キヤノンがEOS-1D Xシリーズと同レベルのプロ用ミラーレスの開発を加速?

Canon Rumors に、キヤノンのEOS Rのプロ用機に関する噂が掲載されています。

Canon's EOS-1D X Mark II equivalent mirrorless is coming [CR1]

  • キヤノンが、プロレベルのEOS Rの開発を加速しているという話を聞いている。2019年遅くか、2020年初めの登場が予想されている高画素機については聞いていない。

    この新型カメラは、EOS-1D X Mark II(またはMark III)のミラーレスバージョンになるだろう。

    このソースは、このカメラは、2020年の第1四半期または第2四半期に、EOS-1D X Mark IIIと共に発表される可能性があるとも述べているが、発表日はまだ決まっていない。

    これらの2機種のカメラの同時発表は、キヤノンには珍しい動きで、その可能性はあると思うが、実際の発表よりもかなり前にEOS-1R X(このような名称になるような気がする)の開発発表があるのではないかと思っている。

    2020年夏の東京オリンピックは、EOS Rのプロ用機と、RFの超望遠レンズ群の発表には、絶好の機会だろう。

 

これまで、EOS-1D Xシリーズと同クラスのプロ用EOS Rの登場は、かなり先になると予想されていましたが、意外に早く登場する(東京オリンピック前?)のかもしれませんね。

ニコンがD5と同クラスのプロ用ミラーレス機の投入を明言しているので、キヤノンも計画を前倒ししたのでしょうか。

2019年6月25日 | コメント(10)

コメント(10)

出すならオリンピックに合わせて出したいとこだと思いますが
ただプロカメラマンが飛びつくとは思えない
現状のミラーレスの技術じゃ動き物撮るなら一眼のほうが確実に良いですからねぇ
無理して急ぐ必要ない気がします

急いで焦って中途半端な物を出すよりもじっくりと開発してみんなが納得する物を出して欲しい。

キヤノンのことですから、ミラーレスフルサイズを新規格とすると決定した時点から開発がスタートしているでしょうし、デュアルピクセルCMOSがモノになったあたりあから、像面位相差AFに全面移行できるかどうか検討しているでしょう。

タイミングとして2020年ならは充分な開発期間があると思います。
発売後にユーザーが一斉に切り替えるか、一眼レフとの併用が続くのかはもう少し時間を経てみないと判りませんが、Rマウントプロ機がスタンバイしているのは間違いないでしょうね。

ラインナップの顔とも言えるフラグシップ機のモデル名は気になる所。
EOS-1xと言う流れを継続するのは多くの人が歓迎しそうだ。

現行1Dとなんの遜色ないAF性能なら良いですね。名前は単純に、EOS-1R でいいんじゃないでしょうか!?

手振れ防止機能を搭載するのかが気になります。
かつての動画機能がそうだったように、もうボディ内手振れ防止機能は必須になりつつあると思うのですが。

キャノン社員にとっては(社員人生で)一生に一度かどうかの東京オリンピック。

グローバルオフィシャルスポンサーに巨額の広告宣伝費を投じているのですから、ここは根性で(いや、できれば入念緻密な製品計画とスケジュールのもと)フラッグシップクラスで出してくるだろう、と期待しています。

経営陣や株主には、ここで宣伝できなくてなんで東京オリンピックのオフィシャルスポンサーになったんだ!とかものすごく言われそうではないですか。

フルサイズミラーレスのプロ機がEOS-1D X Mark IIIと共に発表されるとしたら、ユーザーとしては、どんな性能で発売されるのかワクワクしますね。
EOS-1D X Mark IIIには手ブレ補正なし、EOS-1R Xには手ブレ補正ありとかだと、チグハグな感じになりますね。レフ機にも手ブレ補正入れたりしてきたら、面白いことになりそう。Canonとしては、もう5年ぐらいはレフ機との併用が必要と考えていると思います。それぞれ一長一短な部分もあるので、ソニーは別として、ニコンとCanonにはできるだけ併用できる環境を提供してもらいたいと思います。

個人的にはプロ機にボディ内手ぶれ補正は不要ですね。
あっても無くても良いというよりは無いほうがいいくらいです。

5Dクラスのハイアマチュア機にはあっても良いと思いますのでEOSRとプロ機の中間の機種にはボディ内手ぶれ補正有りと無しを用意して欲しいですね。

キヤノンのミラーレスカメラ、ボディー内手ぶれ補正が無くて、手ぶれ補正の付いていない高画質な単焦点レンズ使用時に、EVFの拡大表示による正確なピント合わせに支障があります。

プロ機に限りませんが、EVF機にとっては、最低限の装備なのでそろそろ装備して欲しいです。

またプロ機としては、電子シャッター周りの技術、グローバルシャッターなど期待したいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年6月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが8月中旬に新製品発表のイベントを計画中?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-Pro3にはチルト式のモニタが採用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る