キヤノンEOS 60DはDIGIC Vを搭載する?

Canon RumorsにDIGIC V やEOS 60Dに関する噂が掲載されています。

DIGIC V, 60D & More [CR1]

  • 最近、近日中に登場するEOS 60Dや1Ds Mark IVにDIGIC Vが搭載され、DIGIC IVは段階的に廃止されるという声が出ている。もしこれが事実なら、同世代のEOS 1Dと1Dsで異なるプロセッサが搭載されることになる
  • 常連のソースが、「EOSの新機能はGPS機能だ」という話をしてくれた。また、Wifiと120fpsの動画という話も聞いた。この両方(Wifiと120fpsの動画)とも私はありそうもないと思う
  • 他のソースによると、新型機は新しい形状になるだろうとのことだ。これは50Dよりも若干小さく、上面の液晶が省略されている。このボディは防滴構造のマグネシウム合金になるだろう
  • これらのすべての噂は、今のところすべてCR1だ

 

以前、EOS 60DにこれまでのEOSには無い新機能が搭載されるという噂が流れましたが、この新機能はGPSなんでしょうかね。また、60Dのボディが50Dよりも小さくなるという噂が事実だとしたら、個人的にはとても嬉しいニュースです。

それから、DIGIC Vですが、Northlight Imagesで「3200万画素の1Ds Mark IVで6.5コマ/秒の連写が可能になる」などという噂が流れているので、かなりパワフルな画像処理エンジンになるかもしれませんね。

2010年5月 9日 | コメント(12)

コメント(12)

CR1ではありますが、120fpsは実装されたら嬉しいなあ。
シネカメラにあってビデオカメラにないもの、浅い深度とオーバークランクが、ここへ来てやっと普通の人々が手にすることに出来るようになってきました。

DIGIC Vは歓迎ですね
ただ3200万画素もいくていいから半分くらいの1600万画素位で7コマ位でいいのに・・・
まだまだ不明瞭な点が多いですが、もし本当にDIGIC V積むなら値段が高くなりそうだ

小型化は歓迎ですが、上面液晶が無くなってしまうのはかなり痛い。それではEOSではなくKissに近くなってしまう・・・

何にしても、発表が待ち遠しいです!

120fpsになったらもうミニチュア特撮だってできそうで、そうなったらニコン者の私も買いますよ60D。
動画は当分キヤノンに追いつきそうにないですからね。

それにしても60Dの発表にはやきもきしますが、楽しみも
増してきますね。
絶対に何かサプライズあるはず。

IVからVの進化でコア単体の処理速度が上がれば、シングルDigicで1800万画素の秒6.3コマ連写とかも可能になるのでしょうかね。X4と7Dで既に1800万画素としてしまっているので、キヤノンが60Dに今更APC-Cサイズに中途半端な画素数を採用するとは考えにくいです。
もし60Dが1800万画素だったとしたら、7Dよりもシャープな画になってるといいのですが。

上面の液晶の省略は、うまく考えたなヽ( ´¬`)ノ
ファインダーの透過液晶に今までの上部液晶を、
表示するモードを追加すれば、問題ないだろう。
モード変えるのに、ファインダーから目を離さなくてすむ。
ただ、余計に周囲が見えてない邪魔なカメラマンが増えるw
しかしそうすると、60Dもスクリーン交換不可になりそうな。

60DにDIGIC V搭載ならばそれだけでもじゅうぶんサプライズかもです。現在のところGPS機能にはあまり魅力を感じていません。それよりも個人的にはバリアングル液晶を熱望してしまいます。極度に肉厚が増すというのなら考え物ですが…。

7Dとの差別化&ニコン対抗策として「高性能小型機」路線を追究してほしい。動画&GPS機能はサブテーマだが、着実にリードすべし。

60Dの発売と同時に並単レンズのリニューアル版を出して欲しいな・・。

出るもいいが、50並の値段にしてほしいですね。

おそらく、GPSとWI-FIは搭載されるとしたらセットでしょうね。

EYE-FIでジオタグを記録できますが、海外の規格で国内では使えませんし、GPS付きカメラって普及してきてますしね。

撮影後、WI-FI+WIMAXなどでFrikerにジオタグ付きでアップロード。撮ったそばから写真をウェブ共有って感じでしょうか。

ちょっとコンシューマーよりな気もしますがw


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年5月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF35mm F1.4Lは中央の解像力はズバ抜けているが周辺部は甘い」です。

次のブログ記事は「リコーが28mm F2.5の他にもう一つのGXR用ユニットを準備中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る