ニコンのこれまでのハイエンド一眼レフの予想販売数量リスト

Nikon Rumors に、ニコンのデジタル一眼レフ(D一桁機、D3桁機)の販売台数に関する記事が掲載されています。

Nikon DSLR camera sales figures

  • dpreviewのフォーラムのメンバーが、Photosynthesisのサイトのシリアルナンバーの記載を元にしたニコンの一眼レフの販売数量リストをまとめている。この販売数量が100%正確ではないことは明らかで、これはシリアルナンバーを基にした推測にすぎない。

    D1________________37759
    D1H______________12383
    D1X______________47109
    D2H______________39823
    D2HS______________7838
    D2X______________66839
    D2XS_____________25211
    D3_______________95390
    D3S______________65228
    D3X______________23158
    D4_______________74130
    D4S______________27884
    D5_______________23430+
    D100____________302765
    D200____________725085
    D300____________588744
    D300S___________311167
    D500____________110759+
    D700____________536297
    D800____________346903
    D800E____________76540
    D810____________257217
    D810A_____________2306
    D850_____________73967+
    Df________________57812
    D600____________234630
    D610____________614192
    D750____________457373+

 

上記のリストがどの程度正確なものかは分かりませんが、販売数量の傾向がある程度はつかめそうな印象です。

このリストで一番売れているのはD200で、続いてD610、D300、D700、D750の順番で、最近の機種は、人気機種でもデジカメがよく売れていた時代の機種には敵わないようです。

あとは、D7000シリーズやD5000シリーズなどのD4桁機を含めたリストも見てみたいところです。

2019年6月27日 | コメント(17)

コメント(17)

一つわかったことは他機種と比較してもDfの後継は無理だろうな、ということです。

ここでのコメント投稿でもその傾向が垣間見えましたから不思議ではありませんが。

あきのこさんへ
元記事のカンマの位置が統一されていなくて紛らわしいので、カンマを消しました。数字はこれで間違いありません。

D800Eは一時期のローパスフィルターレスのブーム火付け役で
解像度重視の風潮にした機種だと思ってたのですが
Df並で意外と売れてませんね。
他を見ても、解像度よりも高感度を重視したカメラの方が売れてるのでしょうか。

D610は、D600のダスト問題を克服しただけのモデルだという認識をされているようで不遇の名機とばかり思っていましたが、この一覧を見る限り、やはり実力のあるモデルだったのだなと嬉しくなりますね。
私はいわゆるスマホ世代ですが、学生でも数ヶ月バイトを頑張れば買えるD610には並々ならぬ愛着があります。
D800番台ほどガチすぎず、それでいて「撮る」ということの喜びを教えてくれたモデルです。
Zにシステムを移行を考えながらαを使うのもストレスになってきました。小型軽量、かつ質実剛健なモデルを首を長くして待っています。

下記にDXの予想販売量もありますね。

https://www.dpreview.com/forums/post/62579860

ニコンZのトータルがFTZアダプターの数字になっているのは、
近似としては良いのかな。

私はD850が意外に少なく感じました。

すごく売れてるイメージのD850でさえこの程度なんだから、本当にカメラが売れなくなってきてることを痛感します。

数年後カメラ業界はどうなってるんだろう・・・

D850のヒットでニコンの経営が改善している訳なので
もっと多そうな気がしたのですが、Dfと見かける頻度は大差なく
感覚的には、納得できる数字です。

Zマウントがこの期間で思いのほか売れてて嬉しいです。
今年に入ってからZ6を使用してますが、ファームアップと始まったキャッシュバックで好調そうですので、また活気づいて欲しいです。台数が売れた機種の代替え特需が来ると良いですね。

とあるサイトでフェローの後藤さんがDfの販売台数がそれほどでもないって言ってましたが、数字として見ると成る程なと思います。実質的な最量産フルサイズはd600,610ですね。私も所有してますが銘機です、DSLRではこれ以上は要らないとさえ思えます。それがこの結果に反映されているのでは?

CCDの機種は、今では高感度の面でしんどいところもありますが、D3、D700ぐらいからは、普通に撮るのであれば、今でも問題なく使える機種ばかりですね。
出回っているカメラが、飽和量にあることも関係してるでしょうね。

シリアルから市場の台数を知るのは、レンズだとNikon serial nos(http://www.photosynthesis.co.nz/nikon/serialno.html)が知られていて、これだと中望遠は70-200/2.8の普及で苦戦しているとか、ここのコメントで要望が多いパンケーキも45mm2.8Pの実績を見るとあまり売れていないなど、いろんな情報が詰まってます。カメラ版は初めて拝見しましたが、D fがD4よりも少ないとなると、ミラーレス機で復刻的デザインを期待するのはかなり厳しそうですね・・・

以前に比べると、ほんとに台数減ってるんですね。
D5に関しては、販売期間が長いにも関わらずD4S以下とは、
なにか重大な問題でもあったのでしょうか!?
10万台近く売れたD3が異常だったという見方もできますが、
厳しい台所事情が感じ取れる数字ですね。。。。

D200 買いましたけどね 例のまつげノイズに悩まされました。
Dヒト桁はやっぱり最初のFX機D3が売れたのは当然でしょう
このデータってプレス配布とかNPS代替機とかも入っているのですかね
手持ちのD750が善戦してるのは嬉しい限りです。

D850は米国などでもたくさん売れていて、世界販売台数はここの記載と桁がちがうはずとNikonnの販売員の方がおっしゃってました。
なんかそちらの方が納得いくけど、不思議と正確な数字ってわからないんですね。(専用部品を生産している会社の人など、関係者はいっぱいいるのに、こう言う数字は勝手に出さないのは、それなりにモラルがあるといくことだと思います。)

>どもんさん
D5は特に不具合話も聞かず今日も使っていますが、AFは凄いものの感度については裏面照射CMOS以前のセンサーでD4と大差ないのでD4等が現役続行だったり、D3が出た当時と違って連写不要ならD750やZ6もある、他メーカでもイイものがある良い時代なこともあると思います。また風景の中の動きモノ(鉄道など)で画素数を求める向きはD850のほうが適任で、そちらにも需要が流れていると思います。

電卓さん
D3もD700も、CMOS機ですよ?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年6月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが「RF300mm F2.8L IS USM」を2020年中に発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーが近日中に2機種の新型カメラ(1つはα9 II?)を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る