キヤノンの新型EOS Rは今年中には登場しない?

Canon Rumors に、キヤノンのEOS Rの新型機のスケジュールと新型一眼レフに関する噂が掲載されています。

No new EOS R body shipping in 2019 [CR2]

  • これまで、2019年の第4四半期か、2020年の第1四半期に新型のEOS Rが登場すると言われていた。この新型のボディは、高画素機で、EOS-1D Xのようなミラーレスカメラではない。

    現在、新型EOS Rボディは2019年中に発売されず、2020年の早い時期になるという話を聞いている。2019年末に発表される可能性はわずかながらあるが、私はキヤノンは来年2月のCP+まで発表を遅らせると考えている。

    キヤノンは新しいEOS Rシリーズのボディを投入する前に、6本の新しいRFレンズを発売しなければならないので、発表時期の後れはそれほど意外なことではないと思う。

    同じソースが、ハイエンドの一眼レフが2019年に登場すると述べているが、どのような機種が登場するのかは分からない。

 

キヤノンの高画素機は、以前から2019年末か2020年初めと噂されていたので、来年のCP+で発表だとしても、これまでの噂から、それほど遅くなるわけではありませんね。

一眼レフに関しては、ハイエンド機が登場すると述べられていますが、これは以前から噂されているEOS-1D X Mark III でしょうか。

2019年3月23日 | コメント(5)

コメント(5)

kissMの約1年後がRPだったのでRPの約1年後だと考えてますが、どうでしょうか。

レンズ内手ぶれ補正とシンクロするボディ内手ぶれ補正に期待してます。

中途半端な性能で高画質機が
今年に出なくてもいいと思う。
しっかりチェックして来年の
桜の季節に間に合えば恩の字
ですね!
レフ機も同様にしっかり煮詰めて
発表して欲しいです!

EOSRPを出したばかりですし、Nikonもひと段落という感じなので今年に新機種が出なくても構わないと思います。それより次機種の予定であるボディ内手ぶれ補正を搭載した高画素機?に期待ですね。じっくりと仕上げて欲しいです。

2019年に登場するハイスペック一眼レフは7Dmark3であることを期待しています。mark2の発売から間もなく4年半が経過が経過します。ハイエンドAPS-C機を心待ちにしているキヤノンユーザーは多いと思うのですが...

職業カメラマンですがEOS RはシングルSDの為に使えません。
一刻も早くミラーレスを導入したいのですが5D4を置き換える機種が出てくれないことには。。
もう少しペースを上げてくれないとUIの壁を超えてソニーに鞍替えしそうです。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年3月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン「EOS RP」の画質は「EOS 6D Mark II」とほとんど同じ」です。

次のブログ記事は「ソニーα5・α9R・α7S III の製品版に近いプロトタイプモデルが存在している?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る