キヤノンのレンズISとボディISのシンクロ補正の特許

Canon News に、キヤノンのレンズISと協調動作が可能なボディ内手ブレ補正の特許が紹介されています。

Canon Patent Application: IBIS + IS

  • キヤノンは、以前にボディ内手ブレ補正を採用すると述べており、レンズ内補正との協調動作についても言及している。

    この特許(特開2019-087937)で、キヤノンはボディ内手ブレ補正について言及しており、具体的には、レンズ内手ブレ補正によって既にイメージサークルがシフトしているときに、ボディ内手ブレ補正でセンサーどれだけ動かせるかについて扱っている。

    図の101はセンサーで、特許の文書ではこの部分が動くと明記されている。レンズ内手ブレ補正は図の204で、レンズ内とボディ内の両方に手ブレ補正があることがわかる。

canon_patent_2019-087937.jpg

キヤノンは以前に、EOS Rシステムのプレゼンで、レンズとボディのシンクロ補正All Optical ISの開発を発表していましたが、この特許は、この「All Optical IS」で使われる技術の可能性が高そうですね。

この手ブレ補正は、噂では2020年に登場する新型EOS R(高画素機?)に採用されると言われていますが、どうなることでしょうか。

2019年6月 7日 | コメント(4)

コメント(4)

他社で既に実用化されている、レンズとボディのブレ防止機能のシンクロ化と同様なモノなのでせうか…それとも、また、新たなブレ防止機能なのでせうか…いずれにせよ条件にもよりますが1/2秒くらいの夜間撮影でも三脚なしの手持ち撮影ができるなんて技術の進歩の賜物で幸せです。

ボディ内補正実装がこれだけ遅れてるので
シンクロ補正であっと驚くくらいの強力な補正でもして欲しいですね
5~6段くらいの補正になってくれると嬉しいですが…

高画素のEOS Rで是非とも実装願いたいですね。

ミノルタとハネウェルのAF特許の件もあるので、
ボディ内手振れの後発としては、
越えなければいけないハードルが高いのでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年6月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE200-600mm F5.6-6.3の価格は2000ドル前後で発表は月曜日?」です。

次のブログ記事は「ソニーのもう1本の望遠レンズは「FE600mm F4 GM」?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る