パナソニックの新型シネマカメラの名称は「DC-S1H」?[内容更新]

L-rumors に、パナソニックの新型シネマカメラの名称やスペックに関する情報が掲載されています。

(L5) The new Cine Lumix is named Panasonic DC-S1H !!! And here are the specs!

  • 5月31日に発表されるLUMIXのシネマカメラの名称は、「パナソニックDC-S1H」になるだろう。どうやら、「H」はハイブリッドを表しているようだ。S1Hの価格はS1Rよりもずっと高価になると聞いている。以下はS1Hのスペックだ。

    - 発表は5月31日
    - Lマウント
    - 新型のフルサイズセンサー
    - 6K24pと4K60p
    - 10bit 4:2:2で内部収録30p、外部収録60p
    - 14bit ダイナミックレンジ
    - 映画撮影の夢の機材
    - 非常に丈夫な造り
    - 放熱のためにS1/S1Rより若干大きい
    - Log搭載
    - S1Rよりもずっと高価になる

 

パナソニックの新型シネマカメラの名称は「S1H」ということで、S1シリーズの派生モデル的な位置付けの機種になりそうですね。

S1Hはシネマカメラだけあって、動画に関しては相当高性能になりそうですが、価格がかなり高くなってしまいそうなのが少々残念なところです。

[追記] 裏付けが取れていない情報のようですが、「ボディ内手ブレ補正」「NDフィルター」「価格は5000ドルから6000ドルの間」という記述が追加されています。

2019年5月29日 | コメント(10)

コメント(10)

“S1Hの価格はS1Rよりもずっと高価になる”この一文で、マーケティング層が明確になりましたね。

キヤノン1DXやニコンD5に相当するフルサイズデジカメが、パナの場合はDC-S1Hである、と考えれば妥当な大きさと重さと価格になるのかもしれません。

14bit ダイナミックレンジというのは、14ストップ(stops)のことですかね。
だとすれば、まあ十分高い数値ですが、「夢の機材」ということでもっと上を期待ちゃっていました。
ひとまず、発表の日を楽しみにしています。

D5のような連写機に相当するフラグシップ機ということみたいですね
たしかに、動画も電子シャッターによる連写みたいなものですしね

6Kは24pなのか
動画に強いパナソニックでも6K60pはまだムリなのか
価格がニコン・キャノンのフラッグシップと同じぐらいならパナソニックのフラッグシップ機は動画特化になるのかな
メーカーによってスタイル違うのはカメラ好きとしては見てるの楽しい

> 映画撮影の夢の機材
ということは アマの手の出せる範囲ではないということかな?
3桁万円 それも頭の数字が1より上?
映画機材ってプロダクションもレンタルするくらいだし。

4K/60P/内部10bit収録がないのに、、60万クラスは
ちょっと残念。C200とくらべスペックが低めなので
もっと安いかと思った。
S1Rより10万くらい高めの50万前後かと予想してましたが、、、
6Kも24P止まりでは、役不足ですね。
最終仕上げ24コマの映画を撮る以外、使い道があまりないかも。
シネマカメラは昔のフィルムカメラのように、
HSの自由度があることが、絶対必須だと思います。
せめて30Pあれば、多少使い用があるかもしれなかったが、、
NDがあるのは魅力的だが、、、価格比を考えると
現状の情報では、残念ながらS1+LOGとの実用域での差はどこにあるのか見えないです。
GH5Sのような高感度センサーなのか?まさか「グローバルシャッター」?
プロセッサーが相当優秀で6K全画素読み出し(オーバーサンプリング)で
4K収録でもレンジが広く、高画質とか、、、
何れにしても「夢のシネマカメラ」の答えはなになのか?明日が楽しみです。

5000ドル〜6000ドルならいいんじゃないかな?
逆に微妙なスペックじゃなきゃいいのですが。

10bit 4:2:2 4K60pを外部記録でとなるとレンズとレコーダー諸々で100万コースですね。

シネマカメラならVFXのために4:4:4かRAW動画が欲しいところですけど特に言及ありませんね
24pで6Kあるなら4Kにスケーリングして十分なケースも多いのかな?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2019年5月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが600mm f/5.6 PFを今年の夏に発表?」です。

次のブログ記事は「EOS 7D Mark II の後継機は2019年後半に何らかの動きがある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る