ソニーのFEレンズ用の135mm F1.8と100mm F1.4の特許

SonyAlphaRumors で、ソニーのフルサイズミラーレス用の2本の望遠レンズの特許が紹介されています。

New Sony patents discloses details about the new 135mm f/1.8 and 100mm f/1.4 FE lenses!

  • これはエキサイティングなニュースだ。新しく公開された、次の2つの大口径レンズについて記述されているソニーの特許を見つけた。

    - FE135mm F1.8
    - FE100mm F1.4

    もちろん特許は、ソニーがこれらのレンズを製品化することを保証するものではないが、今回のレンズは、製品化される可能性が非常に高いと考えている。135mm F1.8 は、次に登場するEマウントレンズの中の1つだと思う。

sony_patent135f18_001.jpg

sony_patent100f14_001.jpg

FE135mm F1.8 は以前から登場が噂されていたレンズなので、製品化される可能性が高そうですが、FE100mm F1.4も製品化されるのかどうかが気になるところです。

このクラスでは、ニコンとシグマが既に一眼レフ用の105mm F1.4を発売しており、また、キヤノンもRFマウントでこのようなレンズを開発していると噂されているので、ソニーが製品化を考えていても不思議はありませんね。

2019年1月11日 | コメント(5)

コメント(5)

135mmはAマウント版に比べるとレンズが1枚が少なく見えますね。やっぱり少し軽くするのでしょうか。
Sonnar1.8/135をLA-EA3でMFで使っていて満足しているので出ても買わないかもしれませんが、どんな完成度で出てくるか楽しみです。

ん? FE100mm F1.4ですと? 

ほしい!!!

でるならGMレンズでしょうね。
85mmのGMと同じレベルの写りで少しでも撮影倍率高ければ85mmGMと入れ替えます。

24mmGMは広角だから同じようにとはいかないのでしょうが、あれだけコンパクトで軽量化できてたのでこの100mmにも凄く期待してしまいます。

AマウントのAF100㎜F2を持っています。
ガラスの塊とも呼ばれたレンズです。

100mmは大変興味がありますね。
EマウントのSTFぐらいの
大きさにはなってしまうのでしょうかね。
Aマウントのと比べてみたいですね。

出してほしいですね。

他社の似たスペックのレンズと比べると、少し簡素な構成。
画角の異なる2案ですが、後群の補正以外はほぼ同じ構成。
後玉がフランジの少し内側と想定すると、100mmの方の全長は110mm前後でしょうか。
135mmの方はそれよりも短い。

是非Aマウントの135mmを越える玉を出していただきたいですね。
あれも相当な銘玉であるので最新のEF135mmがどれ程のものか期待しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2019年1月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Rシリーズの次の機種はエントリーモデルになる」です。

次のブログ記事は「シグマが28mm F1.4 DG HSM Art の価格と発売日を決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る