ニコンAF-S 24-70mm F2.8Gは素晴らしい性能だが歪曲と色収差が大きいのがウィークポイント

PhotozoneにニコンのAF-S 24-70mm F2.8G EDのフルサイズ機でのレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S 24-70mm f/2.8G ED (FX) - Test Report / Review

  • 歪曲はワイド端で3%に近いかなり大きなタル型で、40mmで約1%のタル型、70mmでは約0.5%の糸巻き型。ワイド端ではかなり歪曲が大きいが、単純な形なので修正は容易
  • 開放では周辺光量落ちは非常に目立つ(24mm F2.8で-1.55EV)が、絞れば大きく改善する
  • D3Xでのテストでは非常に高い解像力を示していて、中央部はズーム全域で絞り開放から最高レベル(Excellent)
  • 周辺部の解像力は24mmと40mmでは、絞り開放で"よい(good)"のレベルになるが、周辺部では1段、四隅でも2段絞れば"非常によい(very good)"のレベルになる。これは、標準ズームとしては、素晴らしい性能
  • 色収差はこのレンズのウィークポイントで、24mmのピークで1.85ピクセルになる。40mmではピークで2.41ピクセルになり、全ての絞りで2.0ピクセル以下にならない。70mmでは色収差は問題ない
  • ボケは70mmでテストしたが、開放では輪郭線が目立つものの、絞ると非球面レンズを採用したレンズとしてはスムーズになる。9枚の絞り羽根のため、絞ってもボケは円形を保っている
  • AF-S24-70mm は、シャープでコントラストが高い素晴らしい標準ズームだが、歪曲と色収差が大きいのが欠点

 

中央部の解像力は、D3Xを使ったテストでもチャートの天井に達してしまうほどで、非常に高い値ですね。周辺部は悪くはないですが、中央部のズバ抜けて高い値と比べると少々低めのように感じます。

また、色収差はかなり大きいですが、これは、初めからボディ内の色収差補正に頼るつもりなのかもしれませんね。Photozoneの光学性能の評価は、星3.5(5点満点)で、評判がいいレンズの割りには意外と点数が低いような気がします(ちなみにAF-S14-24mm F2.8は星4.5でした)。

2009年10月 6日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの新型マイクロフォーサーズ機(E-P2?)は10月末に発表?」です。

次のブログ記事は「ペンタックス事業部はどこかと一緒になるか独立してもいい(鈴木CEO談)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る