富士フイルムが「XF16-80mmF4 R OIS WR」と「GF50mmF3.5 R LM WR」を正式発表

富士フイルムが、Xシリーズの標準ズーム「XF16-80mmF4 R OIS WR」と、GFX用の準広角単焦点レンズ「GF50mmF3.5 R LM WR」を正式に発表しました。

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR

  • 12群16枚のレンズ構成を採用。非球面レンズ3枚により、球面収差と像面湾曲を効果的に抑制。手ブレ補正レンズをED非球面レンズにすることで、手ブレ補正による収差の変動を抑え、画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮。
  • 最短撮影距離35cm(ズーム全域)・最大撮影倍率0.25倍を実現。
  • デジタルカメラ用交換レンズとして世界最高となるCIPA準拠6.0段分の強力な手ブレ補正機能を搭載。
  • 質量440g・全長88.9mmのコンパクト設計。
  • インナーフォーカス方式を採用。小型軽量なフォーカスレンズを、静粛性と制御性に優れるステッピングモーターで駆動させることで、高速かつ静かなAFを実現。
  • 鏡筒の10ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 希望小売価格は10万5000円(税別)、発売時期は2019年9月下旬。

フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR

  • 非球面レンズ1枚を含む6群9枚のレンズ構成により、球面収差やディストーションを抑制。圧倒的な解像力と豊かな階調を実現。
  • 質量335g、全長48mm、最大径Φ84mmのコンパクト設計を採用。
  • 小型軽量なフォーカスレンズをリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、高速かつ静音で高精度なAFを実現。
  • 鏡筒の10ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 希望小売価格は13万8500円(税別)、発売時期は2019年9月下旬。

 

XF16-80mmF4の手ブレ補正は、レンズ単体で6段分とは、すごい効果ですね。全域で35cmまで寄れる近接性能も魅力的で、人気のレンズになりそうです。なお、店頭価格は、最安値で約9万2000円(税込)となっています。

GF50mmF3.5は中判用レンズとしては小型軽量で、価格もGFレンズとしては抑えられているので、気軽に撮影を楽しめそうですね。店頭価格は12万1000円(税込)となっています。

2019年7月18日 | コメント(13)

コメント(13)

やっと来ましたね。
16-80のサンプル3枚目を見るに、ボケも綺麗ですね。
MTFはズームレンズなりといった感じですが。
最大撮影倍率は0.06(ワイ端)〜0.25(テレ端)ですね。XF16-55f2.8よりは寄れて、XF18-55f2.8-4とほぼ同じでしょうか。
前評判ほど寄れるわけではなくて残念ですね。。

写りしだいではありますが、軽量コンパクトで防塵防滴なこと、絞り値が記載されてることと、手ぶれ補正が6段もついてることは訴求力ありそうです。

ズーム全域で最短35cmなのですね。
手持ちXC15-45mmも並行して使用しますが、
コンパクトで換算120mmのズームは魅力です。
メーカーサイトのフセイン・アルダーマン氏のPRO2とのセッテイングを見て、秋に発売される予定のPRO3を頑張って?ゲットして
使用したくなりました。

お世辞にも早いとは言えないXF18-135mmのAF速度と比べてどのくらい早くなっているのか気になります。
XF16-55mmと互角かそれに近いAF速度だと分かったら即予約します。

ようやくの正式発表でした。ズームは18〜55・18〜135を使用してますが。16〜80は他社では見受けられるものの、フジでは初めてでしょう。メインになり得るかどうか。とりあえず予約済ませました。その代わりXPro-3は当分は先延ばしになりそうです。(苦笑)

サラッと6段入れてきましたね…富士はレンズボディ共手振れ補正付きが少なかったところですが、GFX100といい最近は技術を高めてきたのでしょうか。pro3やT4に期待が高まりますね。

16-80の最短は全域で35cmでしたね。
発売日が9月下旬とのことで、増税前ギリギリ、予約は確定ですね!
光学性能にも拘りがありそうなので、どんな写りをするのか楽しみです!

うーん。10-24と18-55を持っている身としては、価格を考えるとすぐに飛びつくわけにはいかないですね。

手ぶれ補正6段ですか。。広角~中望遠はLX100M2に任せたつもりが、75mmだと公園で遊ぶ3歳児撮るにはちょっと足りず、デジタルズームで妥協してるんですが、やっぱり妥協したくないのでコレ買っちゃいそうです。。
レンズはLX100M2の方が明るいですが、手ぶれ補正の力借りてSS落とせば動体でなければこっちの方が暗所に強そうですし。。

f値固定は嬉しいけどf4だとちょっとワイド端が寂しいですね。
フルサイズのf4とはまた事情が違うだろうし。
18-55mm がf2.8-4なのを考えるとこれも2.8始まりだったら良かったのにな。

際限なくお金をカメラに使えるわけでもない、富士ユーザーとして。画質とF値優先の赤バッジ16-55/2.8を使いつづけ手ブレ補正の内臓されたボディの追加に投資するか?それとも、赤バッジレンズの広角域はカバーしF4通し手ブレ補正の新レンズを買うか?そのあたりのどちらを選択枝にするかの迷いどころです。中途半端な選択もしたくないし〜

レンズ側で6段のOISって他メーカーにありましたっけ?レビュー出揃って光学的にも優秀なら、増税前にゲットしたいです!

昼間、量販店でフジの販売スタッフに聞いた話です。

①LM(リニアモーター)仕様でないがその影響は?
 動画を注視する人にとってはちょっと残念な結果かも^^;

②発売時期は?
 85%の確率で9月25~26日
 15%の確率で9月17~18日 のようで
 8月末から9月上旬には発売時期が確定するようです。
 個人的には海外旅行に行くので9/17であってほしい♪

以上、あくまで参考程度に・・・

両レンズともに
9月26日(木)発売で確定ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年7月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの2019年12月期は前期比で4割減益」です。

次のブログ記事は「キヤノンの次世代の一眼レフにはボディ内手ブレ補正が搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る