リコーが「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」を正式発表

リコーが、Kマウントの魚眼ズーム「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」を正式に発表しました。

「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」を新発売

  • 株式会社リコー、リコーイメージング株式会社は、魚眼から超広角までを1本でカバーできる、デジタル一眼カメラ用交換ズームレンズ「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」を発売する。
  • 本製品は、現行の「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED(IF)」をベースに最新の高性能マルチコーティング"HDコーティング"を採用し、さらにレンズコーティング全体を再設計することで、逆光撮影時のゴーストやフレアーの発生を抑え、抜けの良い描写を実現。
  • 新たにフードを取り外し可能とすることで、「PENTAX K-1」「PENTAX K-1 Mark II」装着時にフードを外して撮影すると、円形に近い構図での魚眼撮影を楽しむことも可能。
  • 希望小売価格は7万8000円、発売日は2019年7月26日。

 

最近、画像がリークしていたリコーの新型魚眼ズームが正式に発表されました。新型は、光学系は変わっていないようですが、コーティングの見直しで画質の向上が期待できそうです。

また、フードが着脱式になったのは、K-1/K-1 Mark IIユーザーには嬉しい仕様変更ですね。なお、店頭価格は、最安値で6万750円(税込)となっています。

2019年7月 9日 | コメント(6)

コメント(6)

なるほど、フルサイズでは円周魚眼っぽく使えるわけですな。
望遠側で対角魚眼として使えれば完璧だけど、イメージサークル足りるかな?

K-1ユーザーの方は、フルサイズでどのくらいいけるのか興味がありそうですね。
私は最近はAPS-C派ですが、それでもHD化を含むリニューアルは十分嬉しいお知らせです。

K-1ユーザーさん、トキナーと共同開発のこのレンズですが
トキナーではフード外しの機能を取り入れて販売している様です、
なのでご心配のイメージサークル等の心配はないようですよ。

>リコーも言っていますが
フードを外して撮影すると、円形に近い構図での魚眼撮影を楽しむことも可能。

とありますから、大丈夫なんでしょう。

出ましたね。
スペシャルサイトも立ち上がっていますし、気合いが入っていますね。
11-18mm F2.8★、このレンズ、それにロードマップにあるフルサイズ用の広角大口径と超広角の単焦点、広角側に力が入って来たのは広角好きには嬉しい限りです。

smcのDA10-17をK-1iiで使っています。
現行のは解像性能が物足りない(DA 18-55といい勝負)です。
改善されるといいのですが光学設計がそのままだとあまり期待できないですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2019年7月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが7月17日にAPS-Cではない何らかの新型カメラを発表?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが2022年をめどにコンシューマー向けの8Kデジタルカメラを投入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る