているので、噂の24-70mm F4の可能性が高そうです。

サイズの比較画像では、ホットシューの大きさを基準にして他機種と大きさを比較しているようですね。ニコンのミラーレスカメラは、以前のリーク画像ではバッと見でかなり大きく見えましたが、こうして検証してみるとそれほど大きくはなさそうです。

また、マウントサイズの検証画像では、ニコンの新マウントの外径はGFXのマウントよりも大きく見えますね。

2018年7月26日 | コメント(33)

コメント(33)

これほぼ確定画像の気がします
益々期待が持てますね

DL24-500 f2.8-5.6ととても似てる気がします。

こないだ発表されたNikon P1000に形が近い感じがします。

GFXより大きいマウント径ということは、将来的にオーバーフルサイズへの対応も見越したマウントかもしれないということでしょうか…? まあFマウントのときにあとから機能を追加するのに苦戦していたようですし余裕をもたせておきたいだけなのかもですが。

ニコンが苦しんできた、ニコンF以来の小さなマウント径が、これで解消されるんですね。時代の転換をつくづく感じます。

このイメージCGのデザインは微妙ですが…
写りに期待したいですね!

Nikon 1 V2のテイストも入っているのでしょうか?
個人的に気に入ってたデザインですので…

マウント思った以上に大きそうですね。
GFXと共通なんてことはないとは思いますが、将来的に中判機を投入する可能性は高そうですね。

Fシリーズのような、赤いラインは入るのでしょうか?
どちらにしても、いかにも「機能を追求したら、この形になりました」という感じの、このデザインは好きです。

おそらくこのサイズ感だろうと思います。
α7ⅲとほぼ同じじゃないでしょうか?
マウント口径が大きいのでかっこいいと思いますが。
デザインは好みでしょうが、「予想CG」のデザインはかなり微妙な・・・
もっとスッキリしていると踏んでいます。

ペンタプリズムと内蔵フラッシュが入っていた部分がごっそりカットされていますね。これの影響で、外観デザインの方向性は少なからず変わってくるような気がします。

ファインダーが流石に大きいですね。
D750を首から提げ軽いレンズを付けて歩いていると、どうしても身体と擦れてファインダーのアイピースが知らぬ間に紛失してしまう事故が頻発しました。
以前にも増して大きくなったこのファインダーには、頑丈にロックできるアイピースが付属することを期待します。

ボディ横向きのリーク画像を見ると、EVF前面の斜面部分が目立ちます。
予想CGではこの斜面部分が小さくなっており、本物とは見た目が異なると思います。

雰囲気としては伝説になったNikonDLシリーズのデザインに似ていますね。グリップの形とか革張りのデザインはよくにていると思います。分厚さを見てもソニー機と同等でフランジバックも同程度か少し大きい程度だと予想できます。マウント径は本当に大きいですね。中判も視野に入っているカメラかもしれないと期待してしまいます。ファインダーが大きいのはいいですね。カメラはファインダーの見易さが大切。EVFの画素数より大事なファクターですから。

「ニコンの新マウントの外径はGFXのマウントよりも大きく見えます」・・・やはり将来的に中判をにらんでいるのでは?
予想CGは、ペンタ部がかなり違う気がします。上面がフラットすぎて、私の好みではないなぁ。
いずれにしろ、あと少し。楽しみですね。

なんとなくですが、縦グリ一体型のような感じでバッテリーが大きい気がするんですがどうでしょうか?
というかそれくらいしないとニコンらしい撮影枚数にならない気が。まあこだわるところでもないですが。

同じボディサイズでより大きな
グリップとマウントを付け、手の大きな人でも
不自由なく使えるようにすれば
一眼レフ相似形であればマウントとEVFは
必然的にグリップの反対側に寄せられるでしょうし
相対的にペンタ部が小さく見えたり
グリップ側上面の空きスペースにサブ液晶を
入れようとするのもわかります

予想CGは理に叶ったデザイン(というか仕様上
こうなるのが妥当)ですが、これだと面白みがないので
細部をいじってもうすこし遊び心が感じられるものに
なっていたほうが愛着が湧くのではと思います

なんか想像とちがうなぁ
このCGよりカッコよくなって欲しい!

フジとかG9とかに似た感じですかね
中版を視野に入れてそうなのがニクいです

Gマウントの内径は65mmだったかと・・外形がそれより大きいということは、かなりマウントの金具が太いということでしょうか?
マウントが大きいと色々と言われているようですが、実は内径は55mmだとEFマウントより1mm大きいだけです。
今の中判の対角線と同じ長さだけに意識されるのかもしれませんが、そうなると内径43.5mmのXマウントには対角線43mmのフルサイズが収まり、更に0.5mmの余裕があることになります。電子接点の位置にも余裕がありますが、フジは乗らないとしています。
あくまでも超大口径レンズ等の設計のしやすさを意識したもので、基本的にはフルサイズ用のマウントのように思えるのですが・・

寸法予想図だと、マウント外径が73mm前後で、先日のマウント金具のリーク画像はかなりスリムだったので、内径は60mm前後はありそうな気がしますが、はたしてどうでしょう。
いずれにせよ、こうやってみんなでいろいろ妄想している時期がいちばん楽しいんですよね。

上の傾斜部にボタンとレバーが一体になっているものがありますね。
ファインダーとライブビューの切り替えでしょうか。
まさか電源?

中判を視野にいれてますね。

エンジンの性能が上がれば、中判80MPとかでスポーツとか野鳥が
撮れる時代がくるんじゃないですかね。

その時にはソニーはマウント変えないと行けないし
キヤノンの新マウント次第では、FUJIFILMとNIKONの
二強になるんじゃないですか?

このマウント設計は次の100年に向けたNIKONの答えですね。

なんだかビミョーなデザインですが、F5、F100辺りからニコンはグリップ性がよくて手の大きさに関係なく握りやすいですね。
個人的にはソニーα7シリーズやα9のデザインが好きですが、握りやすさはミラーレスになってもニコンがピカイチなんでしょうね。

α に近い (半回りくらい大きい?) サイズ感のようですが、大きなグリップとダブルスロットで天地方向はそれなりのボリュームになっていそうです。

最後の CG ってティザーが公開される前のものでしたっけ。 最新情報とは色々違ってますね。 もっともリアルのニコンユーザーによる予想 CG ならティザー公開前であってもこんなシャッターボタンにはしないと思いますが (笑)。

予想CGは荷混さんが指摘しているとおりDL24-500 f2.8-5.6を
使ったフェイク画像ですね。
現物はもっと洗練されたデザインになると思います。
それからφ73はレンズの径でマウント径は少し小さいと思います。
フジのGマウントの大きさではショートフランジバックを生かし
た小さいレンズが作れませんから一般受けしなくなりますね。
小さく作っても外形は75mm程度にはなってしまいます。
キヤノンのようにAPS-C用のEF-Mマウントを別途用意するならば
別ですが。


どうか予想CGがはずれますように
こんなんじゃ購買意欲がわかないです

他の方の仰る通り
幻のDLを使ってイメージしてますね。

ちょっと疑問に思ったのですが、24-70だとこの位置に24の数字は来ませんよねぇ?向こうの方に隠れるように回るはず…。
まさかズームリングが逆回しになったとかないですよね!?

個人的にがわは特に変でなければ何でもよいかな。各社似たり寄ったりなので。タフなカメラかどうかがより重要。

コレジャナイ感半端ないデザインです。
外れることを願うばかりです。
側のデザインは重要ですね。やっぱり。

大きな変革機のフラッグシップなら、
海外のデザイナーに依頼した可能性がありますよね。
以前、確かジウジアーロで出したのではなかったかな?

ペンタックスの画期的だったあのカメラはマークニューソン
でしたし、キャノンも昔はルイジコラーニでしたよね〜

それにしてもマウントがでかいですね。
F値の明るい大口径レンズのためではないでしょうか。
レンズは大きく重たくなりますから、外形の大きいモーターならば
簡単にトルクを出せるので、より早いAFを目指したのかもしれません。


ニコン Sシリーズのような外観だったらいいのになぁ。

Zマウントと GFX が一緒!
これは中判マウントの可能性があるということですね
まずは中判マウントにフルサイズセンサーで来るのかな
中版マウントが来るならバランス的に APS-C のマウントも来るかも

もし来るなら中判も APS-C も楽しみ
ニコンの中判画質 見てみたい・・・
APS-C カメラもサブとして使ったり色んなレンズを試したり使い勝手が良さそう

なんにしても続報が楽しみ!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年7月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがフルサイズミラーレスカメラの開発を発表 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「ニコンが8月23日にフルサイズミラーレスカメラの発表会を開催、早ければ今秋にも販売を開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る