キヤノンの裏面照射型のデュアルピクセルAFセンサーの特許

Canon News で、キヤノンのBSI(裏面照射型)のデュアルピクセルAF搭載のセンサーの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: BSI DPAF Sensor mentioned

  • この特許出願(USPTO20190035827)では、センサーの製造方法について記述されており、多くの実施例が載っている。最後から2つ目の実施例は、裏面照射型センサーだ。

    私は、キヤノンが独自の裏面照射型センサー開発の研究をしていることを確信している。裏面照射型センサーは、きつい角度で斜めから光が入ってくるミラーレスカメラでは、とても有効だ。

canon_uspto20190035827_001.jpg

キヤノンから、裏面照射型のデュアルピクセルAFのセンサーが登場するかもしれませんね。裏面照射型センサーで、高感度性能がどれだけ改善するか興味深いところです。また、斜めからの光にも強くなるので、オールドレンズ使用時の色被り等の改善も期待できそうですね。

2019年2月 2日 | コメント(6)

コメント(6)

独自でセンサーを開発しているのは強みですね。やっぱり差別化するうえで一番わかりやすいので。

おぉ〜!!
続けてメモリー積層型まで頑張れば
高速連写機もバッチリですね〜
( ^ω^ )ノ

RAWの恩恵を受けづらいEOS CINEMAラインから更新していただきたいですね。

オールドレンズの名玉 カールツァイス ビオゴン21ミリやライカのスーパーアンギュロン21ミリなど、レンズ後端がギリギリまでフィルム面に近づけた対称形の超広角レンズでもパープルフリンジが出ないでシャープな画質のセンサーを待ち望んでました。そのようなセンサーだと嬉しいのですが…斜めからの光に強いとなるとチョット期待してしまいますね。

生産技術的には、ソニーに周回で後れを取っていますが、独自で開発・生産していることでディアルピクセルCMOS等の技術を生かすことができるのでしょう。今後もがんばって他のメーカーとの差別化を進めてほしいものです。

これは素晴らしいですね。フルサイズミラーレスの戦いで勝つためにはやはり必要な技術でしょう。これが搭載されるカメラにかなり期待しています。積層センサーを狙うのであればまず裏面照射が必要です。このようにキヤノンが対応してきたのはユーザーにとって安心できるニュースだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このブログ記事について

このページは、2019年2月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019年のデジタルカメラの出荷見通しは対前年比で87.1%」です。

次のブログ記事は「キヤノンがフルサイズミラーレスのエントリー機「EOS RP」を2月14日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る