ニコンが「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を正式発表

ニコンが、位相フレネルレンズを使用した一眼レフ用の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を正式に発表しています。

「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を発売

  • 「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」は、PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズの採用で、最大径約106mm、長さ約237mm、質量約1,460gの小型・軽量ボディーを実現。焦点距離500mmの高性能超望遠レンズながら、手持ちでの超望遠撮影が楽しめる。
  • 防塵・防滴に配慮した設計、レンズ最前面にフッ素コートを採用するなど、屋外でも安心して撮影が可能。
  • 光学系にはPFレンズ1枚、EDレンズ3枚を採用しており、高画素デジタルカメラに対応した高い解像力を発揮。また、新開発のPFレンズの素材でPFフレアを大幅に抑制し、光源は本来により近い色で再現可能。
  • フォーカス用レンズ群の軽量化によりAF速度の高速化を実現。さらに、手ブレ補正効果4.0段のVR機構を搭載。
  • 希望小売価格は506000円(税別)、発売時期は2018年9月14日。

 

開発発表があってからよく話題になっていた500mm f/5.6Eが正式発表されました。このレンズは、位相フレネルレンズを使用しているだけあって、長さ237mm、重さ1460グラムと、500mm f/5.6としては非常に小型軽量で、手持ちで長時間振り回しても問題はなさそうです。ただ、国内の価格設定は海外でリークしていた価格からすると少々高めですね。

2018年8月23日 | コメント(28)

コメント(28)

1.5kg切りましたね。

おカネができたら、買うことになりそうですw。

マップカメラさんの予約価格だと42万円弱なのでサンニッパより安いですね。差し込み式フィルターじゃないので少し気になります。
大きさと重さを考えるといい選択にはなるかと思いますが、レビュー待ちですか。

実勢価格44万スタートですか。リーズナブルですね。
小さいし軽いし、言うことないです。
後は飛行機のライトのような点光源が昼間きれいに映るかどうか・・・良ければゴーヨンからの切り替えを検討します。

40万円台、1.5kg以下、写りも高級機と遜色ない。これは望遠ファンにとってはキラーレンズになりそうです。鳥屋さんにとっては朗報ですね。

70-200mmF2.8とほとんど変わらない重量なのでガンガン振り回せますね。最近はどのメーカーも性能が高いので重量が重要なファクターになってきているようです。
そういえば500mm軽量というと昔は500mmF8のミラーレンズとかありましたね。

想像の遥かに上をいく価格で驚きました。
まさか500mmf/5.6で50万円台とは。
まあ200-500mmf/5.6のズームなんかとは出来が違うのはわかるんですが。。。

マップカメラで税込で45万円切ってきたので、発表会の価格よりはだいぶ安いですね。
また、MTF曲線は500mm /f4 G は当然としてEよりも良いので、AFの速度もEレンズ並なら購入したいと思います

30万円くらい用意すればなんとかなると思ってました。
Zレンズも高いけど、Fマウントも似たようなものですね。

長さは70-200FLよりちょっと長いくらいですかね。
気になるのはレンズフードがロック式でなさそうな点ですね。
ボディとフードを持った方が安定するんですが、300PFも200-500もフードが簡単に外れちゃうので、この点が解消されていると嬉しいです。
D500と組み合わせてバイクレース撮影に使いたいので、ロック式であることを祈ってます!

超望遠レンズは全てPF化されるのでしょうか?
Zシリーズ+FTZと組み合わせると手ぶれ補正がさらに効くとのことなので、
そのうち1000mmでも手持ちで撮れるようになるのでしょうか。

このサイズ、この価格なら手が届きますね〜。
AFスピードがどんなものかが気になります。
爆速ならば556貯金を始めねば。

2度目の投稿、失礼します。

私は飛びモノは手持ちが有利と信じ切っていますので、このレンズをD500にかましたら、鳥さんの飛翔に最強という気がして来ました。

うーむ。少し機材を売ってでも、早く欲しくなってきたww。

よく見たら、9月発売じゃないですか!

MTF曲線すごい

600mmf5.6に期待してます。ちょっと500mmf5.6は中途半端な気がします。

相変わらず三脚座がアルカスイス互換では無いようですね。
形は似ているのに(≧∀≦)

テレコンを使うとなると、やはりゴーヨンでしょうか。
あくまでもテレコンなしで使うのが前提な気がするのですが。
そこのあたり、詳しく知りたいです。

きくちゃんさん

ニコンHPの作例サンプル(サンプル3)に、テレコン付きF8の作例が出ていますよ。

800f5.6にTC14Eを常に使用しているものとしてはD500にTC14E装着で1050mmf8は機動力もあり楽しみでワクワクしています。早速昨日予約を入れました!

再投稿で失礼します。
レンズフード、銀座SCで確認してもらったところ、ロックありでした。
ということで、本日予約を入れてきます。
発売日に入手できれば、その週末に開催される小松基地の航空祭で使うことが出来るので超楽しみです!

爺ショックさんへ
情報ありがとうございます。

新ロクヨンが旧ゴーヨンより卵一個軽くなったので入れ替えましたが、年と共に体力が落ちて出番も少なくなっていました。
70-200 F2.8とほぼ同じ重量なのは超魅力的ですね。F5.6でAFの合焦速度や動体の追従性やテレコンをかませた時が不安ですが、それを払しょくさせるメーカーのうたい文句を信じ、300mmPFのような品薄も確実でしょうから、新ロクヨンの下取り価格もそこそこなので昨日注文しました。

ひしひしさん、恐れ入ります。今日ニコンにZ7のことで質問があったのでフードについて確認しましたところロックではなくバヨネットフードらしいですよよ!まあそう書いてましたけど。僕もサンヨンや58mmf1.4ですぐ外れるので煩わしく思ってましたので、24-70や70-200のようなロック式を期待してました!
ひしひしさんの投稿を見て一旦喜んだんですが、やっぱりでした。
カチッときつい目にキッチリ収まるものが来るように祈るのみです(笑)

robinさん
バヨネットフードですがロックボタン付いてますね。

海好きさん
ニコンのHPで付属品を確認するとロックボタンは確認できません。300mm/F4PFと同様のようです。
ニコンはフードにPLフィルター用の窓は意地で付けないのでしょうか。

obrigadoさん

下記のサイトの画像を明るくしたらボタン付いていました。

https://www.pronews.jp/news/20180823171014.html

obrigadoさん

PRONEWSのサイト
トップ > ニュース > ニコンイメージングジャパン、ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を発表

の画像を明るくしてみたらロックボタン付いてました。

海好きさん

おはようございます。
昨日までイヌワシ撮影行ってましたので返信遅くなりました!
ニコンの社員の方の勘違いだったようですねー、ありがとうございます。僕は崖上や渓流で撮ることが多いのでロックボタン助かります。安心しました!
ありがとうございます。

誰もコメントしないけど中国製だね。工場閉鎖したと思ってたから驚いた。
https://www.ephotozine.com/article/nikon-500mm-f-5-6e-lens-officially-announced---we-have-hands-on-photos-32616


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年8月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」など3本のZレンズとレンズロードマップを発表」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-T3は電子シャッターで最大30コマ/秒の連写が可能?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る