シグマレンズのXマウント用は諸般の事情もあって難しそう

写真家の田中希美男氏が、シグマのAPS-Cレンズの対応マウントに関するツィートをしています。

田中希美男@thisistanaka

  • 16mmF1.4、30mmF1.4、56mmF1.4 はすでにSONY用、OLYMPUS用として発売されていますが、それをEF-Sマウント(※別のツィートでEF-Mに訂正されています)に仕立てたものです。残るはフジのXFマウントですが、諸般の事情もあってこれは難しそう。

 

シグマのAPS-CレンズのXマウント版の要望は結構多いようですが、「諸般の事情で難しそう」と述べられているので、現時点では可能性は低いのでしょうか。

「諸般の事情」が、どのような理由なのか気になるところですが、単純に、EマウントやEF-Mマウントに比べてボディの台数が少ないので本数が出ないと判断したということなら、今後のXマウント機の売れ行き次第で、Xマウント版レンズの登場も期待できそうですね。

2019年10月 6日 | コメント(22)

コメント(22)

SIGMAの17-70と35mmF1,4を持っていて、マウントアダプターFringer FX10を経由してT3やT30で使っています。AFの迷いが多いのはアダプター側の問題だとして、色合いが不自然な感じに写ります。ボディ側で盛大な補正を行なっていて、純正レンズ以外ではそのあたりの対応が難しいのではと推測してますが、どうなのでしょう…このアダプターでキヤノン純正レンズを使ってもやはり色合いは不自然ですし。

Xマウントのシェアの大小だけでなく、フジは単焦点が充実していますし、フジのレンズに惚れ込んだ人も多そうですから、数がどれくらい出るかの見通しが芳しくないのでしょうかね。
むしろ単焦点より、フジのラインアップで手薄な望遠や高倍率が出た方がいいと思います。

絞りリングは純正XCレンズも付いてないので、絞りリングの問題では無いですよね
シェアの問題か、富士フイルムが何か規制をかけてるか、ですかね…

以前フジの営業にサード製レンズは出ないのかと聞いたところ、上層部や開発者がいい顔をしないから出ないんだと言ってました。
なので技術的な問題というよりもフジが可能な限り自社レンズのみをユーザーに使った欲しいという思惑なのではないでしょうか。

前にシグマは、Xマウント機はフジのレンズを使いたい人が多いからみたいな感じで言っていた記憶があります。

以前フジ公式のレンズラインナップ表にツァイスのTouitも入ってましたが、なんらかフジ側のサポートも必要なのかもしれませんね。
なんだかんだでフジ独力でレンズ揃ってきてますし、シグマだけでなく他のサードパーティも参入障壁高そうです。
ユーザーからすると選択肢が増えたほうがありがたいですけどねぇ。

XFまたはXFCのOEMを受けてるから?

AFに関して技術的な問題はあり得そうですが、やはりフジの単焦点のラインナップが問題ではないでしょうか?他社と比べて軽量コンパクトなF1.4のレンズと安価で写りの良いF2~F2.8のレンズがありますし。等倍マクロや望遠といった部分は少し弱いですが、性能、価格、大きさを見てもシグマの入る余地が少ないと思います。シグマが出すとしたら、性能を超えるか匹敵しつつも価格は抑えなければならないので利益的に難しいと思います。

難しそうという話しは何度か耳にしていましたが、本当に残念です。

管理人さんの最後の文章に関係しますが、今後の売れ行きを左右するのがサードパーティー参入だと思うのですが…。
手振れ補正付きの17-50mm f2.8や、18-35mm&50-100mm f1.8、ライトバズーカ、便利ズームなど、ズームレンズでは特徴的で高性能なレンズが揃っています。
これらは純正では出ないと思うので、ぜひ出してほしいです。

その一方でネガもあります。自分はfringerアダプターで18-35を使っていますが、フジの色は出せません。薄い色合いになります。しかし解像度は非常に良いです。
正直自分のような、よっぽどの金欠さんしかサードパーティーは使わないと思います。
長文駄文&どっちつかずの文、失礼しました。

コメントを拝見すると、fingerアダプタでの色が違うっていうところを見ると、富士機の独特のフィルムシュミレーションの色はレンズ自体の発色特性込みで作っているんでしょうね。
印刷仕上がりは嫌いじゃないですが、撮影時ィルムシュミレーションでのEVFの発色が個人的にはちょとX

技術的な問題というよりは相手との関係で判断しているように思いました。
フジがダメで他社がOKというのはサードパーティ品への態度やOEM関係の有無に思えます。

例えばキヤノンは、最近出たEOSRの社外レンズへの対応が寛容で排除しようという態度ではありませんでした。
また信号がEF以来シリアル通信の平文なのでプロトコル開示を受ける必要がないという部分もあります。

諸問題ではなく諸事情と書くあたり、機械的な話ではなく、しがらみ的な話なのでしょうかね。

シェアの割に自社レンズを頑張っているので、レンズを買ってもらわないとお金が回らないんじゃないでしょうか。

富士は純正アクセサリーでMマウントアダプターを出していますし
他社レンズを排除とか純正レンズじゃないと色が出ない
というのではないんじゃないかとは思いますが
こだわりを重視しているメーカーなので、独自の基準があるのですかね?

Zeissなどサードパーティー製レンズが皆無では無いので、どんな事情なのか気になりますね。

出れば面白そうなんですけど…

数々のXマウント機で、マウントアダプターを使用してニコンFマウントレンズやM42のオールドレンズなど使用しています。また、Fマウント用のアダプターではSIGMAのレンズも使用しています。
その結果から言えば、別にサードパーティー製のレンズでもFUJIFILMの色は出ますよ。
もちろん、各レンズ固有の特性的な発色の差はありますが、間違いなくFUJIFILMの色です。

サードパーティー製のレンズが出ないのは、FUJIFILMが望んでおらず情報の開示をしていないことと、シェアや純正レンズとの競争を考えると利益率が厳しいことが大きいのではないでしょうか。

いつも率直な山木社長が海外のインタビューあたりで言及してくださいますように。そうして頂けたらユーザーのもやもや感も少し晴れそうです。

フジのショールームへ行くと、サードパーティーレンズには寛容な様に見えるのですが…(ツァイスや7artisans、各種マウントアダプター等が置いてあるので…)
確かに純正レンズの写りは非常に良いと思いますが、シグマの性格が尖ったようなレンズもフジで使ってみたかったので残念です。

16mmF1.4、30mmF1.4、56mmF1.4はそれぞれ純正のXF16mmF1.4,XF35mmF1.4,XF56mmF1.2と競合しますね(値段は違うでしょうが)。
そのため数が出にくいというシグマの判断なのかもしれませんし、フジの方が嫌がっているのかもしれませんね。

自分もマウントアダプター経由でEFやArtを使ってますが、発色に関して変に感じた記憶は無いです?
中華レンズメーカーでもXマウントは出ているので、技術的な問題ではないと思います。
もっと大人の事情ではないでしょうか?

只、一言残念でなりません。

Xユーザーのためにも寛容な対応を望みます。
シグマ他なら望遠レンズ55-300mm 高倍率16-400mmなど、比較的リーズナブルな価格を期待できそうに感じます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが認証機関に未発表カメラ「6376」を登録」です。

次のブログ記事は「ライカがインスタグラムにSL2の画像を掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る