ニコンが600mm f/5.6 PFを今年の夏に発表?

Nikon Rumors に、ニコンの600mmのPFレンズに関する噂が掲載されています。

Nikon Nikkor 600mm f/5.6 PF lens rumors: coming this summer?

  • ネットで流れている噂を紹介する。これは、今年の夏の発表が噂されている600mm f/5.6 PFレンズに関するものだ。

    「本日、NPSメンバーに、500mm PFを触らせてもらうために会った。彼はこのレンズをD5に装着しており、後ろ側がとても重かった。しかし、厳しい環境なら500mm FLよりも500mm PFの方が明らかに良いだろう。彼に、私はこのレンズを注文するつもりだと話した際に、彼は、確かな筋からの情報として、ニコンは600mm PFをこの夏に発売すると教えてくれた」

 

ソースDpreviewのフォーラムで、裏付けが取れていない噂のようですが、400mm f/5.6 PFと600mm f/5.6 PFの噂は以前から良く流れていたので、600mmのPFレンズが近日中に登場してもそれほど不思議はありませんね。

ただ、現在、500mm f/5.6 PFが供給不足でなかなか入手できない状況なので、600mmのPFレンズが発売されるとしても、500mm f/5.6 PFの供給不足が解消してからになるかもしれませんね。

2019年5月29日 | コメント(12)

コメント(12)

NPSの担当者が、Nikkor 600mm f/5.6 PFの要望は、かなり来ていると言っていたので発売になってくれたら嬉しい。しかしながらPFレンズの製造が難しく、増産は簡単に出来ないとのこと。私の撮影対象では600mmの方が使い勝手が良いので、再度要望を出しておこうと思う。

556, 逆光時の発色や元々コントラスト高めだったり、癖はありますが、何より取り回しが良く、愛用しています。鳥には656の方が良さそう。どの程度のサイズで出るか楽しみです。

重さによって500PFにするか、600PFに行くか決めようと思います。
2kg程度なら文句無しで600ですが、甘いかな〜。

PFレンズは直進性の強い光源への印象が良くないです。
ラインナップの増加に伴う技術の進歩にも期待してます!

やっぱりFマウントで発売するんでしょうね
AFを重視する方はまだミラーレスに移行は時期尚早といったところでしょうか

60万円越えそうな…
あまり高くしないで欲しいですね

556は長時間の携行にも全く苦にならない手軽さがある反面、テレコンを付けるのを躊躇われるF値ですが、600になるとフルサイズでもそのまま、あるいは若干のクロップで済みそうです。

重さは328ぐらいになると推測しますが、重心のバランスを上手くとれば携行も容易になると思います。実際、556はほぼ同等の重さ・大きさの旧サンヨンより遥かに振り回しやすい感じです。

フルサイズ上級機でスポーツを推進していくなら、600の手持ちでいける単焦点レンズは間違いなく訴求力があると思う。

発売して欲しいです。500を予約しようかと考えていましたが、600も出るという噂を聞いたので待っていました。発表後、即注文予定です。
 重さは、1700g前後かなと予想しています

この時期にFマウントで出すとは?キヤノンはRFマウントでの超望遠を開発中だとか。Zマウントで出さないとミラーレス機にユーザーがシフトして行かないのではないかと。
動体撮影ではFがまだまだ分があるということかな。

8耐までに発売されるのであれば、とても興味のある一本ですね!
炎天下のなか二日間バズーカ砲を持ち歩くのはさすがに疲れるので、一日目にこのレンズでお気軽撮影を楽しめるととても助かります。

今のミラーレス機は静止物や瞳認識のみならず、画像認識技術で動体を追いかけるのも得意になってきたので期待していますが、被写体を認識し捉えるのとガチでピンを引き寄せるのは別の話で、後者はいろいろ試しても一眼レフ(当方はD850)が信頼できます。動体撮影が多くなる600mmのような望遠はZマウントよりFマウントで出すのが正解だと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年5月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックのシネマカメラのセンサーは20MP前後で動画は6K?」です。

次のブログ記事は「パナソニックの新型シネマカメラの名称は「DC-S1H」?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る