富士フイルム「GFX 100」の発表は5月23日?

Fuji Rumors に、フジフイルムの新しい中判カメラ「GFX 100」の発表日に関する情報が掲載されています。

 ・Fujifilm GFX 100 Announcement on May 23

  • 信頼できるソース達によると、富士フイルムGFX 100 は、5月23日に発表されるということだ。このモンスターが、とうとう発表されることにとてもワクワクしている。

 

昨年の9月に開発発表されたGFX 100 が、あと1ヶ月ほどで正式に発表されるようですね。このカメラには、100MP(1億画素)の新型センサーとボディ内手ブレ補正、像面位相差AFが採用され、GFX 50S からの進化の幅はかなり大きくなりそうです。

1億画素のセンサーから、実際にどのような画が出てくるのか、サンプルの公開が楽しみですね。

2019年4月26日 | コメント(11)

コメント(11)

楽しみですが、GFX 50sのアクセサリーは、100と共通しているかどうかが気になります。

100Sもだけどそれ以上にこの技術が50SRに降りてきた時が楽しみです。
新センサー手ブレ補正搭載の50R後継機が出たら絶対に購入しますね。

X-T3並の動画性能との噂もあるので、登場が楽しみです。

ついに、という感じですが画質だけのカメラになってほしくないです。
AF速度・精度、連写性能、動画の全画素読み出しなど、
「そこは中判なので、さすがに…」という妥協がないカメラに
仕上がってほしいです。

fujikina2019東京が5/25,26に行われますし、東京の文字がGFXを崩した字になっていますね。トークステージに登壇する方々もGFXをメインテーマにしているようですので、発表はほぼ間違いなくされるでしょう!

これまで50R、50Sで像面位相差を採用しなかったのは画質優先の為だと思っていたので
今回の像面位相差採用を少し残念に感じています。

Fuji RumorsのYouTube製品予告動画ではライバル機を掃討するようなイメージを表現していますね。

業界に与える衝撃度はどれほどか楽しみにします。

すごいカメラの発表ですね。
試写してみたいな!

いよいよ富士のピクセルシフトの画がお出ましですね。かなり楽しみです。50S/Rは富士のサイトでも謳っているように絞り込んでも素子のゴミが映り込みにくく、この辺もよい意味で予想を裏切ってくれて頼もしいです。
 ただし50Rのねじれに弱い三角輪だけは引き継がないでほしいですね。私のものは軽傷で済みましたが、片側が外れて落下しました。レンズやボディの値段が半端ではないのですから、この点で絶対に不安がないように他社を見習ってほしいと思います。ユーザーにつけさせるタイプの三角輪にこだわる必要はないのでは?

どんなキャンペーンがあるかも楽しみです。
50Rや50Sでも恩恵があると嬉しいです。
100と比較した結果、やっぱりこっちで、となる可能性も十分あるので。

需要は確実にあるので、後は価格をどれだけ抑えられるかですね。
初値で90万円台とかであればインパクトあると思うけれど、難しいんですかね。
購入を迷ってるユーザーを釣り上げるだけの何かサプライズがあるといいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年4月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD(Model A043)」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンのフルサイズミラーレス用の「17-70mm F3.5-5.6」の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る