ソニーのもう1本の望遠レンズは「FE600mm F4 GM」?

軒下デジカメ情報局が、近日中に発表されるソニーの新しい2本のEマウントレンズを確認しています。

軒下デジカメ情報局

  • ソニーの最新の注文書に「SEL600F40GM」と「SEL200600G」の型番が追加されたのを確認した。

 

ソニーの新レンズは、どうやら200-600mm Gと600mm F4 GMで確定のようですね。200-600mm は比較的安価(2000ドル?)なレンズになると噂されていますが、600mm F4は大口径のGMなので、かなり高価なレンズになる可能性が高そうです。

ソニーは、東京オリンピックに備えて、超望遠レンズを拡充してきましたね。

2019年6月 7日 | コメント(6)

コメント(6)

SEL600F40GMのF40の0が気になりますが、、。
痒いところに手が届くレンズが二本も、、直ぐには買えなくとも、100-400を手放すかどうか本気で悩むところです。

ソニーはキャノン、ニコンに対して長物レンズが無いという大きな欠点がなくなるのでこれからが楽しみですね。
オリンピックでのシェア争いがどうなるのか?
キャノン、ニコンはレフ機でいくのか?ミラーレスでいくのか?
楽しみです!

600mm単焦点は宝くじが当たったら買います(笑)
SEL600F40GMのF40はF4.0という意味だと思います。

200-600は間もなくのようですね。そして次はいよいよロクヨンですか。
自分は、ミノルタのロクヨンを使い続けていて、写りはまだまだ素晴らしい写りをしてくれていますが、5.5kgの重量が欠点です。ヨンニッパの事も加味すると、かなり軽量なロクヨンになるのでしょうね。
自分は、室内競技も加味して、ヨンニッパを購入したばかりですので、ロクヨン購入は、まだまだ、かなり先になりそうですが、とても楽しみです。ヨンニッパ+テレコンでも、画質も性能も、想ったほどの劣化ではなかったので、1200mmでの画質やAF性能も見てみたいですね。
とりあえず、また貯金始めます。笑

Aマウントが300mmと500mmだったから、被らない400mmと600mmにしたんでしょうかね。
SEL600F40GMのF40表記はSEL28F20と同じような命名規則ですね。
もし望遠域を同時に2つも発表するとなると、SEL1635GMとSEL1224Gの広角ズームを同時発表したときみたいな感じですね。

600㎜F4が出ると、400㎜2.8、Aマウントの300㎜2.8、500㎜4と合わせれば、キヤノン・ニコンに一応並ぶ体制になりますね。
200‐600もオールランドに活躍しそうでシステムの競争力は、かなりアップしそうです。

2020年オリンピック報道・記録に切り込む勢いを感じ取れますし、α9の次世代機も投入するでしょうから3強による激戦となるのかもしれません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年6月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのレンズISとボディISのシンクロ補正の特許」です。

次のブログ記事は「ソニー「FE600mm F4 GM」の価格は14000ドル?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る