AF-S DX 18-105mm F3.5-5.6G VRは絞り開放から驚くほどの解像力

LensTip.comにニコン AF-S18-105mm F3.5-5.6G ED VRのレビューが掲載されています。

Nikon Nikkor AF-S DX 18-105 mm f/3.5-5.6G ED VR lens review

  • 中央部の解像力は絞り開放から47lpmmの驚くべき値で、拍手喝采を受けるに十分。75-105mmのズーム域では若干解像力が落ちるが、それでも大変に素晴らしい値
  • 周辺部の解像力も驚くべき値で、18-105mmは18-135mmのように周辺部が弱いレンズだと思っていたが、心から認められる性能。75-105mm開放では若干解像力が落ちるが、ごくわずかだ。その他のすべての焦点域では傑出した信じられないほどの値
  • 色収差は広角側で0.12-0.13%と高いレベルで、絞ってもよくならない。70-105mmでは開放付近では色収差は少ないが絞ると0.11-0.12まで大きくなる
  • 歪曲は18mmでは5.0%のタル型で、大変に目立つ。望遠側にズームすると急速に歪曲は減り、35mmでは1.44%のタル型。望遠側では70mmで1.97%、105mmで1.92%の糸巻き型
  • 周辺光量落ちは、ニコンのズームレンズの大きな問題だがこのレンズも例外ではない。18mm開放で43%(-1.62EV)だが、1段絞れば23%まで改善する。35mm開放では、35%(-1.25EV)、70mm開放では43%(-1.6EV)、105mm開放では最も悪い結果で52%(-2.1EV)
  • ゴーストやフレアはどの焦点域でも目立つが、価格を考えれば認められるレベル。AFは正確で外したのはわずか2%。AFは静かだが、それほど高速ではない
  • キットレンズの中では驚くべき性能で、D80/D90またはD40/D40x/D60用の万能のレンズが欲しいすべてのアマチュアフォトグラファーに推薦できる

 

最新のデジタル専用レンズらしく、解像力は中央・周辺とも絞り開放から非常に高い値になっています。ただ、歪曲が非常に大きく、周辺光量落ちがズーム全域で大きめなので被写体によっては使いにくい場面もあるかもしれませんね。とはいえ、価格を考えれば文句なしの高性能レンズと言っていいと思います。

2009年7月10日 | コメント(3)

コメント(3)

これはまた楽しみですね!18-135mmよりも解像度が
高いのであれば、また欲しくなるぅ。管理人さんプレゼントしてぇ

もう既に発売されていたレンズでしたね。キットレンズでこれだけ優秀とは、ニコンもやりますねぇ。私なんかはこの1本だけで十分でしょうが、やっぱり他のレンズも欲しくなっちゃいます笑

soulさん
コメントありがとうございます。
 
18-105VRは安価な標準ズームレンズとしては素晴らしい性能ですね。キヤノンユーザーとしては羨ましいです。交換レンズは写真をやっていると、それほど必要がなくてもどんどん増えていってしまいますよね(笑)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-P1の発売1週目の販売台数シェアは19.3%で第2位」です。

次のブログ記事は「キヤノンがEF400mm F4.5L ISを開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る