オリンパスがコダックの新型"PMOS"センサーを採用する?

Photography Bayにコダックの新型センサーに関する噂が掲載されています。

Could Olympus DSLR's be Getting a New "PMOS" Sensor?

  • Advanced Imaging Proに、コダックが最近開発したセンサーに関する興味深い記事が掲載されていた。これは、フリッカーに掲載されていたもので、PMOSセンサーの可能性を示唆するもの
  • コダックのPMOSは正反対の極性のシリコンによって構築されており、電子の無い部分が信号を検出する。これは、通常のピクセルと正反対の動作になり、電子を検出する代わりに、センサー上で光との相互作用で電子を作り出す
  • このセンサーは高感度性能と、高速性、HD動画に焦点を合わせて開発されており、オリンパスとパナソニックのユーザーにはうれしいニュースだろう。しかし、Live MOSがよりよい高感度性能を約束していたにもかかわらず、キヤノンやニコンに匹敵する能力ではなかったので、結果を待ったほうがいいかもしれない
  • これに加えて、サムスンも新しいCCDセンサーを開発していて、このセンサーは通常のCCDと比べて1/10の電力しか消費せず、これは簡単に長いバッテリーライフを実現できることを意味する

 

このPMOSセンサーの仕組みは管理人もよくわかっていないので、上の訳文の内容は信用しないほうがいいかもしれません(^^; 

このコダック製のセンサーがオリンパス(パナソニックも?)に採用されるとすると、フォーサーズ&マイクロフォーサーズ機の高感度性能がかなり向上する可能性があるかもしれないですね。パナソニックからは、裏面照射CMOSセンサーの噂も出てきており、このPMOSとともに今後のセンサーの動向が楽しみです。

2009年7月 8日 | コメント(5)

コメント(5)

このあたりですかね。
http://www.dpreview.com/news/article_print.asp?date=0802&article=08020602kodaktruesen
http://www.imagesensors.org/Walter%20Kosonocky%20Award/2009%20Stevens%20et%20al.pdf
LiveMOSは確かnMOSだったような気がします。
パナソニックから裏面照射型の噂も出ていて
そっちの方もかなり気になっていますが。

PMOSはPチャンネルトランジスタを使ったMOS構造の半導体、NMOSはNチャンネルトランジスタを使ったMOS構造の半導体で、イメージセンサとしては、Live MOSがあります。PチャンネルとNチャンネルの両方のトランジスタを使ったMOS構造の半導体がCMOS(相補型MOS)です。

これがわかりやすいかもしれません。

http://estevens-hkomori.pluggedin.kodak.com/default.asp?item=2179980

通常、CMOSなどFETはP型基板で作るものですが、本文を読むと通常とは逆のSiを~、と書いているのでいまいちよく分かりませんね。

そもそも、フォトダイオードはN,Pの片方のみで構築することはできないと思うのですが、如何なものでしょう。

コメントありがとうございます。
 
>zzzさん
資料のリンクありがとうございます。しかし、これは半導体素人の私にはちょっと難解ですね(^^;
パナソニックの裏面照射型CMOSは私も楽しみです。当面はコンデジのみという噂ですが、マイクロフォーサーズにも搭載して欲しいと思います。
 
>名無し三等兵さん
正直あまりよくわかっていないのですが、PMOSセンサーはそんなに特殊なものではなく、いくつかあるMOS構造の半導体の1つという理解でいいのでしょうかね。
 
>hkさん
情報ありがとうございます。PMOSでかなりの低ノイズ化ができ、顕著なクオリティの向上が図れるということで、かなり期待してもよさそうですね。
 
>うにさん
私には正直よくわからないです(^^;
詳しい方、どなたかお願いします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-620は少なくともISO800まではライバルに負けない見事な画質」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-3後継機と単焦点レンズが8月に登場? [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る