パナソニックS1Hのボディ内手ブレ補正搭載の可能性は五分五分?

DPReview に、パナソニックS1Hのこれまでに判明しているスペックのまとめと、手ブレ補正など、仕様に関するいくつかの推測が掲載されています。

Panasonic S1H: What we know so far, and what we think's likely

  • パナソニックS1Hのスペックで、正式に発表されているものは次の通り。
    - 6K 3:2で24p
    - 5.9K 16:6で30p
    - アナモフィック4:3を含むマルチアスペクト録画
    - 10bitDCIとUHD4Kで60p
    - 録画時間は無制限 
    - V-Log/V-Gamutによる14EV+のダイナミックレンジ
    - 色再現はVariCamシリーズと同じ
  • 6K動画の仕様から、S1Hは24MPセンサーを搭載している可能性が高い。オーバーサンプリングして6Kにすることも考えられるが、これは読み出し速度と処理速度の両面で難しいだろう。
  • パナソニックは、S1Hは4:3アナモフィック撮影を含むマルチアスペクトが可能だと述べているが、GH2やGH5Sのようなマルチアスペクトセンサーの採用を裏付ける話はしていない。理論的にはフルサイズよりも大きいセンサーの採用は可能だが、特大の専用センサーは高価になることや、マルチアスペクト設計では16:9で5.9Kではなく6.3Kになることなどから、マルチアスペクトセンサーの可能性は非常に低いと考えている。
  • 60pの動画は、たぶんSuper35のクロップだ。S1Hは全画素読み出しの5.9K30pなので、それ以上速く読み出すには、ピクセルビニングかラインスキップか、クロップが必須になる。6000x4000ピクセルのセンサーのAPS-Cの領域は大まかに言って4000x2250なので、(4K60pの動画では)S1と同様にSuper35のクロップが理にかなっているだろう。
  • S1Hのボディは、S1/S1Rと似ているが、同じボディを使用しているわけではなく、若干大きくなっている。
  • S1は新ファームにアップグレードしても最大150Mbpsでしか動画を撮影できず、これは400Mbpsが可能なGH5/GH5Sに大きく劣っているが、S1Hでは、高ビットレート録画はほぼ確実だろう。
  • RAW動画に関しては、外部収録で可能になるかもしれない。可能性は五分五分だと思う。
  • SDI、マイクロXLRなどのプロに馴染みのあるコネクタは、これまでパナソニックはオプションで提供してきたので、標準搭載はありそうもないと思う。
  • SH1の手ブレ補正については、パナソニックは質問に固く口を閉ざしていた。放熱対策のためにS1Hのセンサーは、固定式になる可能性がある。スチル写真家の多くはボディISの搭載を歓迎しているので、ISの非搭載は動画専用モデルを投入する理由になるだろう。IS搭載の可能性は五分五分だ。

 

L-Rumors は、S1Hへのボディ内手ブレ補正の搭載に否定的な見解でしたが、DPReviewは搭載は五分五分と見ているようなので、まだ可能性はあるのかもしれません。

RAW動画に関しては、ニコンZ6/Z7でも対応予定なので、動画に特化したS1Hがこの機能を採用しても不思議はありませんね。

2019年6月 3日 | コメント(4)

コメント(4)

BISはいらないでしょう。
音圧の微ブレでますからね。

いやー、でも参るなぁ。
PLレンズ使う程本格的に撮ってる訳でもないし。

60pの動画がSuper35のクロップなら、見送りだな。

わくわくします♪
動画系プロの友人に話したら、BISはない方が良いとのことでした♪
アマチュアには過ぎたる性能でしょうし。
私はS1の更なる値下がりを待ちまーす(^ω^)

IBISがあったら困る人もいるのでしょうが、あった方がより多くの方に受け入れられてSシリーズも発展するでしょう。困難を解決するのが技術者の仕事なので賛成派と反対派の両者を満足させる方法が必ずあるはずです。私はIBIS賛成派なので期待しています。
あと、広角も良く使うので動画時はクロップ無い方が嬉しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2019年6月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LAOWAブランドのライカMマウント用の超広角レンズが登場?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが国内で「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る