海外のソニースタイル公式サイトでα900のディスコンを確認

Nikon Rumorsにソニーα900が公式にディスコンになったという記事が掲載されています。

Sony α900 is now officially discontinued

  • ソニーα900は、(香港のソニースタイル公式サイトによると)現在、公式にディスコンになっている
  • おそらくソニーはα900後継機のための改良された新型センサーを持っているだろう。そのセンサーは、ニコンの新しい2400万画素機にもつながるかもしれない

 

確かに、ソニースタイルのサイトに「Discontinued Product」と書いてありますね。ソニーがこれだけフルサイズ用のレンズを揃えておいて、フルサイズを止めるということも考えにくいので、近いうちにα900の後継機が登場する可能性が高そうです。

最近は、あまり噂が流れてこなくなってしまいましたが、少し前まではα950やα1000(スタジオ用の超高性能機?)の噂がよく流れていたので、NEXも一段落ついたことですし、そろそろ新型フルサイズの噂を本当にして欲しいところです。

ただ、今までの流れからすると、α900後継機よりもα700後継機を先に発表して欲しいというユーザーの方のほうが多いかもしれませんね。

2010年5月11日 | コメント(10)

コメント(10)

 ケチなこと言わず、α900とα700の後継機、同時発表しましょ~!

 α900の正当な後継機と、α700後継機の変化球としてペリクルミラーを同時発表なんて、インパクトあると思うのですけどね。これだったら、あまり喰い合いしないだろうし。

 まあ、ないでしょうけれど。

そう!
このネタ、NEXに負けず劣らず衝撃的なニュースでした。
もうエントリーしか作ってないんですから…

850...

他社マウントだと、新機種フラグwktk!となるところだけど、
ソニーはα700の前例(長期不在期間)があるからなぁ…不安しかない。
あまり間を開けずにα900の正統後継機を投入して欲しいところ。

日本では発売されていないので忘れがちですが、α850に集中しただけだと思います(α850は非ディスコン)。
後継機はまだまだ先でしょうね。

前にも書きましたが、次に出るデジタル一眼レフαは今年の夏から秋に発表、発売になるはず!?

ああ850ありましたか。でも、フラッグシップを引っ込めるっていうのもヒドいんで、700と違いさすがに後継機出すのかな。

α550,NEXと、最近のソニーは、散々じらして不安を煽っといて、ドーンとけっこういいものを出してくるので、α700後継機も、α900後継機も期待しておきます。

900は生産されていますよ。
ただ、ソニー株式会社と、販売部隊のソニーマーケティング株式会社は違いますので、日本のソニーマーケティングは850の販売をせず、Sony Corporation of Hong Kong Ltd. は900を販売中止することを選んだのだと思います。
ソニー株式会社は日本でも850を販売するつもりで作ったはずです。

どちらにせよ他社からだいぶ遅れているものがいつまでも売れるとは考えづらいので、国内でもそんなに長くは無いと思います。ただ、α700のようにディスコンから後継機無しで長期間ファンをほったらかしにして焦らすのはやめてほしいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年5月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF135mm F2Lの後継機はEF135mm F1.8L IS?」です。

次のブログ記事は「ソニーのマネージャーが次のデジタル一眼レフへの動画搭載を明言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る