ニコン「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」は逆光時のコントラスト低下が唯一の弱点

LensTip に、フレネルレンズを採用したニコンの超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」のレビューが掲載されています。

Nikon Nikkor AF-S 500 mm f/5.6E PF ED VR

  • フォーカスリングは、遊びは全くなく、十分な重さがあり滑らかに動く。最短から無限遠までの回転角は約200度で、AFレンズとしては非常に大きい。
  • 手ブレ補正は公称4段分の効果だが、テストでは4.3段分の効果で、これは素晴らしい性能だ。
  • 解像力は、中央は開放(F5.6)で43lpmm(良像の基準値は30-32lpmm付近)で、理想的に収差が補正されているレンズでもF5.6では回折による制限で47~48lpmm程度なので、このレンズの値は称賛に値する。この解像力は300mm f/4E PFと同程度で、200-500mm f/5.6Eよりも若干優っている。
  • 隅の解像力は最高とか言いようがない(開放で37lpmm前後)。このレンズは、実に良く収差が補正されており、開放から画面全域で優れた解像力だ。

nikon500mmf56_pf_mtf_001.jpg

  • 軸上色収差は開放でも全く見られない。
  • 倍率色収差は0.03%から0.04%の極めて低い値で、実写では気付かないだろう。
  • 球面収差の補正は全く問題がなく、フォーカスシフトは全く見られなかった。
  • 歪曲は+0.39%のわずかな糸巻き型で、ほぼ完璧に補正されている。
  • コマ収差の補正は見事で、中央と隅でダイオードの形はほとんど同じだ。
  • 非点収差は5.9%で、これは「低い」と「非常に低い」の境界線上で全く不満は無い。
  • 玉ボケは中央に輝点が見られるが、これがなければパーフェクトだった。
  • 周辺光量落ちは、開放で21%(-0.69EV)の非常に穏やかな値で、F8に絞ると6%(-0.19EV)になり解消する。
  • 逆光ではゴーストは大きな問題はないが、コントラストの低下は深刻な問題で、これはフレネルレンズ最大の欠点だ。コントラストの低下は、太陽が画面の隅からかなり離れている場合でさえ発生する。夜景のPFフレアの問題は、300mm f/4でもそれほど深刻な問題ではなかったが、500mm f/5.6では更に改善されている。
  • AFは作動音はしないが、最短から無限遠まで0.8~0.9秒でそれほど速くはない。幸いなことにフォーカスリミッターを使えば、0.3~0.4秒まで短縮できる。AF精度は、スタジオ内のテストでも屋外のテストでも一貫して高く、前ピン後ピンの傾向もなかった。
  • このレンズは小型軽量で扱いやすく、開放からシャープで、全ての収差がほとんど完璧に補正されている。我々が見つけることができた唯一の弱点は逆光耐性で、これはフードを使用し、上手くフレーミングすることで対応できるだろう。このレンズに編集者賞(エディターズ・チョイス)を贈る。
  • 良い点:素晴らしい中央の画質、良好な隅の画質、軸上色収差が見られない、倍率色収差がわずか、球面収差が微小、歪曲がほぼゼロ、コマ収差の補正が完璧、非点収差の補正が良好、周辺光量落ちがわずか、静かで正確なAF、非常に効果的な手ブレ補正。
  • 悪い点:逆光時に顕著なコントラストの低下が見られる。

 

解像力は開放時がピークで画面全域で非常に優秀ですね。色収差や歪曲、周辺光量落ち、非点収差、コマ収差の各項目も全く問題なく、収差は極めてよく補正されているようです。

唯一の弱点は逆光耐性で、ゴーストはあまり見られないようですが、光源の位置によっては画面全体が真っ白になってしまうのが少々気になるところです。

2018年9月14日 | コメント(7)

コメント(7)

ニコンの単焦点は本当に素晴らしいと思います。
超望遠の単焦点は、中々購入候補には入りにくいですだ
ここまで軽量、小型、高性能が揃っていると
手に入れてみたくなってしまいますね!

ロクヨンを下取りに出してしまったので日の出や夕日の撮影は諦めなければならないようですね。
しかし、この軽さは太陽を諦めても余りあるものがありそうで、明日の到着(北海道在住)が待ち遠しいです。
本日の中野耕志氏のTwitterには1.4xテレコンとの相性も良いと呟かれておられます。

https://twitter.com/JETBIRDER/status/1040380909445214208

全体的に性能が高いのでプロにも需要がありそうですね。逆光でコントラストの高が下がるのはフレネルレンズの宿命ですね。ただ撮影の際光りを読んで逆光を避ける必要があります。このレンズはほかのレンズとの組み合わせを念頭に置いているものだと思います。

仕事帰りにキタムラで受け取ってきました。
実際に持ってみると非常にコンパクトで軽いです。
持った感じは80-400を太くしたような感じです。
まだ試写はしていませんが、開放から使えるのは良いですね。
テレコンとの相性も良さそうなのは嬉しい事です。
航空祭では非常に便利なレンズに思います。
飛行機に乗る際も軽いので他の機材選びに幅が出ますし。
後は実際に使ってみて感触を確かめたい所です。

野鳥を撮っています。
ひとつ前のロクヨンとサンニッパとD3.800.850.500などを使っています。
解像力や収差の補正は素晴らしい様ですが、ロクヨンやサンニッパなみに写るかなー?
逆光時のコントラスト低下はわかりますが、水面の反射はどうなるのかな?
ご存知の方がありましたら、ご教示下さい。

>もうすぐロクヨンさん
>逆光時のコントラスト低下はわかりますが、水面の反射はどうなるのかな?

 サンプルの1枚目の籠?の凹凸にあわせて虹色に色が変わっていることから、水面でも同じ現象が起こりそうな嫌な予感がしますね。
綺麗と言えば綺麗なので、それを作画に活かせるのなら美しい画面になりそうなのですが、常にそれって言うことだと厳しい時もあるかも──。
 ドルンブルク(旅行中)さんの仰るとおり、他のレンズと補完しながら使ってくれって事なのでしょうか。

買えないので、Nikon Fan Meetingで触って来ました。画角が500mmで固定(テレコンもあり)でいいなら、航空祭などで振り回して使える十分な軽さでした。
カメラとの重心バランスもあると思いますが、 ノーマルの300mmと変わらない感じでした。

鉄道の編成車両を撮る場合に画角に調整がいる場合は、200-500でしょうか?
逆光耐性が200-500と比べてどうなんでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年9月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックのフルサイズミラーレスは動画にもスチルにも強いハイエンド機になる?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが現在テストを行っているカメラのまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る