オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6は高倍率ズームとしては優秀なレンズ

SLRGearにオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6のレビューが掲載されています。

Olympus 14-150mm f/4-5.6 ED M.Zuiko Digital (Tested)

  • 14mm開放では良好な解像力(1.5blur:不鮮明さを表す値)だが、四隅は若干甘くなり(2blur)、絞ってもわずかしか改善しない。ズーム中間域(45mm)では、画面全域でかなりシャープになり(1.5blur以下)、絞ったときもより大きく改善する。70mmでは広角端と同じように中央は開放から良好だが、周辺は甘くなる。150mmではF11まで絞ると、中央は良好な解像力(1.5blur)だが周辺部は甘い(3-4blur)
  • 色収差は14mmでは良好だが、45mmでは開放時に大きい値になる。70mmと100mmでは色収差は周辺部で非常に大きくなる。このレンズの色収差は極めて強い
  • 周辺光量落ちは、25mmと45mmではまったく見られない。周辺光量落ちが最も目立つのは14mm開放時で-2/3EV。このレンズは、いくらかの周辺光量落ちが見られるが、F8まで絞れば目立たなくなる
  • 歪曲は非常に小さいが、カメラ内で補正されているので驚くようなことではない。14mmではごく少量の糸巻き型で、それ以外では実質的に歪曲はゼロ
  • AFは最短から無限遠まで1秒未満。AFは非常に速く、実質的に無音で動作する。前玉は回転しない
  • パナソニックの14-140mmとの比較では、開放時にはパナソニックのほうがよりシャープで、絞ったときもわずかにパナソニックが良好
  • オリンパスの14-150mmは最高にシャープなレンズではないが、高倍率ズームとしては優秀なレンズだ。広角側を除くと大きな色収差が性能を損なっているが、多彩な万能レンズとしては安価だ

 

解像力のテストではパナソニックの14-140mmに若干負けているようですが、パナソニックよりも大幅に軽いのはとても魅力的だと思います。サンプルを見ると確かに周辺部の色収差はかなり目立ちますが、高倍率ズームとしては結構シャープでよく写るレンズという印象です。

このレンズを、オリンパスの9-18mmと組み合わせると、わずか445グラム(155g+290g)で換算18mmから300mmまでカバーできてしまうのはすごいですね。

2010年6月13日 | コメント(3)

コメント(3)

 妥当な評価でしょうね。
 他社がレンズを拡充する前に、使い勝手の良いレンズで先手を打つのもアリでしょう。
 NEXのほうにも高倍率ズームの予定があったようですので、そちらの仕上がりも気になります。
 オリM4/3だと、マクロがどうなるのか気になります。

オリンパスがより大型のシステムに移行するという(信頼度の少ない)この前の噂が頭に響いて、注目すべきオリ・パナレンズ比較に気もそぞろ。

不思議なものを発見

銀色の14-150mm F4 -5.6 14-150

http://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.10.26.Qyy1VN&id=9698080461

日本と中国の公式サイドにはないものです。.


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年6月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD400に関するちょっとした噂が掲載」です。

次のブログ記事は「トキナーATX 165 PRO 16-50mm F2.8は開放時の画質がウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る