キヤノンのRFマウント用の17-35mm F4-5.6の特許

Canon News で、キヤノンEOS R用の小口径の広角ズームの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Canon RF 17-35mm

  • 最新の噂によると、キヤノンは、F2.8の大三元ズームを完成するつもりのようだが、その次は何が登場するのだろうか。キヤノンが、F4の小三元ズームに焦点を移すのは当然だが、その次は? キヤノンは、この特許の17-35 F4-5.6のような、よりコンシューマー向けのレンズに注力しなければならないだろう。

    この特許には、2つの17-35mmの実施例しか含まれていない。興味深いことに、どちらのレンズも全長は101~102mm(特許の全長からフランジバックの分を引いている)で、ミラーレスマウント(ショートフランジバック)によるサイズの恩恵を受けていない。現行のEF17-40mmと16-35mmの全長は83mmと89mmだ。

    この特許では手ブレ補正については言及されていないが、以前にキヤノンは、グループL2の最初のレンズを手ブレ補正に利用していた。

    焦点距離:17-50-33.95
    F値:4.00-5.80
    半画角:51.03-32.51
    像高:21.64-21.64
    全長:121.00-121.18(全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    バックフォーカス:20.00-38.92

    焦点距離:17-50-33.95
    F値:3.94-5.69
    半画角:51.03-32.51
    像高:21.64-21.64
    全長:122.00-121.87(全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    バックフォーカス:20.00-40.07

canon_patent_2019-074633_001.jpg

現在、RFレンズには、EOS RPに合う廉価なズームレンズが存在しないので、F4-F5.6クラスの低価格なズームは多くのユーザーに歓迎されそうです。

特許のレンズのサイズは、口径の割りに大きいようですが、これは画質を重視したためでしょうかね。バックフォーカスはワイド側で20mmと短く、像高も21.64mmあるので、フルサイズミラーレス専用設計なのは間違いなさそうです。

2019年5月17日 | コメント(2)

コメント(2)

RP用にF4-5.6ズームをシリーズ化してくれないかな。
広角だけじゃなくて標準と望遠も欲しい。

EF-M11-22のRF版みたいな存在でしょうか?

でも、主にRPや更なる廉価機向けなら、やはり全長はEF16-35より短くして欲しかったですね。
その分、すごく軽いとか安いとか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがZ7・Z6の一部の製品の手ブレ補正の問題をアナウンス」です。

次のブログ記事は「オリンパスTG-6の画像と詳細スペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る