ソニーが来週のイベントで新しい交換レンズを発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーの来週の新製品発表に関する噂の続報が掲載されています。

Some more background rumor noise on next week Sony's event...

  • 来週、実際にソニーが、ジャーナリストとブロガー達の大きなイベントを開催するという更なる裏付けが得られている。

    新製品発表については100%の裏付けは得られておらず、1人のソース(このソースは何度か噂が的中したが、1~2回は間違っていた)だけが、ソニーが間違いなく新しいレンズを発表すると述べている。彼は次のように述べている。

    「ソニーのEマウントレンズの大きな発表が、ごく近いうちに行われる。レンズ群の登場は確実で、ことによるとAPS-Cカメラも登場するかもしれない」

    まだ、この噂にはSR4やSR5の信憑性は付けられない。現在、99%確実な情報は以下の通りだ。

    1)α7S III は、まだ発表されない。
    2)次のEマウントカメラの発表は近日中で、ハイエンドAPS-C機のはずだ。
    3)135mm F1.8 GMが、新しいAPS-Cレンズと共に発表されるはずだ。

 

ソニーが大きなイベントを開催するのは、ほぼ確実のようですが、発表される新製品に関しては、まだ確実な情報は無いようですね。

これまでの噂からすると、FE135mm F1.8やFE35mm F1.8、スペック不明のAPS-Cレンズ、ハイエンドのAPS-Cボディ(α7000?)あたりが新製品候補のようですが、どうなることでしょうか。

2019年1月11日 | コメント(11)

コメント(11)

135mm、欲しいです。マクロの200mmなんかはもう作らないのかなぁ。

今度こそ肩透かしでなくて、APS-Cフラッグシップの7000の発表を期待します。6500で十分なのですが、更なる高速連写等々期待してます。
新レンズ、これもAPS-C用の16-50mmF2.8でなく、F2のGMが出るのを期待してしまいます。どうなるかわからない?こういう発表、想像するだけでワクワクしてしまいます。

いよいよ待ちに待った135mmが発表されるのでしょうか。
しかし先に噂のあった100mmが万が一同時に発表されると悩んでしまいそうです。

>α7S III は、まだ発表されない。
 
α7IIIやα7RIIIがあれだけ売れていれば新機種を出しても直ぐに生産が追い付かなくなるでしょうからなかなか難しいのかもしれませんね。生産設備はもちろん、人的不足も直ぐには解決できないでしょうから発表は思った以上に時間がかかるのではないかと思っています。

ハイエンドのAPS-Cボディが出たら今年の運動会はこれで撮影したいと思ってます。
ハイエンドのAPS-Cだと動画性能どれくらいかも凄く気になってます。

FE35mm F1.8が出るのを待っていた。
Gレンズになるみたいだから、価格が気になりますね。

35mmF1.8はCとNに負けない写り期待してます。

α7000と200ー600mmでEマウントに移行予定ですので期待しています。
200ー600mm、aps_cレンズでF5で50万くらいだったら最高です。

APS-Cフラッグシップ機は需要ありそうですが、同時にAPS-Cレンズの拡充もしていただきたいところです。
135mmはAマウント版がとても良かったのでEマウントGM版はとても期待しています。GMの望遠レンズなのであまり軽くなることは期待できないかもしれませんが、SIGMA135mmより少しでも軽くなることを期待しています。

APS-Cボディの発売とAPS-C18-55mmF2.8をずーっと期待してます。ブラックアウトフリーと高感度に強かったら最高です。

Aマウントの135ZAを愛用していたものとしては、135GMを待ちわびています。
batisかSIGMAしかネイティブがない現状ですからね。
キレキレの解像とボケの融合をGMで見たい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年1月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンRF28-70mm F2L USMのサンプル画像」です。

次のブログ記事は「マップカメラの2018年12月の売上げランキングでα7 III が首位を奪還」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る