OM-D E-M5 Mark III のセンサーはE-M1 Mark IIと同じもの?

43rumors に、オリンパスE-M5 Mark III のセンサーに関する噂が掲載さています。

(FT3) Olympus E-M5III uses same E-M1II sensor

  • まだ100%の確証は無いが、新型機のE-M5 Mark III には、121点クロスタイプの位相差ピクセルの付いたE-M1 Mark II と同じセンサーが採用されると聞いている。

    それでも、新しい画像処理エンジンによって、画質とAF性能はE-M1 Mark II よりも改善すると予想している。

 

E-M5 Mark III に新型センサーを期待する声はかなり多いようですが、E-M1 Mark II と同じセンサーが採用される可能性が高いようです(まだ確定ではありませんが)。

とは言え、これで、E-M5シリーズにも待望の像面位相差AFが採用されることになりますね。

2019年7月 9日 | コメント(13)

コメント(13)

おそらく121点の位相差センサーと画素数の情報を得てE-M1 Mark IIと同じセンサーという予想を立ててるのだろうと思いますが、E-M1 Mark IIは読み出しの速い(ローリング歪の少ない)センサーを使ってますのでそこで差をつける可能性がある気もします。
(実際パナソニックG9とG99は同じ画素数ながら読み出し速度が違う別センサーです)

いずれにしても像面位相差の採用は個人的には歓迎したいニュースです。

私としては大歓迎です。
E-M1 markIIが発売されてからすでに二年半が経過してます。
そろそろ下位機種に降りてきても良い頃合いだと思います。
センサー同じでも、小型化や操作性でE-M1 markIIやE-M1Xと差別化は出来ると思います。
ただ、お値段がどうなるのかが心配です。

いろいろ期待はあろうかと思いますが、正常進化させつつコストを押さえる意味では悪くないと思います。

E-M1X後のE-M1mk2のように、ファームアップで実用性が飛躍的にアップさせることも可能なので、そのためのメモリやバッファの拡張は用意しておいてほしい。

M5 シリーズにも像面位相差をぜひ!
楽しみに待っています!

差別化の為の新しいセンサーよりも上位機種から降りてくる位相差センサーの方が「現在のタイミング」では良いでしょう。
ただE-M1の売上げを食う面があるので価格を上げそうな気がします

私は大歓迎です。あとは手ぶれ補正の向上、レスポンスの速さの改善、プロキャプチャーの搭載を是非お願い致します。

堅実で良いと思います。
中級機に期待するのは程よい性能と程よい価格、E-M1mk2同等でより低価格ならサブ機として十分に魅力ですし、E-M10mk3等からのステップアップとしても。

像面位相差のニーズがこの機種のターゲットにあるかは判りませんが、個人的には付くと良いなと思います。

下剋上のオリンパスのことですからE-M1mk2があってもの出し惜しみはしないことを期待します!

戦略的な中級機として、オリンパスならではの下剋上をお願いしたいです。自社の上位機種ばかりに気を遣っていたら、一部のユーザーは他マウントへ流れてしまうでしょう。
銀塩OMのようなカクカクしたデザインにして、PEN-Fユーザーも広く取り入れられるような機種になれば嬉しいです。

そっちへ行くかという感じです。
悪くない方向ですが。
E-M1Xのカタログを見ながら待っています。
E-M1mk3の先行技術が楽しみです。

軽量の常用レンズも欲しいです。

E-M1 Mark IIと同じセンサーに加えて、E-M1X同様にGPSと最大約7.5段補正の手ぶれ補正機能が搭載されると非常に魅力的なカメラになると思います。
最大約7.5段補正の手ぶれ補正機能はセイコーエプソン社製の最新ジャイロセンサーを用いることで実現しているそうですので、E-M5 Mark IIIのコンパクトなボディでも問題なく搭載できそうです。ミラーレス機全般で非常に採用例の少ないGPSも、スマホと連携・操作せずカメラ単体でジオタグを挿入でき、便利な機能だと思います。

mark2でハイレゾが搭載され、他社もピクセルシフトに追随し始めたように、
何か新しいモノを試して欲しいですね。
で、ブラッシュアップさへたものがm1mk3に載る、と

個人的にはAF、AE、AWBの性能さえ上がってくれればいいです。
機能的には既に不満点無いので


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年7月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨドバシカメラの6月下期の売れ筋ランキングではニコンZ6が引き続きトップ」です。

次のブログ記事は「ソニーが7月17日にAPS-Cではない何らかの新型カメラを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る