シグマ24-70mm F2.8 EX DG HSM はフルサイズでの周辺部の描写が弱点

SLRGearにシグマ24-70mm F2.8 EX DG HSMのレビューが掲載されています。

Sigma 24-70mm f/2.8 EX DG HSM (Tested)

  • APS-Cでは中心部は開放から素晴らしくシャープだが、周辺部は開放ではややソフトな描写になる。F5.6まで絞ればズーム全域で周辺部まで素晴らしい結果
  • フルサイズでは、中央部は注目に値するほどシャープだが、周辺部に行くにしたがって急激に解像力が落ちる。開放時の四隅の解像力は低く(恐らくレコード記録だと思う)、レンズとはいえない。F4とF5.6に絞ると解像力は劇的に改善するが、周辺部の甘さはまだ目立つ
  • 色収差はAPS-Cでは非常によく補正されているが、フルサイズでは、ワイド端開放では基準値の3倍以上の大きな値。周辺部の甘さは、色収差が目立つせいでもある
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでは問題ないが、フルサイズではワイド端とテレ端の開放で1.5EV落ちる
  • 歪曲は大きくはなく、後処理で補正可能
  • キヤノンのEF24-70mm F2.8Lと比べると、70mm以外ではキヤノンのほうが明らかにシャープ。70mmではキヤノンが幾分ソフトだが、F8まで絞れば同等。ニコンの24-70mm F2.8Gと比べると、ズーム全域、全絞り値でニコンがシャープ
  • 特にお金を節約したい人には、いいレンズだが、フルサイズでの周辺部の描写はよくない。APS-Cでは極めて優秀

 

このサイトは、普段あまり辛口の批評はしないサイトなのですが、このレンズに関してはフルサイズでの周辺部の描写は「レンズとは言えない」と、珍しく厳しい評価になっています。ただ、絞ると急激に改善するので、実写ではそれほど問題はないのかもしれませんね。

国内のレビューサイトなどでサンプルを見た限りでは、フルサイズ機でもかなりキレ味がよくて優秀なレンズという印象なのですが・・・

2009年10月 7日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが多層構造の新型有機センサーを開発中?」です。

次のブログ記事は「キヤノンはミラーレス機を投入する計画はなく、APS-Cズームコンパクトカメラに注力?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る