ヨドバシカメラの6月下期の売れ筋ランキングではニコンZ6が引き続きトップ

CAPA CAMERA WEBに、ヨドバシカメラの6月下期のレンズ交換式デジタルカメラの売れ筋ベストテンが掲載されています。

130万円超1億200万画素のカメラが5位に登場!! 首位はZ 6が堅持

  • データ集計期間 2019年6月16日~6月30日

    - 第1位 ニコン Z6 24-70+FTZマウントアダプターキット
    - 第2位 ソニー α7Ⅲボディ
    - 第3位 ソニー α7Ⅲレンズキット
    - 第4位 ソニー α7RⅢボディ
    - 第5位 FUJIFILM GFX100
    - 第6位 ソニー α6400ダブルズームレンズキット
    - 第7位 ニコン D850
    - 第8位 キヤノン EOS R
    - 第9位 ニコン D5600 ダブルズームキット
    - 第10位 ソニー α6400 高倍率ズームレンズキット
  • 首位には6月上期から連続で、ニコンのフルサイズ・ミラーレス一眼Z6レンズ&マウントアダプターキットが立った。キャンペーン効果継続中だ。
  • ビックリしたのは5位にFUJIFILM GFX100がランクインしたこと。1億200万画素という高画素中判ミラーレス機だが、ヨドバシカメラでの販売価格は税込132万3000円(2019年7月5日調べ)。100万円超のカメラが売行きベストテンにランクインするなんて、さすがはカメラ&写真ファンが集う専門店ならではだ。
  • 2位、3位、4位はソニーのフルサイズ機α7シリーズ。APS-C機α6400も6位と10位に入っており、ソニーの強さは変わらない。

 

ニコンZ6は、これまで購入を迷っていた方が、キャッシュバックで一気に動いたのかもしれませんね。D850も引き続き良く売れているようです。

ソニーは今月も非常に強く、フルサイズ機だけでなく、APS-Cのα6400もとても良く売れているようです。富士フイルムは、100万円以上もするGFX100が、5位にランキングされるとは驚きで、1億画素のセンサーを待っていた方が多かったのでしょうか。

キヤノンは、EOS Rがそこそこ売れているようですが、ヨドバシのランキングでは今ひとつ元気がありませんね。

2019年7月 8日 | コメント(8)

コメント(8)

GFX100の5位にはびっくりです。

自分もZ6買いましたが、ニコンのキャッシュバックに加えてヨドバシのポイント還元が効いたんですかね(Z6のレンズキットだとポイントがちょうど満額受け取れる)
GFXは一億画素ありつつ連写や手ブレ補正、AFのバランス等が良いからですかね
PVの手ブレ補正の効き具合とかトリミング耐性を見ると欲しくなります(買えないけど)

台数ベースでGFX100の5位は考えにくいので、これは金額ベースなんでしょうね

売行きランキングとあることから、台数ベースで集計した順位だと思います。
GFX100のランクインは驚きましたが、ヨドバシには購買力のある顧客が多くついていることを示唆するデータと言えるかもしれませんね。また、最近は量販店で機材を調達するプロも一定数あるようなので、そうした需要を取り込んだ影響もあるかもしれませんません。

少し買い控えしないと嫁から三行半つきつけられるかも・・・と自覚してるマニア層だと自己分析してたのですが・・・・・

まだまだ青かったです。ベスト5にGFX100が来るとは!
愛好家諸兄の行動に脱帽です!
なお、ヨドバシ店頭でGFX触らせてもらいましたが、写真で見るよりずっと高級感あるボディ、かつ軽量に感じ、驚きました。

ニコンが元気なのは嬉しい限り

GFXの5位に驚き!
必要ありの発売の結果ですね!

高価なカメラがランクインしていることは驚きですが、ウチの近所のヨドではカメラ売り場が著しく縮小されています。心配です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年7月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2018年のデジタルカメラ市場は22%減、上位5社のシェアは85.2%」です。

次のブログ記事は「OM-D E-M5 Mark III のセンサーはE-M1 Mark IIと同じもの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る