Blackmagic DesignがEFマウントの6K対応ポケットシネマカメラ「BMPCC6K」を発表

Blackmagic Designが、EFマウントを採用したSuper35センサーのシネマカメラを発表しました。

Blackmagic Design unveils the Pocket Cinema Camera 6K (DPR)

  • Blackmagic Designが、Super35センサーを採用したEFマウントのシネマカメラ「ポケットシネマカメラ6K(BMPCC6K)」を発表した。
  • センサーはデュアルネイティブISO(ISO400と25600)対応の23.10 x 12.99mmのSuper35で、解像度は6144x3456ピクセルで、ダイナミックレンジは13段分だ。フォーマットは10-bit ProRes かBlackmagic RAWフォーマット。
  • 16:9の6144x3456で50fps、2.4:1の6144 x 2560で60fpsの録画が可能だ。2.8Kの2868 x 1512で120fpsのハイフレームレートも用意されている。
  • EFレンズはAFと絞りのコントロールが可能で、手ブレ補正にも対応している。価格は2495USドル(※日本では税別28万3000円)。

blackmagic_bmpcc6k_001.jpg

BMPCC6Kのデザインは、現行のm4/3マウントのポケットシネマカメラとほとんど変わっていませんが、新型はEFマウントを採用したSuper35センサーの6Kカメラへと内容は大きく変わっているようです。

価格は30万円を切っていて、6K60fpsで録画可能なSuper35のシネマカメラとしてはリーズナブルですね。

なお、スペックの詳細は、公式サイトのスペックリストを参照してください。

2019年8月 9日 | コメント(7)

コメント(7)

本当に素晴らしいですね……ケージの転用は可能でしょうか?
brawでは6Kクロップ1.5倍みたいなので
EFの広角レンズが必要になりそうです

6K 60fps とは凄いな
一般人が使える時代になってきたのか、幸せな話だ
個人的には 48fps が使えるのかどうか気になる
48fpsはハリウッドでも使われ始めてるらしいし対応していてほしい

Blackmagic Design だけは、他社はガン無視で「我が道を行く」という感じですね(笑)。このスゴさを理解出来るマニアにとっては非常にリーズナブルな価格と言えますよね。4~5年前だったらこの性能に匹敵するカメラを買うとすれば、複数の札束を用意しないと手にできなかったですよね。さて、パナのGH6はどんなスペックに化けるのかも楽しみになりましたね。

空冷ファンで熱問題をクリアしているからこそ
あのサイズで6k60pが可能なんですね

2.8K(2868 x 1512)で120fpsのハイフレームレート撮影がとても魅力的ですね
気になるのは高感度時のノイズ感でしょうか

あとは、無いとわかっていてもこれがEマウントならおそらく即決だったなぁと
Eマウントならアダプターでいろんなレンズが使えますし、どうせマニュアルで撮るので良いと思うんですよね

どうせなら、MFTのままでEFアダプター同梱が良かったかも。
MFTでもSuper 35カバーするレンズそこそこあるし、
実際JVCのGY-LS300CHはSuper 35のMFTだし。
(バリアブルスキャンマッピングがあるからなんだけど。)

強度とか考えるとEFにしたのは判らなくはないですけど。
それでも、ミラーレス系のマウントの方がレンズの選択枝が多くなるからね。

USB-C 3.1はGEN1のままみたいですね。

M43 では 8K を見据えると無理があったのでしょうか。マウントに責任がない分身軽ではありますねえ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2019年8月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムの2019年4~6月期は48%減益でカメラ事業は15%減収」です。

次のブログ記事は「ソニーが8月の終わりに2機種のAPS-C Eマウントカメラを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る