キヤノンが小型軽量で二桁D並みの価格のAPS-Hミラーレス機を開発中?

Photo RumorsにキヤノンのAPS-H ミラーレス機に関するより詳細な噂が掲載されています。

Canon APS-H 1.3x mirrorless

  • 以下は、私が受け取ったAPS-H(1.3x)ミラーレス機の可能性についてのメールによるもの

    しばしばEOSのテストをしている友人が「キヤノンがAPS-Hのミラーレス機を発表する」と言っている。私がAPS-Cではないのかと聞くと、「1.3xだ」と彼は主張した。「(APS-Hのミラーレス機は)重く、大きくそしてとても高価になりそうだ」と私がコメントすると、彼は「そうはならない。サイズと重さは、パナソニックのG1/GH1ほどもない」と語り、「価格は二桁Dと同じくらいになるかもしれない」とテスト機の作りのクオリティと機能から推測している。

    キヤノンがAPS-Hセンサーをミラーレス機に採用して、より需要があると思われる7Dクラスに採用しない理由としては、「キヤノンはレンズをすでに2系列持っており、(APS-Hの)超広角の問題を解決する3つ目のレンズシステムを追加したくないためで、ミラーレス機ならいずれにしろ新しいレンズ群を作らなければならないため」と友人は考えている。このためセンサーはどんなサイズでも可能だ。そして、私の友人によると、キヤノンは次の理由でAPS-Hを選択するということだ。

    - APS-Cはアップデートに次ぐアップデートで改善が困難になってきている
    - センサーの製造コストが下落し、APS-CとAPS-Hに大きな違いがなくなっている
    - キヤノンは1D用の新型APS-Hセンサーを数年おきに作っているが、他のカメラと開発コストを共有できていない。今回は1D Mark4の16MPセンサーを流用することができる
    - 設計によっては、大きなセンサーは必ずしもライバルよりも大きく重いボディになることを意味しない

 

信憑性は不明ですが、キヤノンのAPS-Hミラーレス機がもし事実なら、マイクロフォーサーズともNEXとも(ニコンとも?)競合しないとても面白そうな製品になりそうですね。

もし、G1/GH1並みのサイズで、価格は二桁D(7D?)と同じくらいという話が事実なら、ハイアマチュア層にアピールする力は大きそうです。ただ、ボディがいくら小さくても、APS-Hだとレンズはかなり巨大化してしまうのではないかと思いますが・・・

2010年6月10日 | コメント(45)

コメント(45)

>サイズと重さは、パナソニックのG1/GH1ほどもない
という一文がなければ……。
システムの小型軽量化の弊害になるような大型センサーをあえて選択しますかね?

他社のミラーレスと差別化する為にも
APS-Hサイズのセンサーを持ってくる事は
良い発想だと歓迎したいところだけど、
ボディーサイズをm4/3機並にするのは疑問だ。

ボディーは薄くコンパクトに作れてたとしても
レンズがセンサーサイズに比例して大きくなるだけに、
バランスが悪くなってしまって操作性の悪化に繋がる。

少々ボディーが大きくなってもミラーレス化によって
それなりにコンパクトになるのだし、どうせ作るなら
APS-Cよりもテレセン性に優れたマウントで作り込んでほしい。

ミラーレスはもう少し小型でやってほしいですね。小型で高性能のレンズが出なければ苦しいので。60DにAPS-Hならありかとおもいます。

銀塩レンジファインダー機と同程度の大きさで良いでしょう。小さすぎるのは使い辛いです。
20㎜ 35㎜ 60㎜マクロ 100㎜ のスペシャルな単焦点4本を組み合わせる・・・とかすると、オールドファンにも受けるかも知れません。

本題のミラーレスよりも「APS-Cはアップデートに次ぐアップデートで改善が困難になってきている」の一文が興味あります。
多画素数化の急先鋒であるキヤノンも限界を感じているのでしょうか?
ある意味、他社よりもエントリーデジタル一眼レフの終息を感じさせる話ですね。

もし発売されるなら面白そうですが、大きくても良いのでEFマウントだとありがたい…(EFマウントで小型化は無理でしょうけど)
むしろ、2桁Dの後継機(60D)をAPS-Hにしてくれた方がありがたいかな。
APS-C kiss 7Dシリーズ
APS-H 50D後継機 1Dシリーズ
35mm 5D 1Dsシリーズ
って感じで。

たとえEFマウントだとしても、ミラーやプリズムを無くして
グリップを工夫するだけでも相当小さくなる気がします…。

手元の銀塩KissLiteを見ていてもそう感じます。
ありじゃないですか?

○APS-Hのミラーレス
○大きさはG1/GH1ほどもない
○価格は二桁Dクラス
・・・・・うーん・・・正直、かなり信憑性は低いと思います。
APS-Cの改善が困難ってのは専門的なことは解りませんが もしそうならさおさら、ミラーレスやコンデジにAPS-Cを使用し、画素数を1700万画素までに抑えてこれまでとは物方向に進化(高画質・動画、ミラーレスに最適化)し、ミラーレスカメラにEF-Sレンズを使用できるようにしたほうが、新しいレンズシステムを追加する必要が無くなるのでは??

本当は、APS-Hは他社にない優れた画像素子サイズですので、NOMさんが書かれている3ラインナップが理想なんですけどね。

今の所夏のバリアングル機しか現場の予定ないけど
うちいがいの工場かな

EFマウントはかなりのレンズが発売されているので、アダプターなくそれらが使えるという点では、すでにEOSをお持ちのユーザーの方も、新たにマウントを立ち上げる必要のないメーカーにもメリットは大きいようにも思います。

NEXのEマウントとAマウントの現状を見ていると余計にそう思ってしまいます。

みなさん仰っているように、小型軽量というのとAPS-Hという相反する要素が疑問ですね

いずれレフという部品はカメラの大小にかかわらず無くなっていくものだと思うので(ニッチ向けに少数残る可能性はありますが)
小型とかそういうのは先攻するm4/3やSONYに任せて、Canonには電機メーカーには作れないプロの使用に耐えるミラーレスを先攻して欲しいですね

ある掲示板で以下の文章を見たのですがミラーレスの場合、
前ピン後ピン現象自体が存在しないのですか?


マイクロフォーサーズは、像面のコントラストを測定して、直接ピントを合わせる
「直接ピント合わせ」方式。
ミラー式の「一眼レフ」は、像面のピントが測定出来ないので、ハーフミラーを
介して間接的に距離を測定する「間接ピント合わせ方式」。

ハーフミラー経由の距離が像面と同じなのは何故か?
なんと、反射ミラーを当てている軸棒を、出荷時に一台一台回転させて、
ハーフミラー経由の距離が像面と同じになるように、出荷調節している。

だから「間接ピント合わせ」の一眼レフでは「前ピン」「後ピン」の問題が生じて、
ちゃんとピント合わせが出来る状態を保つためには、定期的に銀座のニコン
サービスセンターなどで調節をしてもらわないといけないんだよ。

 CやNがミラーレスをやるのなら、APS-C以外の素子サイズでやった方が良いと思います。
 つまり、大型素子か、小型素子かのどちらかで。どちらかと言えば、大型素子で、ハイアマチュア機以上のクラスで。

 今現在、一眼レフのユーザーの方には、ミラーレスは玩具の域を出ないものと認識されていらっしゃる方も少なくないように感じます。
 もし、仮に、デジタルカメラの発展や進化にとって、ミラーレス化が有効であるとして、かつ、一眼レフで大きなシェアを確保しているメーカーさん自身が、(短期的な売り上げ予想の判断ではなく、中長期的に機能性の向上させるために)ミラーレス化を進めるべきだと判断した場合の意思表示する場合には、高性能機のゾーンに投入した方が、メッセージとして強力だと思います。

 また、ミラーレス化は「小型軽量化には有利」ではありますが、「ミラーレスなら小型軽量でなければならない」という事ではないと思います。
 すでに豊富なレンズ資産を抱えるメーカーとしては、既存マウントとの融和は必須だと思いますので、位相差センサーを内包したミラーレスEFマウントで当面は良いのではないでしょうか。
 小型軽量路線よりも、ミラーレスならではの使い勝手でアピールする路線があっても良いと思います。
 例えば、フルタイムライブビューの機能を活用すれば、WB等の設定は現場で撮影時に合わせ易くなりますので、J-PEGでの出力には有利になるはずです。高画素化が進んだ場合、PCへの負荷の増大から「勝負所以外ではJ-PEGで」と言う選択も増えてきそうな気もします。

今後の方向を下位から考えてみますと、コンデジの多くは高画素化する携帯カメラに呑み込まれてゆくでしょうから、いずれコンデジにはAPS-Cセンサーが登載されるようになり、携帯とミラーレスとの隙間を埋める役が担わされるのではないかと思います。
そうなりますと、デジ一眼としては、暫くの間はAPS-Cが共存するでしょうが、差別化や画質への要求から役不足となることは自明です。近未来キヤノンは、デジ一眼をAPS-Hと35㎜サイズの2系列にするつもりではないでしょうか。
APS-Hの存在は他社のあらゆるAPS-C機より相応のアドバンテージがあります。すなわちコンデジの兄貴分であるAPS-Hミラーレスは、ほどよくデジ一眼の代役や弟分としての位置付けもできるわけで、それぞれの隙間をうまく埋めてゆくことができる絶妙な選択だと思われます。

 コンデジに、標準でAPS-Cは、ちょっとキビシい気がします。
 単焦点ならともかく、ズームレンズを付けると、あんまりコンパクトにならなくなってしまう気がします。
 携帯のカメラ機能が進歩して、今のコンデジと変わらない画角や明るさが確保できれば、「コンパクトにこだわらないコンデジ」にシフトするかもしれませんが...まぁ、APSのIXYがあったんだから、なんやかやの技術的問題を解決できれば、そうなるのかなぁ。

前々からコンパクトなAPS-H機が欲しかった自分には良いニュース(噂?)です。
NEX-7がAPS-Hにならないかなぁ~って密かに思っていたのでw

↑ のような事を違う掲示板に書くともれなく、
つライカM8
って言われるしorz  だ~れが無駄な金を・・以下略w

それに何故 
APS-H = 報道(プロ)用
って事になってるのか、以前から不思議なんだよね
誰だよ、こんなの言い出したのは・・・

ということで、ちと期待して待っておきます。(フォトキナあたりで何かが?)

G11ベースでAPS-Hならうれしい。
んな訳ないか(笑)

ミラーレス機にEFマウントを希望されてる方が多いですが、意味の無いことです。ミラーレスにすればフランジバックが変わって来るんです。EFマウントを採用してもそのまま付けられずアダプターが必要になってきます。それなら新規のマウントにして変換アダプターを使うことにしてもおんなじことです。この際、Mマウントを採用すれば、非常に汎用性のあるボディーになり、キャノンファン及びライカファンにも受け入れられますよ。

 ミラーレスになっても、フランジバックを短縮しない選択もあると思います。
 ペリクルミラー経由で位相差AFにすれば、キヤノンの強みも活かせると思います。

私が欲しいのはD3のミラーレスで固定焦点22mm前後と45mm前後かな。ようはこのスペックはCやNではカニバリが怖くて出せません。なのでソニーにやってほしいです。一台500gだったら2台もっても1kg。値段は2台で10万。

ミラーレスなら正方形のセンサーってことはないですかね?
センサーサイズ27.9mm×27.9mm
3:2 または2:3にボタン一つでトリミングできるような。
これだったら縦位置で構えなおす必要もないですし、
6×6、6×7や16:9等色々できそうですけど?

ペリクルミラーを使えば、ミラーレスとは云えないでしょう。

 確かに、「ミラーレス」ではありません。でも、「一眼レフ」でもないので、呼び方が分かりません。
 強いて言えば、「プリズムミラーレス」でしょうか...。

 APS-H素子により、ワイドテレビでの再生に最適化された動画に強いカメラをイメージしています。

実現性は低いですね。
APS-Hは面積が大きい=生産性が低いのでセンサーの価格が高くなります。高密度実装で本体を限りなく小さく出来たとしても、更に価格は上がります。 またレンズは1.3xですし、フルサイズ用より少し小さい程度。更に無理して小さく作れば収差を抑えられず、収差を抑えたら重く大きく高価になります。レンズセットで初値が12万とか。カメラ好きのキヤノンファンにしか売れないようなニッチ商品は作らないでしょう。
そもそもキヤノンはミラーレスなんてやりたくない。ずっと“キス”で商売したいのです。EF-Sは既にEFとは互換性の無い別マウントなのですから、更に増やして3マウント同時販売などはやりたくないに決まってます。

変換アダプタを使うことを考えるならば、Mマウントにすらこだわる必要はないかと思います。
しかし、噂の通りAPS-Hとなるなら既存EFレンズも活用できてほしいな、と言うのは人情かと…。
マウントアダプタでも良いのでAF対応してくれれば、なお良いですね。
私はミラーレスと既存機材(一眼レフ+コンデジ)の使い分けに答えが出せないでいるのですが、ぜひキヤノンには『なるほど、そういう用途にも良いな!』と思えるような利用シーン、メリットが明確な商品を期待したいです。

小型軽量…なボディに不釣り合いに大きなレンズではミラーレスである必要を感じませんね。店頭でNEXを触って強く感じました。
あえてセンサーにAPS-Hを選ぶなら、携行性と画質を両立できる沈胴レンズ一体型で出して欲しいですね。
各社のミラーレスのような軟弱でチープなボディではなく、ライカX-1のようなノスタルジックも切り捨てた、耐久性あるボディに35mmか50mmの素晴らしい単焦点が付けば、二ケタDよりちょっと高くても買います。

天国の伊藤宏先生!向井二郎先生!いまだに素晴らしいキヤノンマウント(=L39)レンズを愛用させていただいています。
今回のミラーレスが、キヤノンマウント・マニュアルフォーカス・フォーカスエイド付きデジカメでありますように。(注:独り言です)

何故Mマウントと書いたかといいますと、過去にも現在にも巷にMマウントのレンズが数知れずあるからです。それにMマウントだったらLマウントのレンズも使えます。
遊べますよ~。
Mマウントレンズなら、小型軽量云う事なしです。
ライカのレンズは使ってみれば、良さが分かりますよ。

何となくですがNEX潰しの側面もありそうですね

7DとNEX眺めていて高感度耐性はかなりNEXが良さそうですしキヤノンが対抗するにはより大きな撮像素子をぶつけると言うのは当然の選択でしょう。

SONYが重要性を認識していない、或いは分かっていてもあえて無視しているレンジファインダーレンズマニア取り込みという点でもAPS-H採用は有利です。

キヤノンのことですから完成度の高いものを投入するでしょうしαマウントユーザーであっても十分に魅力的である可能性はありそうですね。

噂だけじゃなく実現すると嬉しいです。

実はライカも使ってるので、totoさんのお気持ち分かります。
NEXほどフランジバック小さい必要はないですが、確かにMマウント以下にしてくれればレンズ遊びには魅力的ですよね、APS-Hなら。
なんにせよ、どんな規格が生まれ、そして消えていくのか、楽しみです。
自分が買った規格が消えていけばもちろん悲しいですが、そういう過渡期をリアルタイムで体感すると、後々の話のネタにもなるし、混迷期を楽しみたいです。

デジ一眼に取って代わるかのようにミラーレス機を捉えておられる方が結構おられますが、各々守備範囲というものがあろうかと思います。邪魔でかさばるミラーボックスや光学ファインダーではあっても、現時最善とも言うべき機能や道具としての「一体感」は、到底コンデジやミラーレスの及ぶところではありません。これこそがデジ一眼の一眼たるゆえんであり真骨頂ではないでしょうか。
口径の大きなズームレンズや超望遠レンズを使っている人たちにすれば、ミラーボックスの有無や図体の大きさなどそれほど重要な問題ではありません。ミラーレス専用レンズは、コンパクトで広角寄りを中心とした数種程度が基本システムとなるでしょうし、あとは需要に応じながら自在に展開されてゆくでしょうが、デジ一眼と併用する要求の高いハイアマチュアにはEFレンズがマウントアダプターないしは中間リングを介してそのまま使えるようになっておれば御の字ではないでしょうか。フランジバックが異なりますので同一マウントとは言えませんが、形状寸法がまったく同じEFモドキ(ミラーレスの意味も込めて)のEF-Mマウントはありだと思います。中間リングとなればほとんど機能を損なわずにすみます。

ミラーレスのAPS-Hなら色々なマウントの可能性があります。

かって、FDレンズをM型ライカに使用したことがあります。レンズコンバータA・Bの中間アダプターとキャノン純正顕微鏡アダプターを使用してライカM5で顕微鏡撮影も可能でした。

今回のミラーレスのAPS-HがEFとFDマウントに対応し、Mマウントにも対応すれば古いレンズ資産がよみがえります。科学写真の分野への利用も促進されます。8mmや16mm映画フイルムの複写システムまであったF1システムの再現?の道が開けそうです。ミラーレスの軽量APS-Hなら、ミクロから宇宙まで、いろいろな写真の楽しみ方が広がりそうですね・・・・・。

そこまで大きくするならフルサイズでいいじゃないか
と思うんだが。。。。

APS-Hですか?
イロイロなサイズが有った方が面白いとは思います。
APS-Cも細かく見れば各社サイズが異なりますので・・・
おそらくフィルム時代のような統一は困難でしょうね。
使い手がセンサーサイズの違いと表現の関係を理解して活用する必要が、ミラーレスではさらに大きくなるのかもしれません。
ミラーレス機全体が活気付くような動きをキャノンにも期待します。

APS-Hミラーレス機のマウントをEFと同一形状寸法にするメリットは、将来35㎜サイズの素子を追加することが可能であること。また、仮にミラーレスが主流となってデジ一眼が衰退する日がやってきたとしても、キヤノンとしてはミラーレス専用レンズを拡充させながら最後の最後までEFレンズユーザーをもつなぎ留め、「無血開城」式にどの段階からでも円滑に移行させることができることにあるかと思います。ここでAPS-H素子だけに最適化した別マウントを採用するより、部品などを含め大きな意味があるでしょうし、ユーザーにとっても決して悪い話ではありません。
いずれにせよ、アダプターを介せばFDであろうがライカMやニコンFマウントであろうが35㎜サイズに対応しているものは全部いけるでしょう。キヤノンAPS-Hミラーレスの戦略上の余力とポテンシャルはでかいと思いますよ。

NEXのEマウントが外径58.9mmでボディに対して結構大きいのに、外径65mm のEFマウントをそのまま使うと大きすぎて小さいボディが作れないと思います。

マイクロフォーサーズなど小さな素子を用いたミラーレスは、棲み分けとして今後も存続してゆくでしょうが、APS-Hミラーレスが出現するとなりますと、実に中途半端な絶対的僅差によってAPS-C機の優位性は何ひとつ見出せなくなり、次第に先細ってゆく可能性が高いように思います。
すでにAPS-Cミラーレスを船出させてしまったソニーは、いずれセット可能な素子にサイズUPするか、さもなくば今いちど新マウントでフルサイズ機を投入するなど、何らかの手段を講じなければならなくなるときがくるのではないかと考えられます。まあ後者はないでしょうが、するとなれば少なくとも現行レンズでは対応不能となりますので、事態の打開はいささか深刻なものになると想像されます。

ともあれ、キヤノンのAPS-Hミラーレスというのは、各社いきなりフルサイズとはいかない諸事情のなか、潜在的にかなりの破壊力を秘めているのは確かです。資源あっての発想でしょうが、経営戦略的にみて、よくもまあ絶妙な武器を持ち出してきたものだとつくづく感心します。

ただ一点、我々はレンズを含む総体のキヤノンAPS-Hミラーレスに対し、NEXやマイクロフォーサーズほどの軽量コンパクトさを求めてはいけないと思います。玩具ではなく、別の道を歩むような、言わば武器や道具としてのミラーレスが登場してきてもよいのでないかと思います。レンズはどこまでもそれなりでしょうから妥協線は多少下げておく必要があろうかと思う次第です。

 小型化にはある程度の妥協もゆるせるAPS-Hに対し、すでに一定の小型化を果たしてみせたAPS-C機は、立派に棲み分けできると思います。

ミラーレス機のマウントをEFと同一形状寸法にすることはあり得ないです。
もしそうすると、現在のEFレンズをミラーレスのEFマウントに誤使用する可能性があります。
工業製品としては誤使用を前提とした設計なんてあり得ないです。

 誤使用推奨の製品は聞いた事がありません。

 ミラーレスの場合は、光学一眼機と違い、背面液晶を含む電子ファインダー機能での被写体確認が必須になりますので、仮に誤装着しても、それによる不具合には気付くと思います。

 が、フランジバックの変更があった場合、99パーセント新規マウントになると思います。

efマウントでミラーレスカメラを作ることは不可能なのですか?

誤使用の件は折込済みなのですが、モドキたるゆえんのEF-Mマウントですので、ボディ側のレンズ脱着ピンの径を太いものに変えたり2本にするなど極めて簡便な工夫や手法で回避は容易でしょう。仮に間違って取り付けたとしても構造材を損傷することはないでしょうし、単純にピンボケになるなどまともには写らないでしょうから己の過ちにはすぐに気づくと思います。フィルム時代とは違い、モニターのあるデジカメなら誤射の傷は浅いと安易に考えています。

いずれにせよ、想像の世界が出発点ですのでご容赦のほどを。

 可能です。
 一眼レフから、ミラー等を取り去るだけです。フランジバックを変更しなければ、問題無く機能します。
 ただし、フランジバックを変更しようがしまいが、位相差AF系が取り除かれるので、コントラストAFしか使えなくなりますから、用途によっては致命的になり得ます。
 ので、何らかの対策をしてくるはずです。
 位相差AFをどうにかして組み込むか、新規にコントラストAF用のレンズ体系やマウントを構築するか...etc.

どこかのメーカーの真似ではないのですが、キヤノン7などのレンジファインダーカメラの復刻版のような感じで、ミラーレスを出せば面白いのでは。

厚みを薄くして、上下左右の寸法を大きめにすれば、コンパクトカメラとも、一眼レフとも違う高級感が出るかもしれません。
フランジバックが短くなりますが、EFレンズ用のマウントアダプターは、接写リングのように電気信号の伝達だけですむので、安価にできると考えられます。
位相差AFの問題だけは、どうすることも出来ませんが。

何やら本末転倒のような話が出ていますね。個人的にはMFできれば御の字半だと思っているのですが・・・。

さて、フランジバックが短くなったからといって機構や形状寸法に容認できないほどの不都合が生じないのであれば、キヤノンのミラーレスがEFマウントを継承しない理由はないと思います。

マウントというものはカメラという道具のよりどころであり、象徴と言ってもよいでしょう。まさにユーザーにとってはアイデンティティそのものでもあろうかと思います。できることなら継承していって欲しいと思うのは実利的にも当然だと思います。別物のカメラとは言え、フランジバックが短いだけで同じセンサーを載せる兄弟機なら継承しない理由の方が見つからない気がします。数ミリ程度は口径を小さくすることはできるでしょうが、レンズ全体のことを想い描いてみますと、一部のニコンズームのようにいびつに絞り込むようなものも出てくると考えられます。信号ピンが増えたりの微変はあるにせよ、EF-Mマウントはあながち非現実的な空想ではないと思いますので期待していてもよいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年6月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 3D&APS-Hミラーレス機の噂が掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンの新型機はHD動画と静止画を同時に撮影可能?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る