EOS Kiss X3の描写は良好だがKiss X2との差はとてもわずか

dpreviewにEOS 500D (Kiss X3)のレビューが掲載されています。

Canon EOS 500D (Digital Rebel T1i / Kiss X3 Digital) Review June 2009, by Lars Rehm and Richard Butler

  • 最低感度ではクリーンでディテールに富んだ描写で色再現も自然。しかし、1500万画素を活かすにはよいレンズに投資する必要がある。キットレンズは周辺部の描写が苦しい。解像力やディテールの描写は良好だが、KissX2との差はとてもわずか
  • 感度はISO1600までは完全に実用的でディテールも良好。しかし、D5000と比べるとより色ノイズが多い。ISO3200ではソフトな描写になり、それより上の感度は非常用。高感度性能は優れているが、このクラスでベストではない
  • HD動画のクオリティは良好だが、音声は画像ほどクオリティがよくない。コントラストAFは、ほとんどの撮影状況でとても遅いが、これは多くのライバルも同じ
  • RAWでの撮影ではライバルに比べてノイズが目立ち、画像を補正する際のマージンが少ない。JPEGエンジンが優秀なため、RAWでの画質は若干印象が悪く、高感度ノイズやピクセルレベルのディテール描写でライバルやKissX2にさえ遅れをとっている
  • 露出は、明るくコントラストの強い場所ではオーバーになる傾向がある。人工光下ではオートホワイトバランスは信頼できない
  • あなたがKiss X2か最近のエントリーモデルを所有しているなら、画質の観点からは必ずしも買い換える必要はない。しかし、HD動画や高解像度モニタ、高感度の拡張などの機能はお金を出すための理由になるだろう

 

DIGIC4になってから、JPEGの画質のソフトさを指摘するレビューはしばしば目にしますが、このレビューのように逆にRAWのクオリティの問題を指摘するのはとても珍しいですね。

高感度はCAMERA LABSのレビューでもD5000のほうが優秀という結果が出ていて、この点に関しては画素数の少ないセンサーを採用したニコンにアドバンテージがあるようです。

2009年6月 9日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年6月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Kiss F後継機は6月中に発表される?」です。

次のブログ記事は「パナソニック LUMIX G VARIO 7-14mm F4は良い意味で完璧な描写」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る