オリンパスM.Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6 ED はキットレンズとしては素晴らしい性能

SLRGearにオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 (E-P1のキットレンズ)のレビューが掲載されています。

Olympus 14-42mm f/3.5-5.6 ED M.Zuiko Digital (Tested)

  • ワイド端では絞り開放から素晴らしくシャープだが四隅はソフトな描写。望遠側では甘くなるが、25mmでF5.6、42mmではF8まで絞れば極めて良好になる。総じて良好な性能だが多少絞って使ったほうがよい
  • 色収差はワイド側で非常に大きく、絞ると更に悪化する。周辺部の色収差は開放時がベストだが、それでもコントラストが高い部分では色収差が目立つ
  • 周辺光量落ちはズーム全域で非常に少なく、わずか-1/4EV程度
  • 歪曲は14-18mmで0.7%のタル型で、単純な形状なので後処理で簡単に修正できる。望遠側では歪曲はほとんどない
  • AFは速く、無音に近い。注意深くテストしたが、E-P1のコントラストAFは正確で信頼できる
  • 光学性能は良好で、キットレンズとしてはとても素晴らしい。コンパクトなデザインはE-P1用として喜ばしいもの

 

少し絞ればズーム全域で十分にシャープで、小型軽量の割りに光学性能は優れているレンズですね。ただし、周辺光量落ちと歪曲に関しては測定値が非常に小さいので、収差補正後の値を測っている可能性が高いと思われます(17mm F2.8のテストでも、歪曲と周辺光量落ちは他のサイトのレビューと全く異なる値でした)。

また、E-P1のAFは海外のレビューでは問題点を指摘されることが多いのですが、このレビューでは珍しく?非常に良い評価をも貰っていますね。

2009年8月 2日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年8月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-600が近日中に登場する?」です。

次のブログ記事は「パナソニックDMC-LX3がディスコン?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る