キヤノンのフルサイズミラーレス用のF2通しの望遠ズームの特許

Canon News で、キヤノンのフルサイズミラーレス用の70-120mm F2と90-130mm F2の望遠ズームの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Canon applies for a mirrorless full frame 2.0 zoom

  • 本日、かなり異例なズームレンズの特許出願(日本特許公開2018-132675)を見つけた。短いバックフォーカスと像高を考えると、これらのレンズの実施例は、フルサイズミラーレスカメラのためのものだ。
  • 90-130mm F2:半画角13.52-9.41、像高21.64、全長242.35、バックフォーカス16.7
  • 70-120mm F2:半画角16.72-9.92、像高21.64、全長217.72、バックフォーカス22.47
  • 70-120mm F2:半画角16.72-9.94、像高21.64、全長210.32、バックフォーカス21.80

canon_patent2018-132675.jpg

この望遠ズームは、バックフォーカスと像高から見て明らかにフルサイズミラーレス用のレンズですね。ことによると、F2通しのズームが、キヤノンのフルサイズミラーレスの目玉レンズになるのでしょうか。 

2018年8月24日 | コメント(13)

コメント(13)

手ぶれ補正系の記述が見当たりませんね。
キヤノンも遂にボディー内手ぶれ補正ってことでしょうか。
回転ブレに対応できるのは大きいですから、歓迎です。

ボディー内手ぶれ補正で画質と性能を確保しようとするとFE-Mの口径では厳しそうですから、やはり新マウントになるんでしょうかね。
※α7IIで試したところ特に影響無しという話もあるから、EF-Mでも不可能じゃないでしょうが…。

90-130と70−120という焦点距離の重なりが多い2本の特許を
出した意図は、どちらも開発はして出すのは1方という事なのか?
片方がF2.8とかなら両方出す可能性も有るけど、どちらもF2ですし
しかし高価になりそうな。

EFマウントではなく新マウントということでしょうね。

キヤノンの特許は2つの例からいい方を開発するという手法ですね。
フルサイズミラーレスを展開するにあたってNikonのノクトレンズみたいに特色あるレンズを用意しているのかもしれません。
F2通しのズームレンズはシグマを除いてないので楽しみですね。

サイズ無視でF2通しの新大三元なんて出てきたら面白いですね。

コスト意識の高いキヤノンですからマウントは部品共用できるEFマウントのフランジバック違いだと予想しています。
この特許から想像すると18~24mm+α位のフランジバックを考えているのでしょうか?

実現してきたらさすが戦略的なキヤノンといったところ。
マウントの変更による効果をダイレクトに訴求できますから。
ニッコールZも性能向上は絶大なのですが、MTFを見ないとその価値が判らず、市場はそれほど思慮深くないので。
こういう戦略はニコンも見習っていただきたい。

70-120mmてことはテレコンで140-240のF4で実質70-240という事でしょうか?そうなると意外と範囲的には使いやすいと思います。
ニコンがテレコン搭載品で新しく出したのでそういう発想でのキャノンの答えなのかもしれませんね。

新マウントにてプロやハイアマチュアのためのF2.0通しの大三元が登場ですか!。凄いですね。出来ればF1.0の50mmや85mmの単焦点で、(もちろん)AF搭載のレンズも造って欲しいですね。

70-120mm、90-130mmというのはポートレート用を意識したような感じですね。
70-200mm/F2だとモンスターレンズになっちゃいますから、無難な処だと思います。
ただ、上半身のUPなら70-120mm、90-130mmでも良いですけど、全身とか腰まで写す場合は28-80mぐらいが必要なので、F2の標準ズームも設計しないですかね。
広角側は妥協して28mmスタートにするとTAMRONの例もあるように、かなり無理なく設計できるようですから、できそうな気もしますね。

Japan Patent Application 2018-132675
で見た感じでは後玉の直径は40mm近いようですから、後玉を保持する鏡胴や電子接点のスペースまで考慮すると、nikonのZマウントより大きくなる可能性がありますね。
canon、nikonともSONYより約10mmマウント口径を大きくし、レンズ設計の自由度を上げてくると、SIGMAやzeissのようなサードパーティーもFEマウントとは別に設計する必要がでてきますから、大変でしょうね。

これで24-105ぐらいに寄れるレンズなら、人物と商品の両方にかなり重宝しそうです。

始めは70-150mm F2を検討していたら、大きく重く成り過ぎたので
フィルター径77mmに収めたら「70-120mmに成っちゃった!」
みたいなレンズですね。
50-120mm F2 にしてくれたら、結構使い道が有ると思いますが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、2018年8月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスがフルサイズコンパクトのティーザー画像の第2弾を公開」です。

次のブログ記事は「ニコンはより安価なZ2桁やZ3桁シリーズの製品も考えている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る