パナソニックの新しいシネマカメラはS1/S1Rより若干ボディが大型化される?

L-rumors に、パナソニックのLマウントのシネマカメラに関する追加情報が掲載されています。

(L5) The new Panasonic L-mount Cine Lumix camera will be slightly bigger than the S1-S1R cameras!

  • ソースのうちの1人が、LUMIXのLマウントシネマカメラは、S1/S1Rよりも若干大型化されると教えてくれた。大型化される主な理由は、放熱機構のためのスペースが必要なためだ。以下は、これまでに分かってることのまとめ。

    - パナソニックがLUMIXシネマカメラを5月31日に発表する
    - このカメラはLマウント
    - 新型のフルサイズセンサー
    - 映画撮影用の夢の機材
    - とても頑丈な造り
    - 防熱機構のためにS1/S1Rよりも若干大きい

 

パナソニックのシネマカメラは、どうやらS1/S1Rと同じような一眼レフスタイルのボディを採用するようですね。

ボディには、大きな防熱機構が組み込まれるということなので、時間無制限の4K60pや、8K動画などの動画モードの搭載が期待できそうです。

2019年5月24日 | コメント(3)

コメント(3)

S1よりさらに大型化ですか。
性能出そうと思ったらしょうがないんでしょうね。
形はS1継承なのか、違った形なのかも気になります。

「夢の機材」とは期待
GHシリーズのような動画に強いカメラを出してるパナソニックが夢の機材と謳うカメラはどういうものだろう
もはや4K60pは当たり前
もしかしたら全画素読み出しではなく「全画素書き出し」で6K60pの動画撮れるとかかな?

EVA1、シネアルタやFS7、EOSシネマとは一線を画すフルサイズ写真機派生の新たなシネマカメラがどんな画を描き出すのか楽しみです。センサーサイズは16:9とかになるのかも気になります。機動性、持ち易さを加味したデザインだと嬉しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムGFX100の実写サンプル」です。

次のブログ記事は「パナソニックの「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.」の製品版の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る