パナソニックS1Rには可変NDフィルターが内蔵される?

43Rumors に、オランダの販売店発のパナソニックS1Rに可変NDフィルターが内蔵されるという噂が掲載されています。

(FT2) Some rumored Panasonic S1 and S1R additional specs...

  • これは、パナソニックS1Rに可変NDフィルターが内蔵されると主張しているオランダの販売店のサイトのスクリーンショットだ。

pana_s1r_variableND_001.jpg

  • パナソニックS1/S1Rのスペックに関しては、まだ少ししか分かっていない。パナソニックが、S1/S1Rで次のような新機能を検討しているという未確認の噂もある。

    - ライブストリーミング機能
    - パナソニック/シグマ/ライカのレンズで動作する可変NDアダプタ
    - より強くて頑丈なタッチ式のバリアングルモニタ
    - 24/25fpsでの内部4KRAW記録

 

信憑性の低い情報のようなので、現時点では話半分程度に聞いておいた方がよさそうですが、噂が事実だとしたら、可変NDは特に動画メインのユーザーには嬉しい機能になりますね。

S1/S1Rの噂では、この他に外部収録でRAW動画が可能になるという噂もあり、これらが的中すれば、S1/S1Rはずっと高価な業務用の動画機に匹敵するスペックになりそうですね。

2018年11月 8日 | コメント(6)

コメント(6)

JVCが物理式の可変NDをMFTマウントで装備しているので、20mmあれば可能ではありますね。
ただし、NDの倍率切り替えのギミックを搭載する分ボディが大きくなったり、NDと干渉しないようにレンズ設計をしなければならなくなります。

誰もが期待しているのはパナのグローバルシャッター対応センサーに備わっているND機能でしょうね。

ご飯うまい様

S1にはフォーカルプレンシャッター、手ブレ補正機構が組み込まれ、もしかすれば冷却スプレッド等の冷却機構も組み込まれるかもしれないので、物理式の可変NDフィルターを組み込むのは極めて困難のように思いますが、如何でしょうか。

NDフィルター内臓はいいですね。動画用途では必須ですから。物理的なNDなのか電子的なNDなのかはわかりませんね。

lionskings 様

私のコメントに既に記載されている通り、もし物理式の可変NDであればその分ボディの大型化したり、レンズ設計に制限が生じるので、物理式の搭載自体は可能であるが実際に搭載されるとしたら電子式だろう。というのが私の見解です。

本当なら、すごいです。とにかく全部入り的な凄さです。総合電機巨大企業Panaの事情からすれば、他社のように映像主体でも無い分、映像関連部門は、決して安泰では無いのしょうね。とにかく絶対に失敗できないのかもしれません。業務機のハイエンド感をキープするために、あからさまな民生機のスペック制限をしている他社に比べ、Panaは、風通しがいいのかもしれません。DSLRの基本性能がたとえ業務機と同等かそれ以上になっても、あまり食い合うことはないというを、よくわかっていますね。とにかく楽しみ、早く出て欲しい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンZ6とZ7・D750・α7 III・EOS R とのダイナミックレンジの比較」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-M1Xには手持ちハイレゾショット機能が搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る