キヤノンのズームのティルト・シフトレンズの特許

Canon Rumors で、2つのシフト機構を搭載したズームのティルト・シフトレンズの特許が紹介されています。

Patent: Zoom tilt-shift lenses

  • Northlightが見つけたUSPTOの特許(20190149727)に、ズームのティルト・シフトレンズの光学系が示されている。この特許は、2つの異なる興味深いティルト・シフトの技術について言及されている。

    まず最初に、この特許では2つのシフト機構が示されており、これはレンズをチルトしたときに画質を維持するのに貢献するだろう。この特許では、2つのシフト機構を内蔵した50mm F4の光学系が示されている。

    2つ目に示されているのは、ズームのティルト・シフトレンズの光学系だ。実施例には、24-100mm F4と、30-80mm F4-6.3が記載されている。

    TS-E24-100mm F4
    - 焦点距離:24.71-99.94
    - F値:4.13-4.42
    - 半画角:41.17-12.21
    - 像高:21.64-21.64
    - 全長:159.00-200.33(※全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    - バックフォーカス:43.99-69.75

    TS-E30-80mm F4-6.3
    - 焦点距離:31.15-129.92
    - F値:4.52-6.07
    - 半画角:34.78-14.49
    - 像高:21.64-21.64
    - 全長:168.22-192.88(※全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    - バックフォーカス:55.33-78.11

canon_20190149727.jpg

ズームのティルト・シフトレンズは、とても興味深いレンズですね。ズームで画質がどの程度維持できるのか気になるところですが、十分な画質が維持されていれば、複数のティルト・シフトレンズを1本にまとめることができるので、大変便利なレンズになりそうです。

実施例のレンズは、どちらもバックフォーカスが長いので、EFマウントで使用できそうですね。

2019年5月20日 | コメント(11)

コメント(11)

24-100シフト出たら欲しいけど、50万円くらいしそうな予感が(汗)

今までありそうでなかったのがこういうレンズですよね。用途的にどうしても歪みが出ないような光学設計必要なのがハードルを上げていたのかもしれません。24-105のほうは寄ることができれば建築からブツまでいけて良さそうです。

歪曲は補正前提かも知れないですが、ズームでTSは有ったら良いなと思っていました。
かなり画期的なレンズですね。

ズームでTS!?しかも24-100mmF4とはなんと使いやすい…
これは嬉しいレンズですね!
TSレンズ好きとしてはぜひとも欲しいところですが…お値段は…

EFマウントで出るのかな?

EFマウントで発売するかなら、かなり先までプロユースでは一眼レフも使い続けられるとキヤノンは想定していることになりますね。

TS-Eシリーズってキヤノンのプロ用レンズの本丸中核を成していて、超望遠白レンズ群と共に圧倒的で、ニコンにさえ差をつけていますから、ズームが製品化されたら物撮り業界では凄い反響では。

撮影ジャンルによってはこれ一本で稼ぎまくれるレンズになりそうだしマクロ機能がどれぐらいかも非常に重視されますね。

前回のTS-Eレンズの刷新と新規投入は凄かったので、これも実現する可能性ありますね。

TSレンズにテレコンを使用するユーザーもいるそうなので需要はありそうですね.しかし,ズームレンズでティルト・シフトの機構も入るとなると,光学系だけでなくメカの部分の部品精度や組み立てが大変になりそうです

TS-Eのズームレンズ?
夢のようなレンズですね!

美術館関係の撮影ですが、TS-Eレンズは、現行のもの5本全て使っています。

Fさんがおっしゃるように、x1.4のテレコンも使っています。
カメラバッグの中は、5DsとTS-E 5本、それとテレコンのみです。
先日も135mmにテレコン付けて、ある国宝の美術品の撮影をしていました。

TS-Eを使いだすと、100mmのマクロさえ使わなくなり、ズームは使う気にもならないのですが、TS-Eのズームとなれば、話は違いますね。

そこそこの画質なら、50mmと90mmのレンズ交換の頻度を減らせそうです。
掛軸1本に対して、50mmで全体、90mmで本紙のみ撮影となるので、そこそこの画質なら、限られた時間内で効率よく、撮影ができそうです。

これは楽しみです。それほど売れないのにTS-Eに力を入れているキヤノンさんに敬意を表します。

レンズ設計のことは詳しくありませんが、魚眼やTSの作れるのならマクロレンズのズームも作れないんですかね?

>>マクロレンズのズーム
ニコンにAF Zoom-Micro Nikkor ED70-180mm F4.5-5.6Dがあるよ。

TS-E24-100mm F4はいいですね、現場の移動が楽になり助かります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年5月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨドバシカメラの4月下期~5月上期の売れ筋ランキング」です。

次のブログ記事は「キヤノンのフルサイズミラーレス用の135mm F1.8の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る