ニコンZ6とZ7・D750・α7 III・EOS R とのダイナミックレンジの比較

Photons to Photos に、ニコンZ6のダイナミックレンジのデータが追加され、他機種との比較が可能になっています。

Photographic Dynamic Range versus ISO Setting

  • ニコンZ6(黒線)とニコンD750(青線)のダイナミックレンジの比較

d-range_comp_z6_d750.jpg

  • ニコンZ6(黒線)とニコンZ7(青線)のダイナミックレンジの比較

d-range_comp_z6_z7.jpg

  • ニコンZ6(黒線)とソニーα7 III(青線)のダイナミックレンジの比較

d-range_comp_z6_A7iii.jpg

  • ニコンZ6(黒線)とキヤノンEOS R(青線)のダイナミックレンジの比較

d-range_comp_z6_eosr.jpg

 Z6は同じ24MP機のD750と比較すると、センサーがデュアルゲインになっていて、ISO800でゲインが切り替わっているのが目につく違いですね。Z7との比較では、ダイナミックレンジは、最低感度付近ではZ7が、ISO800以上の高感度ではZ6が若干広いようです。

α7 III との比較では全体的に若干α7 III が良好で、低感度では少し差がついているようですね。EOS Rとの比較では、全体的にほとんど変わらないようですが、低感度ではZ6が少しリードしているようです。

2018年11月 8日 | コメント(2)

コメント(2)

敢えて比べれば差があるといえるくらいで、いずれも非常に近い値ですね。ダイナミックレンジを理由にどれかの機種を選ぶ意味はあまり無さそうです。

Z 6はα7Ⅲと同等になると思っていたのですが、そうでもないんですね。
センサーは同じではないのでしょうか?
むしろ低感度域はα7Ⅱに似ていて、それにゲインがかかっている感じの曲線です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Rシリーズの高画素機がフォトキナ2019で発表される?」です。

次のブログ記事は「パナソニックS1Rには可変NDフィルターが内蔵される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る