ライカQ-Pの画像

軒下デジカメ情報局に、ライカのハイエンドコンパクト「LEICA Q-P」の鮮明な画像と発表時期に関する情報が掲載されています。

デジカメ噂メモ

  • ライカQ-Pは来週発表予定

leica_q-p_001.jpg

leica_q-p_002.jpg

leica_q-p_003.jpg

leica_q-p_004.jpg

ライカQ-Pは、ライカM-Pなどと同様に、前面の赤いロゴマークが無くなり、上面にLEICAの文字が入っているようです。機種名がホットシューに記載されているのもM-Pと同じですね。

なお、ライカQ-Pの詳細は、以前に海外でリークしているので、こちらの記事を参照してください。

2018年11月 3日 | コメント(5)

コメント(5)

シックで落ち着いたデザインですね。
でも自分が買うなら赤いロゴ付いてるQの方かな。

ライカにしか出来ないデザインだけどほかのライカとも違う秀逸なスタイルですね。

親指用の溝から背面ダイヤルに向けて溝を切ってくれるともっと使いやすそうな気がしますが、そのままでも回しやすいんでしょうか?
そもぞせ指の移動量が気になる。
は別として、上から見たところが思わず唸ってしまう可愛さですね~。
小形犬のような魅力が!!
冗談で買える値段でもなさそうなのが残念です。

親の形見のM3がライカの本来の姿だと思っている身としては赤ロゴ嫌いなんで常にPの方しか興味がないんですが、これは特別シックで良いですねぇ。

可愛い物好きさん、Qを使っていますが、背面ダイヤルの横が隠れているのは誤操作しにくくて良いですよ、必要な時には簡単に回せますし(私は露出補正に使っています)
75mmのディジタルズームまでできるのはありがたいですが、ファインダーがレンジファインダのように見せかけて枠だけが小さくなるのは、被写体が小さく見えることに相当して、使いやすいとは思えません。 ファインダー内の像も一眼のように大きくしてほしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CIPAが2018年9月のデジタルカメラと交換レンズの出荷実績を公開」です。

次のブログ記事は「タムロンSP85mm F/1.8 Di VC USDは開放から高画質で弱点の少ないレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る