リコーがGXR用の28-300mm VCと28mm F2.5ユニットの開発を発表

dpreviewにリコーGXR用の新型ユニットに関する記事が掲載されています。

Ricoh develops two more lens units for GXR (dpreview)

  • リコーはGXR用の二つのユニットの開発を発表した
  • カメラユニット RICOH RENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC (名前は仮称)
    • 独自のノイズリダクションと裏面照射CMOSセンサーを採用し、暗所でも高画質で撮影可能
    • このユニットは120コマ/秒の高速連写が可能で、加えてRAW記録や、9段階のイメージセッティング調整、マルチターゲットAFなどの機能を持つ
    • 発売開始予定は2010年の夏
  • カメラユニット GR LENS A12 28mm F2.5 (名前は仮称) 
    • 23.6mm×15.7mmのAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用する。GR ENGINE III とのコンビネーションで、滑らかな階調で鮮鋭度が高く、低ノイズのハイクオリティな画質で撮影可能
    • 正確なピント調整ができるマニュアルフォーカスリングを搭載
    • 発売開始予定は2010年の冬

 

28-300mmのユニットは、高速連射機能や高性能なAF機能が搭載されているようで、単なる高倍率ズームユニットではないようです。120コマ/秒の高速連射がどのくらいの解像度で撮れるのかわかりませんが、面白い存在になりそうですね。

28mmのユニットは大型センサーを採用した広角レンズで、画像処理エンジンと合わせて高画質を追求したものになるようです。GXRのユニットはフランジバックが自由に設定できるので、広角レンズの描写力には期待できるかもしれませんね。

2010年2月23日 | コメント(8)

コメント(8)

http://www.amateurphotographer.co.uk/news/New_Ricoh_GXR_lenses_planned_news_295193.html

こちらのページの下部で、「センサーのみユニットの研究」もしているとありますね。

「開発」ではないので、実現はまだまだ先でしょうけど。

カシオの秒60コマを越えるものがAPS-Cで出てくるのは嬉しいです。
パスト機能がないと120コマも意味がないとも思うのですが、ここには何も言及なしですね。

28ミリのユニットはとても興味深いですが、発売はまだまだ先ですね。

> カシオの秒60コマを越えるものがAPS-Cで出てくるのは嬉しいです。
いえ、こちらのユニットは"A"ではないのでおそらくS10と同等サイズのCMOSだと思われます。("A"が付くのがAPS-Cサイズ搭載ユニット)

まぁそれもおもしろそうですが、他社レンズマウントに期待だなぁ。
画質下げて良いからCマウント専用とか出たら買うんだけど。

発売開始予定は2010年の冬って年末なのか
あんまり待たせないで欲しい。
裏面照射CMOSは魅力的だな。
素子はコンデジサイズなのかな。

型番がP10ということで、
CX3と同じ1/2.3型1000万画素センサーが有力でしょうね。
S10よりさらに小さいセンサー+高倍率で、画質には期待できなさそう……。
GXRはこのコンデジ画質路線をあきらめない気なんでしょうか。

A12 28mmに「Macro」と表記がないのが気になるかも。

P10の方はおそらくCX3ユニットと思われるので、撮像素子が1/2.3型裏面照射CMOS(S10は1/1.7型の高感度CCD)で、120コマ連写だと640x480(VGA)に固定されることになるのではないでしょうか。

しかし、RAW記録も可能ということはCX3に付加価値を付けて画質も調整してくるつもりなのでしょうかね。

バッテリーとメモリーカードを別々に用意しなくていいというのがありがたい。(GXRとCX3をそれぞれ購入するよりもという意味で)

28ミリ待ち遠しいけど セットした時のバランスが気になる。
早く見たいモンです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年2月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トキナーがフルサイズ用のSD 16-28mm F2.8 (IF) FXを開発中」です。

次のブログ記事は「パナソニックが3月にG2とG10の2機種のマイクロフォーサーズ機を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る