キヤノンの1型センサー用の標準ズーム(G7 X Mk3用?)の特許

Canon News で、キヤノンの1型センサー用の標準ズームの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Zoom lens for 1" sensor sizes

  • この特許(USPTO20180372993)は、1インチセンサー用の換算24-95mmのズームレンズのためのものだ。このレンズは、現行のG7X Mark II のレンズよりも若干望遠端が短いが、F値が1.6-2.6で明るくなっている(現行型のレンズは1.8-2.8)。
  • この特許で、キヤノンは、光学性能を高いレベルに維持したままレンズ全体をダウンサイジングし、また、収納時の薄型化をしようとしている。

    焦点距離:9.06-30.7
    F値:1.65-2.47
    半画角:36.48-14.70
    像高:6.70-7.89
    全長:63.80-79.50
    バックフォーカス:5.57-6.07

 

このレンズがG7 X Mark III 用だとすると、 G7 X Mark III は現行型よりも小型化(薄型化)されることになりそうですね。

1型センサーのコンパクトでは、ソニーはRX100M6で望遠側を大幅に伸ばしてきましたが、キヤノンはG7 X Mark III はキープコンセプトになるのでしょうか。

2018年12月31日 | コメント(12)

コメント(12)

いい方向に進化する機種になりそうですね。
ただ、スペックばかりで実際は…とならないように願いたいです。
センサーも独自のものという噂もありましたし、このタイミングで化けるG7Xが楽しみです。
(デザインだけは、だんだんスマートではなくなっているような。)

更にレンズを明るくして来たのは大歓迎です
しかも更に薄型化?やばいです
やはりキヤノンはわかってるなぁと

今のレンズは四隅の画質が良くないと言われてますから、欲しい人からしたら買い替えの対象になるかもしれませんね

広角側の像高がセンサーの対角線に届かないので28mm相当?

5mm短いだけで明るくしかもコンパクトになるのは素晴らしいですね。これで画質が落ちていなければ技術革新と言えそうです。

初代を使っていますが、使っている理由が(当時の競合機の中では)明るいレンズで比較的望遠まで使える(なおかつ明るいのが広角端だけではない)、だったので、mk3がこのスペックだと候補から外れるかな・・

広角側の像高が対角より短いのは歪曲補正前提だからですね

明るく、しかも小さくなるのは素晴らしい。
撮影旅行のときバックアップを兼ねて常にコンデジを2台持ちするので、標準ズームの他に望遠ズーム(たとえば 75ー300mmとか)の機種を出してくれると嬉しい。

歪曲補正前提で論じ始めれば、魚眼ズームなら超広角に補正できるし、望遠側もデジタルズーム込みでも可になっちゃいます。
特許出願資料の詳細がわからないので何とも言えませんが、筆者が24mm-95mmと紹介する根拠が不明です。単純に画角から焦点距離を逆算すると29mm-83mm位になります。

初代G7Xユーザー様
はじめまして。1インチセンサーのクロップファクター(フルサイズの1/N倍、のN)は2.7です。
というわけで、9.06 x 2.7 = 24.462となり、35mm換算24mmとなります。
APS-Cのクロップファクター: 1.5
MFTのクロップファクター: 2
1インチセンサーのクロップファクター: 2.7

これが何かの助けになればよいのですが。

9.06 x 2.7 = 24.462 の計算はおっしゃるとおりです。
しかし記事によると像高が6.7mm(=イメージサークル13.4mm)しかありません。これでは1インチセンサーの対角線長をカバーできず、1インチセンサーをクロップすることとなって、その撮影画角が72.96度(記事記載の半画角36.48度x2)。この撮影画角を換算29mm相当と申しております。

G7XとG9Xのどちらかを検討中なのですが、このレンズでボディが薄くて、レンズが明るくなるなら購入決定です。望遠側を伸びるのは必要なので、是非このスペックでお願いしたいところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年12月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネット上で流れているソニーα5000シリーズの新型機の噂はフェイク?」です。

次のブログ記事は「Lマウント関連製品に関する公式情報&噂のまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る