シグマ「70-200mm F2.8 DG OS HSM Sports」は70mm時とテレコン使用時の画質の改善が顕著

LensTipに、シグマの一眼レフ用の望遠ズーム「70-200mm F2.8 DG OS HSM Sports」のレビューが掲載されています。

Sigma S 70-200 mm f/2.8 DG OS HSM

  • 三脚座は回転可能で非常にしっかりとしているが、残念ながら取り外すことはできない。
  • フォーカスリングは見事な精度で滑らかに回転する。最短から無限遠までの回転角は、およそ140度だ。
  • 手ブレ補正の効果はテストでは3.3段分で、これは良好な結果ではあるが、メーカーの主張する4段分を少し下回っており、決してセンセーショナルなものではない。旧型の70-200mm F2.8の手ブレ補正の効果は3段分前後で、新型は若干の改善が見られる。
  • 中央の解像力はズームの両端では開放で既に43-44lpmm(良像の基準値は30-32lpmm)に達しており、F4では45-47lpmmに改善する。これはズームレンズとしては、とても素晴らしい値だ。135mmでは少し解像力が落ち込む(開放で37lpmm前後)が、幸いなことに絞ると素早く改善し、F4ではズーム両端と同程度の良好な値になる。

sigma70-200f28sports_mtf_001.jpg

  • 隅の解像力は、70mmでは開放でさえ良好な結果(34lpmm前後)で、F5.6では43lpmmの見事な解像力になる。重要な200mmでも、開放からF5.6で36-37lpmm前後の非常に良好なレベルだ。いくらか問題があるのは135mmだけ(開放で27lpmm前後)で、135mmでは実用的な画質を得るにはF4に絞る必要がある。

sigma70-200f28sports_mtf_002.jpg

  • 旧型のシグマ70-200mm F2.8 EX DG OSと比べると、中央の性能は非常に近いが、開放では少し新型が優れている。隅は、旧型は特に70mmの隅がかなり弱く、新型の方が優れている。
  • 軸上色収差は開放でもごくわずかで、全く問題はない。
  • 倍率色収差は、135mmでは0.02%以下の全く見えないレベルで、70mmでも0.04%程度の非常に低いレベルだ。200mmではF2.8とF4では0.04%だが、それより絞ると中程度のレベルまで増える。倍率色収差には全く不満はない。
  • フォーカスシフト(絞った時のピントの移動)は135mmでは見られないが、200mmとテレコン使用時の280mmでは絞ると奥側に若干ピントが移動する。
  • 歪曲は70mmで-0.64%のタル型、中間域で+1.32%の糸巻き型、200mmで+1.62%の糸巻き型で、旧型から広角側では改善しているが、中間域から望遠側ではむしろ悪くなっている。歪曲はニコンやキヤノン、タムロンの70-200mm F2.8に遅れを取っている。
  • コマ収差は、開放の隅でごくわずかに見られるだけで、申し分がないものだ。非点収差は7.1%で、完璧ではないが良好と言える値だ。
  • 玉ボケは称賛に値するが、周辺部では口径食が目立ち、F5.6まで絞っても解消しない。
  • 周辺光量落ちは70mm開放で43%(-1.60EV)、200mm開放で45%(-1.74EV)で、200mmでは旧型よりも4%改善している。
  • 逆光耐性はかなり厳しく、フレアとゴーストで台無しになることがあるが、これは太陽が画面の隅の外側付近にある場合だけだ。逆光耐性は広角側から中間域の方が良好で、望遠端では悪くなる。
  • AFは作動音は静かだが、最短から無限遠まで0.8-0.9秒で、速度に関しては感心しなかった。もちろん、フォーカスリミッターを使えばAFは0.4秒と顕著に高速化される。AF精度はスタジオでも屋外のテストでは非常に高く、ピントを外した画像は2%以下だった。前ピンや後ピンの傾向も見られなかった。
  • シグマの70-200mm F2.8は、旧型もカメラメーカー純正の70-200mm F2.8と互角に張り合っていたが、新型はいくつかの点で改善されている。旧型と比べると、新型は中央はそれほど顕著な改善は見られないが、隅は改善されており、特に70mm時とテレコン使用時の画質の改善が顕著だ。このレンズの良い点は非常に多いが、悪い点は2つだけ(周辺光量落ちと逆光耐性)だ。
  • 良い点:しっかりした防塵防滴でスタイリッシュな鏡筒、中央の全域で素晴らしい画質、隅の良好な画質、軸上色収差の問題が見られない、倍率色収差がわずか、歪曲が穏やか、コマ収差が適切に補正されている、非点収差が気にならない、ボケが素晴らしい、静かで正確なAF、1.4倍のテレコンとの連携が良好。
  • 悪い点:周辺光量落ちが大きい、逆光耐性をもう少し改善してほしい(特に200mm時とテレコン使用時)。

 

シグマの70-200mm F2.8 Sports は、旧型から画質の改善が見られ、特に70mm側やテレコン使用時の画質の改善はかなり大きいようです。

ウィークポイントとして指摘されているのは逆光耐性で、サンプルを見ると確かに条件によってはフレアやゴーストが盛大に出ることもあるようです。AFは速度はそれほど速くないようですが、精度は非常に優秀ですね。

2019年5月 4日 | コメント(4)

コメント(4)

サードの望遠ズームはAFで動体追うのが厳しいから、どうしても純正選んでしまう。画質は文句ないんだけどね。

悪い点に挙げられてはいませんが、
旧型に比べて約400gも増えて1.8Kgを超えた質量も気になります。
純正に比べても300〜400gは重くてジワジワ効いてきそう。

このレンズ知り合いが使っていますが、かなり高性能出す。純正の新型並みの描写をしていますし防塵防滴がしっかりとしています。テレコンとの組み合わせも良さそうですね。重さ以外支持する人は多そうです。

このレンズを購入して2か月未満ですが、
解像力の分析は大変参考に成り、助かります。
今後、注意しながら使いこなすように頑張ります。
貴重な情報、ありがとうございます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年5月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのフルサイズミラーレス用の14-40mm F4の特許」です。

次のブログ記事は「キヤノン「EOS Kiss X10」はサードパーティー製のフラッシュが使えない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る