パナソニックが晩夏に非常にコンパクトなm4/3カメラを発表?

43rumors に、パナソニックの極めてコンパクトな新型マイクロフォーサーズカメラに関する噂が掲載されています。

(FT3) Will Panasonic announce a new ultracompact Lumix GX880 by end of this Summer?

  • パナソニックが、ウルトラコンパクトなLUMIX 880を今年の夏の終わりに発表するのだろうか? 次の情報を入手した:

    「ウルトラコンパクトなLUMIX GX880が、今年の夏のホリデーシーズンに登場すると聞いている」

 

GX880は型番から見て、日本ではGFシリーズに相当するカメラの可能性が高そうですね。

この新型機はウルトラコンパクトになると述べられているので、GFシリーズの正常進化モデルではなく、更に小型化したカメラで、ことによると、GMシリーズの後継機も兼ねるのでしょうかね。

2019年7月11日 | コメント(36)

コメント(36)

GM5後継機の役割も果たすのでしょうか?
楽しみです

パナの「フルサイズ一だけじゃないよ。」というメッセージが込められているような機種になったらいいなぁと思います。m4/3のシステムは、小型カメラで魅力的が増すので、ちょっと期待しちゃいます。

SIGMA fp発表のあとだと、あんなリグの核になるようなスペックを期待したい。
熱対策に一日の長があるパナソニックなら、fp同様のアプローチでGHばりの長時間録画も期待できそう。

GM復活でしょうか?
S、G、GX、GFにウルトラコンパクトと並べると素人目にもわかりやすく差別化されたラインナップ群となりますね

世間はfpで盛り上がってますがGMサイズでGF9程度の4k動画機能を載せたオーソドックスなローエンドが出たらいいなぁ

GM並みなら嬉しい。

「本格フルサイズから超小型m4/3ボディまで作れます」というのは、パナソニックのカメラ部門にとって素晴らしいアピールになると思う。

毎年モデルチェンジするだけが能じゃない。ロングセラーになるようないいものを出してほしい。

コンパクト新機種大歓迎!
動画用にボディ手振れ補正あるとありがたい

GM5の時代にドローンやアクションカメラはありませんでした。自撮り棒も普及していなかった気がします。
ほんの数年ですが、世界は想像以上に変わっています。徹底的な小型軽量化に、今は明確かつ大きなニーズがある。
追いついて来た時代にふさわしい新機種が出て欲しいですね。

GMシリーズのようにコストをかけた造りはできないでしょうから、
適度な落とし所を見極めた小型軽量機を期待します。

今もGMをサブ機として使っています。
GMの後継機と聞いて、まさか出るとは思っていなかったので とてもワクワクしてきました。楽しみです!

GM並みの高級感のあるタイプなら嬉しいけど、レンズとのセット売りだけというのは止めて欲しい。

カメラ本体のみでの販売もやって欲しい。

超小型で動画もそこそこいける

スマホ用ジンバルでも使えるくらい
…はさすがに現実的ではなくて無理か。

GFサイズでしょうかね。
ファインダーと手ぶれ補正がついたら絶対買います。
手ぶれ補正はない可能性が高いでしょうけど、簡易でもいいのでつけてほしいです。

シャッターユニットやフラッシュ同調速度等がGM・GFより改善されていればほしいです。

Qユーザーです。初代Qも晩夏発売でしたね。GM買い損ねたので期待します。小ささは正義!

KEIさんのおっしゃる通り、GX880は欧州でのGF10の名前ですね。
昨今のカメラサイズから見ればウルトラコンパクトですけど、GMに比べると一回り大きい。
両方使ってますが、使い勝手やAF速度などGF10の方がやはり便利です。
GMだとその小ささに見合うレンズが少ないのも課題かな。ちょっと質の良いレンズをつけようとすると、GF10で支障が無いサイズになっちゃうので…。

シグマのfpのように、合体コンセプトで超小型な本体出してくれると面白いんですけどね。
アクションカムや、ドローン搭載用などに新たな市場がありそうなので、GMの再始動には期待したいです。

GM並みのコンパクトさにソニーセンサー積んで欲しいんですよね。

GF7買い替えでfpが出てきておぉ!と思いましたが、GX880がGF10と別の物なら面白いですね。
GM1の焼き直し、シャッタースピードの高速化や液晶のチルトなどができ連写のバッファが上がれば買います。
GF10だと、少々買い直す気が引けてしまうので、もう少しパンチのある小さな中級機?をよろしくお願いしたいところ。
(ファインダーや手ブレはGXで良いのかなとも)

少々厳しい意見かもしれませんが、メイン機となりうるコンパクトサイズだからこそ
EVFは少しでも大きく高精細ななものを期待します。GM5はEVFだけがとても残念な
仕様だったものですから。

GMは電子シャッター時の歪みとか無理してるところもありつつ
それも愛嬌かなと思うようにしていましたが
新機種ではそういった所もブラッシュアップしてくれると嬉しいですね。

ドローン用はどうなんでしょうね?
DJIがプロ機とはいえm4/3マウントの機種を出してるし
そっちの方がスマートな気もします。

いよいよGMの後継なら非常に楽しみですが、はたして‥。
GM1同等のデザイン&質感&大きさなら、EVFも不要、センサーを
最新にするだけでも買いますよー。>パナさん

私も 「いつかGM」 と思っていたら、シリーズがなくなってしまい、残念に思っていました。

CP+でパナの方にGM後継の話をしても、複数の方が「GM(の内部構造)はGF7に受け継がれた。GM後継はない」と、辛そうに言われていました。

超小型を復活させるには、
・高級志向
・拡張性
ではないか、という話もしたことがあります。
この噂には期待します。

念のため補足ですが、

パナの方に「GM後継はない」と言われたのは、去年のCP+です。

超小型を復活させるには、
・高級志向
・拡張性
ではないか、と言ったのは私であって、パナの方ではないです。

個人的に思うことですが、GFシリーズがGMシリーズを置き換えるために必要なのは、大きさや性能よりも「質感」の問題なんだと思います。

上の方にも書かれていらっしゃる方がいますが、GMサイズのボディが生きるのは、沈胴ズームと14mm/F2.5を付けたときぐらいで、20mm/F1.7を付けた場合ですらレンズの方が大きく操作性が阻害されますので、現在のGFシリーズのサイズ感は間違っていないように思います。

また「性能(拡張性含)」「高級感」についてですが、既にパナにはフラッグシップのG9系列があり、動画系列のGH5があり、中級性能のG99/GX7MK3が存在していて、高級・高性能機(としてGM系を)出す場合、ヒットはしても既存の製品を喰うことになります。

GFシリーズは、パナMFTのボトムラインで、ユーザーの吸い上げに必要不可欠な廉価機種ですから、GFシリーズの「外装強化版+α(高画素センサー?)」のような形で、部品の共通化なども含めた双子モデルとしてしてコスト的にも、販売シェアも共有して貰ってはどうでしょうか?

手持ちのGM5が大分ガタが来ているので、正統後継機祈念。高感度特性が良くなって4k30p動画が撮れれば十分です。

値段は本体のみ10万を辛うじて切る位、でしょうね。形は今のままで全く問題無いので、表面処理、革の部分で差別化を図れば良いと思います。

現在持ち歩き用のコンデジがお亡くなりになったので、持ち歩き用のカメラを検索中です。
LX-100M2も候補ですが、チルトすらしないモニターは一寸悲しい。
発表になったばかりのG5XM2が急浮上していますが、このカメラがGMの後継機であれば候補のNo1になりそうです。

今でもGM1に15F1.7を付けっぱなしにして時々持ち歩いてます。

この組合せは小さいけどちょっと厚みが…

GM後継機と同時に沈胴式の単焦点orちょっと明るめのパンケーキも出してくれませんかね〜

GMのディスコンの理由に、欧米人にとっては「クレイジー」で操作不能なボディのサイズで「日本市場以外で売れ無かった」のが大きかったようなので、従来のGMと同サイズでのGMの復活は厳しい(=おおよそGF位のサイズは必要な)のかなと思います。


小さいの大好きさん

たぶん14mm/F2.5がお望みの小型単焦点パンケーキレンズになるかと。この組み合わせ以下の厚みはキツそうですね。

GMサイズで4K録画とボディ内手ブレ補正か動画時の電子手ブレ補正か、手持ちでの動画手ブレ補正をもう少し何とかなれば。
後USB充電というか、USB給電。
モバイルバッテリーから給電しながら取り続けられれば。

GMは小さすぎて、GFくらいが妥当というのは、多くの場面で確かにそうだと思います。

”拡張性”と書いたのは、GMの本体をパーツと捉えるということです。
例えば外付けのグリップがあれば、GFサイズにもなれます。
小さいから拡張性=自由度が高いということです。

4の3さん

そういうカメラが「楽しい」というのには同意しますし、fpなどもそのコンセプトですよね?

ただMFTの先行きへの答としてパナはフルサイズ規格にも手を出したのだと思うので、G9系とGH5系を統合する話もあるようですし、MFT機は収斂していくことはあっても新規路線で拡充していくのはメーカー体力的にキツいのかなと。

コンポーネンツ方式だと、GM系だけのためのオプションを維持する必要も出ますし、アクションカム的な使い方も出来るようにする=古典的なカメラ的UIも無理に維持する必要は無くなり、メインコアはエンプラのキューブ体で良い・・・というとこまでやれば商品的活路も出るのでしょうけれど。


海外では現行のGFはGX三桁シリーズとして売られていて好評なようです。海外でGFとして売られていたのはGF7までで、GF9=GX850で、GF10=GX880(この記事の情報の機種)と予測されています。ちなみにGF10のサイズが107 x 65 x 33 mmで、GM5のサイズが99 x 60 x 36 mm(GM1は99 x 55 x 30 mm)で、この差をどう捉えるかですね。。。

質感の良くなった(金属外装?)GFと同サイズの機種が、各種性能が上がってGX二桁機として出るのであれば、僕はGMという名称とサイズに拘るつもりは無いです。

いちGM1/5ユーザーさん

でも何かm4/3の小さいのが出るという噂が出てきたわけですから・・・。
出るとするなら何か? と考えると、単なるGM後継機でなく、別の戦略を盛り込んでくるだろうと想像したくなりますよね。

コンポーネンツ方式 (と呼ぶのですね) なら、色々な新提案をする余地があって楽しそうです。
fpが発表になったのはタイミングが悪かったかもしれませんが。


金属外装のGFは私も欲しいです(私のGF9シルバーはかっこいいですが、使い込んでも味はでてきません(笑)。
この要望はCP+でパナの方に伝えました。

あと、私はキュービックなカメラ(本体)にも期待しています。

かっこいいだけでなく、可愛いシステムも展開できると思います。

4の3さん

ええと、前の方にも書かれている方も居ますし、僕も書いていますが、この記事のGX880はGF10の事です。海外ではGF9=GX850が最新販売機種ですので。
https://www.panasonic.com/uk/consumer/cameras-camcorders/lumix-mirrorless-cameras/lumix-g-cameras/dc-gx880k.html

ですので、余程のことがない限り、この記事の内容はGF10の海外発売についてです。

ただGF10=GX880が既定路線であれば、GM的満足感の得られる派生機種(GX二桁機?)が実際に販売される可能性は?という考察で、拡張性のあるシステムで、さらにGM的(スタンダードなカメラ的)な機種実現性は低いのでは無いかと考えています。

ちなみに、そういうタイプの夢のあるカメラが欲しいという要望に関しては否定していません。fpのように1から始められれば可能性はあるので、そうなると(オプションとの組み合わせで本体価格よりもさらに高価格化してしまうこと含め)新機軸の機種になるのかなと思います。

いちGM1/5ユーザーさん

GX880=GF10
であることは理解しました。

ただ、GF10はとっくに海外でも発売済みですよね。
ご紹介いただいたリンク先のイギリスでは、GX880の名前で今回初めて登場したということなのでしょうか?
今更なタイミングですが。

私は、
「新しい極小GX880が出る」
という噂は、
「GX880の小型版のような新規なカメラ」
という意味だと理解してしまいました。

でも、うわさを理詰めで解釈しようとして、がっかりすることがよくあるので、このくらいにしておきたいと思います。


とりあえず、(この噂とは関係なくとも) 金属外装のGFを期待しているパナユーザーが私だけではないことを知れてよかったです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年7月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマがLマウントレンズのロードマップを更新」です。

次のブログ記事は「SIGMA fpのセンサーはソニー製、販売価格は出血大サービスかもしれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る