ライカが未発表カメラ「2998」(SL2?)を登録

軒下デジカメ情報局で、ライカの未発表カメラの登録情報が紹介されています。またLEICA RUMORSが、この新型カメラについてコメントしています。

軒下デジカメ情報局

  • ライカの未発表デジタルスチルカメラ「2998」が台湾NCCにも登録。Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)とBluetooth4.2を搭載。新型ACアダプター「ACA-DC17」や新型レリーズケーブル「RC-SCL6」に対応。

leica_2998_001.jpg

The recently registered Leica 2998 camera will have a new AC adapter

  • (アップデート)リモートケーブルRC-SCL4は、現行のLEICA SL Typ601用なので、「RC-SCL6」を使用する「2998」はLEICA SL2の可能性が非常に高い。

 

ライカが新たに登録したデジタルカメラ「2998」は、以前から噂が流れていた「SL2」の可能性が高そうですね。

なお、以前の噂では「SL2」は47MPの高画素センサーを採用し、発表は9月24日と言われていました。また、新しいLマウントレンズのロードマップの同時発表も噂されています。

2019年9月 6日 | コメント(6)

コメント(6)

"新しいLマウントレンズのロードマップ"楽しみです。

Lマウントレンズのラインナップ拡充も計画されているのですね、
新開発のNOCTILUXが登場しNoctNIKKORに対抗したりすれば業界全体が盛り上がるのではと期待します。

SL2の発売を心待ちにしています。
心配な点はボディない手ブレ補正の有無ですね、
手持ちのSレンズを是非手ブレ補正付きで使いたいです。

いよいよでしょうか、楽しみです。
EVFのタイムラグの短縮を期待しています。

ボディ内手ブレ補正ありなら即買いの予定です。
さすがにもう積んでくるだろうけども

正直4000万画素も要らないけど…

初代は十分楽しませてもらったので、買い替え予定です。
ボディ内手ぶれ補正機能の追加は是非お願いしたいところです。画素数はどうでもいいのですが、シャドー部の粘りがライカモノクロームみたいな感じで出たらうれしいなあ


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンZマウントの2020年~2021年のSレンズのロードマップ」です。

次のブログ記事は「キヤノンがRFマウントのプロ用機を2021年に投入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る