ヨドバシカメラの6月上期の交換レンズの売れ筋ランキング

CAPA CAMERA WEBに、ヨドバシカメラの6月上期の交換レンズの売れ筋ベストテンが掲載されています。

「焦点距離200mm以上」の望遠レンズが売行き好調!

  • データ集計期間 2019年6月1日~6月15日

    - 第1位 ソニー FE 24-105mm F4 G OSS
    - 第2位 キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
    - 第3位 キヤノン RF24-105mm F4L IS USM
    - 第4位 ニコン NIKKOR Z14-30mm F4/S
    - 第5位 タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD(ソニーEマウント)
    - 第6位 ニコン AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
    - 第7位 キヤノン EF70-200 F2.8L IS III USM
    - 第8位 ソニー FE 100-400mm/F4.5-5.6 GM OSS
    - 第9位 ニコン AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
    - 第10位 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3
  • 10本の内訳はソニー・ミラーレス機用が3本、ニコン・ミラーレス機用が1本、同レフ機用が2本、キヤノン・ミラーレス機用が1本、同レフ機用が2本、オリンパス・ミラーレス機用が1本となった。
  • 前回3位に入っていたニコンZシリーズ用の標準ズームレンズ24-70mmは、4万円キャッシュバックの為にボディとセットで購入しなくてはならないので、こちらのランキングからは姿を消しているものの相当数が販売されているはずだ。

 

交換レンズのランキングでは、定番の標準ズームや望遠ズームが並んでいますが、その中に、高価なニコンの500mm f/5.6 PFが6位に入っているのはすごいですね。

この500mm f/5.6 PFは品不足の影響で、なかなか入手できない状況が続いていたので、在庫が潤沢にあれば、更に上位に入ったかもしれませんね。

オリンパスは、ED12-100mm F4が定番の人気レンズになっていますが、新しい12-200mm F3.5-6.3も人気レンズになりそうですね。

2019年6月24日 | コメント(10)

コメント(10)

45万もするレンズが、6位に入ってくるなんてすごいですね。
噂の600mmも出てきたら人気が出そうですね。

G20開催がらみでVIP機が大阪に多数到来するのに絡んで、ボーナス月ということもあり、長尺が売れるんじゃないかと聞きましたが、ヨドバシカメラだと大阪梅田に店舗もありますし、関係してるのでしょうか。

35mmや50mmの単焦点がゼロ。唯一の単焦点は6位の500mm。けっこうな望遠ズームがこんなに売れてるなんて予想外で面白いデータでした。

売上ベースなのか本数ベースなのか。
どちらにせよ品薄と言われるニコンの500mm PFが、ランクインするほど供給できていると言うことになるのかな。

高価な 100-400 クラスが軒並みランクインするとは意外です。
運動会需要でしょうか?
こういう結果も面白いですね。

単焦点で売れるのは35や50でなく、85mmや135あたりでは
ないかと思いましたが500mmランクインするのは
ズームは24-105とかが売れても単焦点は買いやすさより
高価でも拘りがあって使う人が買うレンズが売れるという事ですね。

トップ10の中に500mmの単焦点が”混じってる”(あえての表現)のは異彩を放ちますね。
他の順位についてる70-200や100-400の倍ほどの価格なのですが・・・

ヨドバシやマップカメラのランキングはあくまで限定的なので、参考程度で見る必要がありますが、ニコンやキャノンのレフ機用のレンズが売れてるってことは、しばらくレフ機の勢いもあるという参考にはなりますね。高価なレンズは一本売れるかどうかで、ランクインしたり、外れたりしますからね。。可能であれば、市場全体の売れ行きも見てみたいですね。ほとんどが標準ズームになるのでしょうが。。

久しぶりに書き込ませていただきます。

もしかしたら、高価な製品が売れているのではなく、安価な製品が売れていないのかもしれません。
先日のコンデジのランキングについても同じ印象を持っています。
コンデジの市場規模縮小と同じ状況が交換レンズにも起きているとしたら、少量でもマニア向けに確実に売れる高額商品がランキング上位になっても違和感がありません。

母数が気になりますね。

これを見るとEマウント独り勝ちという訳でもないですし、レフ機も健闘していますね。各マウントの、ミドル以上のユーザーのシェアに近いのかもしれません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年6月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンはAIなどを活用して新たな映像体験の提供を目指す」です。

次のブログ記事は「パナソニックS1Hにボディ内手ブレ補正が搭載されることを確認」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る