富士フイルムXF16-80mmF4は魅力的な価格設定になる

Fuji Rumors で、PhotoPlus 2018会場で行われた富士フイルムのマネージャーのインタビュー動画の内容が紹介されています。

Fujifilm Manager at PhotoPlus

  • Cameta CameraがX-T3とGFX 100に関するインタビューを行っている。富士フイルムのマネージャーは次のように述べている。

GFX100 について

  • GFX100 は約9995ドルになると予想しており、10000ドルをわずかに下回る。
  • 富士フイルムは新型の画像処理エンジンに数百万ドル投資しており、この画像処理エンジンによってX-T3の高速AFが可能になっている。同じ画像処理エンジンがGFX100にも採用される。

X-T3について

  • X-T3はものすごい勢いで売れている。

レンズについて

  • XF16-80mmF4は、現行のキットレンズの後継機ではなく、ラインナップに追加されるレンズだ。このレンズの価格は非常に魅力的なものになる。
  • XF33mmF1.0はエキサイティングなレンズになるだろう。

 

GFX100は、10000ドルをわずかに下回るということなので、GFX 50Sよりはずっと高価になりそうですが、バッテリーグリップ一体型のボディに1億画素のセンサーとボディ内手ブレ補正を搭載するカメラなので、これは仕方ないところですね。

レンズに関しては、多くの人が期待しているXF16-80mmF4がリーズナブルな価格になることが示唆されているので、これは、Xユーザーの定番のレンズになりそうですね。

2018年10月28日 | コメント(11)

コメント(11)

各社フルサイズ換算24-105(120)mmのF4通しのレンズの値段は8万~14万と幅があります。私的には実売8万~9万円程度で接写が得意なレンズであってほしいです。

おお、どれも朗報ばかりですねぇ
16-80は絶対買います!品切れにならないようにたくさん作って欲しいですね
xf33mmf1.0は重さ次第ですねぇ
500g切ったら買いますがそれを超えるとうーんとなります(f1.0なら超えそうですが…)。

ソニーの噂のaps-cフラグシップの性能と価格次第ではさらにX-T3が売れるかもしれないので、目が離せませんね。あとはパナの有機センサーがFUJIFILM機にも乗るか、ですね。

X-T3について→ものすごい勢いで売れている
のシンプルさに笑いましたw

各社がフルサイズに注力してる環境をAPSCと中判で挟む戦略は他じゃ真似できないフジならではなので是非今の路線を突き進めて欲しいです。

XF16-80mmは必ず欲しいレンズです!
あとXC15-45㎜もコンパクトで欲しいのですが、
前者があれば十分かも知れません?

X-T3は売れる要素が多いですね。。
3代目の熟成です。
オーナー企業は3代目で傾くそうですが。。

ソニーのバリオテッサーE16-70mmが75000円なので、似たような値付けになるみたいですね。換算24-120mmはフルサイズ用標準ズームと同じ焦点距離なので、フルサイズからの移行組に支持されるはずです。発売は来春?

16-80と33両方とも買いたいですね!
最近はずっと35f1.4を使っていたのですが、先日久しぶりに56mmで人物撮影をした際に、35mmとは違う立体感に唸ってしまいました。
33mmには56mmのような描写に期待したいです。

16-80はF4通しということで小三元になりますが、レンズ1本だけ持って撮影行くなら16-80F4となるような定番(だけど描写は折り紙付き)ズームになってほしいですね。(F4だから暗所を考えて単焦点1本は追加はしたいところ)

16-80はずっと待っているので魅力的な価格でと言ってくれているのは嬉しいですね。これで描写力が優れていたらx-t3と併せてバカ売れでしょうね。

16-80mmF4が優秀でX-T3レンズキットとしてお値打ちで出てきたらますますX-T3売れそうですね。そういう私も我慢できなくなりそうです。

16-80mmは売れそうですね!
ついでに80-200mm f4なんてのも出して欲しいですね。
換算120mm-300mmのf4レンズなんて魅力的です。

XF16-80mmF4はものすごい勢いで売れている、という
レポートを見掛けるまですぐだと思います。
期待大。

XF16-55mmF2.8を持っている人間からすると、XF16-80mm F4は気になるものの画質差があるなら、結局XF16−55の方を使うだろうな、と思ってしまいます。
もし、XF16-55mmF4あるいはF3.5でOISが付いてコンパクトなら、棲み分けはしやすいのですけどね。
XF18-55mmF2.8-4レベルの描写性能なら、間違いなくXF16-55を使います。

XF16-55mmはフルサイズにはない望遠側85mm(換算)なので、特別使い勝手がいいんですよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年10月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンはEOS R用の大三元ズームを2019年中に発売する」です。

次のブログ記事は「キヤノンのボディ内手ブレ補正の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る