EOS 7D Mark II の後継機は2019年後半に何らかの動きがある?

Canon Rumors に、キヤノンのEOS 7Dシリーズの後継機に関する噂の続報が掲載されています。

Rest well Canon EOS 7D series [CR2]

  • これまでに何度か、EOS 7D Mark II の後継機は登場しないという話を聞いていたが、再び、EOS 7Dシリーズの終焉に関する話を聞いている。APS-CのEOS Rが登場するのだろうか?

    販売店と代理店は、キヤノンが、人気のEOS 7D Mark II の後継機に何を用意しているか少しばかり心配していると聞いている。どうやらキヤノンは、いくつかの販売店に、この懸案は2019年の後半に解決すると説明したようだ。

    EOS 7D Mark II をEORを置き換えるには、RFマウント機のAF速度と精度が、目標のレベルに達する必要があるという話も聞いており、どうやら、まだ情報が流れていないRFマウント機が登場するようだ。

    また、EOS 80Dの後継機(このカメラは、機能の進化でEOS 7D Mark II のユーザーをカバーするかもしれない)は、2019年中に登場すると聞いてる。

 

これまでの噂が的中していれば、EOS 7D Mark II は、高性能化されたEOS 80Dの後継機とAF性能が進化したEOS Rの高速連写機にに引き継がれ、直接の後継機は登場しないことになりそうですね。

RFマウント機で、EOS 7D Mark II を置き換えるAPS-C機が登場するのかどうかが気になるところです。

2019年5月30日 | コメント(9)

コメント(9)

RF機はAF速度など他メーカーの後塵を拝している感があります。
7D系の後釜を名乗れるなら、この分野でもかなり期待できそうですね。

サッカー撮りですが、EVFの遅延&連写時のコマ数減&解像度等、他社を含めて現状のミラーレスでは、とてもじゃないけど被写体を追えないです。

レフは7D2
ミラーレスは9PROを所有し使っています。
動き物メインです。鉄道と鳥を良く撮ります。
鉄道だと9PROでも問題なく取れますが、飛んでいる鳥は無理です。理由は上の方と同じです。
ので、7D2の真の後継を待っています。

7D3本当に出す気ないんですかね…?
フルサイズの1DXシリーズはAFはいいけどトリミング耐性低いし
ミラーレスはとてもまだ実用段階になっていない
7D3は出すしかないと思うのですが

キヤノンのEOS Rの発表会で暗所AFの展示コーナーのスタッフの方とEOS Rについていろいろ質問した時に聞いた話では
EOS RのAF速度や追従AFでの枚数アップについては十分ソフトで対応できるし、今後のアップデートを期待してください
高連写シャッターについては極端な話1D系のシャッターユニットを乗せればいくらでも対応できるがコストが上がるためハイアマチュア向けに高耐久、高連写で価格を抑えたシャッターユニットが必要だと認識してる
そして、7D系の置き換えにふさわしいEOS Rは?と、質問したら
少し待って欲しい近いうちに期待にそえるようにする
と、答えていただけたのですよ
その答えが、この噂のモデルだといいな~(願望

7D3
OVF最後の輝きを見たいですね~。
AF強化、高感度耐性アップ、タッチパネルで
背面モニターを超絶高解像度にして
折り畳みのモニターフードをオプションで用意してくれたらミラーレス風にも使えるし
今のお値段位で買えるなら7D2同様に即買いですわ。

動体を精度高く写すなら、まだまだレフ機ですね。
精度、歩留まりが違います。
スポーツや野鳥、野生生物全般に、レフ機新機種へのニーズは依然として強いと思います。

7D3が出ないというのは本当に残念です。

現在野生動物を5D4と7D2をメインに使用していますが、どちらもシーンによって使い分けており、どちらか一方だけでも困ります。

2桁機は操作性やカメラ本体の強度、ファインダー、AFその他でやはりメインにはなり得ない。
ミラーレスもまだまだ動体撮影には不十分です。

ぜひ7D3は最後のAPS-Cフラグシップのレフ機として出して欲しい。。

7D・7DⅡには、これまで特に子供の動態撮影で恩恵を受けて参りました。
シャッターの間隔が大好きです。

7Dという名前は残して欲しい。

ということは、必然的に名前だけでなく中身も…となりますが。。

筋力が衰えてきた(笑)ので、できれば、もう少し軽くなって出てくれれば言うことなしです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2019年5月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックの新型シネマカメラの名称は「DC-S1H」?[内容更新]」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが「Instax mini LiPlay」の6月12日の発表を予告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る