オリンパスの新しいハイエンドカメラには先進の動画機能が搭載される?

43rumors に、オリンパスのハイエンドカメラに関する噂の続報が掲載されています。

(FT5) The new Olympus high end camera will have advanced video features

  • あるソースが、オリンパスの新しいハイエンドカメラには先進の動画機能が搭載されると述べている。このカメラの開発は、ほとんど終了しており、2019年のかなり早い時期の発表が予想されている。

 

最近よく噂が流れているオリンパスの「E-M1 Mark IIを超えるハイエンド機」ですが、動画に強いカメラになる可能性が高いようですね。このカメラの直接のライバルは、GH5やGH5Sになるのでしょうか。

2018年8月 7日 | コメント(18)

コメント(18)

オリンパスは数年前から動画機能押しですね。
どうせ押すのであればlog動画やRAW動画に対応してほしいのですが……。
実装待ってます。

動画に強い・・・のだとフルサイズの噂はナシでしょうね。

これまでのオリンパスの主張から、動画特化機ということも考えにくいですし、EM1mk2の正当進化機だと上位機として差別化できないし、期待が高まりますね。

以前、OLYMPUSはスチルメインで開発を進めていく旨のインタビューがありましたし、ユーザーもそれを望んでいるのはわかっている筈。
先進の動画機能を搭載、とのことで、動画に強い・特化した機種、とは言われていないので、グローバルシャッターの導入かも?
であれば先進の動画機能搭載、E-M1 Mark IIを超えるハイエンド機、というこれまでの噂にも繋がりそうですが…

グローバルシャッターであれば動画機としてパナソニックに対抗できるでしょうか。

パナのG9のように動画性能も高いスチル機になるのではないでしょうか
GH5シリーズや間もなく発売予定のBMPCC4Kとガチンコ勝負するような動画特化機をオリンパスが出すとはちょっと考えにくいですし

先進というと現状の基本スペックとは別な何かでしょうか

妄想ですが、
センサーシフト式により30秒限定で超高ダイナミックレンジな動画を記録できる
HDR動画の持ち上げた暗部の色味と明部の色味をそれぞれ別に同時記録、若しくは別々に色補正をかけて自然な画作りが可能
などなど夢が広がりますね

動画機は基本スペックが求められがちですが、それとは別なアプローチで革新的なものだとしたら、とても興味深いです

4K/60p、LOG、4:2:2 10bit、オプションでいいからXLR端子、時間制限なし
変なギミックはいらないので、これだけ抑えてください。

現段階で先進的ってなると
4K60Pの10bitを内部収録ってなるかと思うけれど
GH5以上のサイズと性能が必要だろうし
Rumorのadvanceがどういう意味で使われたのか気になるところですね

普通にマーク3ではないでしょうか
ソニーみたいに旧機種併売すれば良いし

動画はNDフィルターが重要。ソニーとは違うタイプの電子NDを期待。そんな特許を申請していたような。。。

「動画に強い」だとE-M5 markIIIの可能性も再浮上ですね。IIのときも「OM-D MOVIE」と銘打ってかなりアピールしていたのを思い出します。個人的にはスチルに特化してほしい。
オリンパスにとって、ではなく、カメラ業界全体にとって驚くような「先進の動画機能」であれば興味はあります。

なんか…ふつうにEM5mk3なんじゃないかなと思ってきました。
幾つかの分野ではEM1mk2を越える、というのが、開発期間の長さと100周年とが相まって、まるで別機種の様な噂になってしまっているかもしれません。
とはいえ100年に合わせるならかなりの性能アップを施すでしょうからどちらにせよ期待しています

私もやはり E-M5 markIII ではないかと思うひとりです
そして動画に特化ではなく動画の延長線上に
スチルがあって欲しいです

これは…ただのE-M5 MkIIIのような気が…。

もし動画中心の機能向上なら魅力は感じないですね。
屋内スポーツの撮影でも使える高感度での性能アップやグローバルシャッターなどであれば面白いんですけどねぇ。
まぁMark3というよりもMark2s程度かもしれませんが。

オリンパスの手振れ補正は強力なので動画で活かされたら楽しみかも
パナとの住み分けを気にせずに両社で頑張って欲しいですね

動画のみに特化したモデルは出さないと思いつつも、個人的には淡い期待をしています。

収録時間制限なし、4:2:2 10bit Logの内部記録、LUT。そしてE-M1 mk2と同等の手ぶれ補正。
それでもGH5とさほど変わらないので、差別化するとしたらNDフィルターやグローバルシャッターでしょうかね。スチルにも恩恵がありますし。
4KをRAWで撮れたら最高だけど、そこらへんはブラックマジックに任せましょう…

とにかく連続撮影時間の制限だけ撤廃して欲しいです。
その上でオリンパスが出すのですからパナソニックと違った方向性が欲しいですね。

例えばSuper35でJVCさんのGY-LS300の『バリアブルスキャンマッピング』の様な機能の搭載があると動画機能の部分でハイエンドカメラとしてのポジションに説得力が出る様な気がするのですが・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年8月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが「17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)」を正式発表」です。

次のブログ記事は「新しいフルサイズミラーレスの「LEICA C-M」はMマウント機?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る