ニコンD3000とD5000がディスコン、D90は販売継続

Nikon Rumorsに、ニコンのデジタル一眼のディスコン&販売継続に関する情報が掲載されています。

Nikon D3000 and D5000 to be discontinued

  • ニコンD3000とD5000が近日中にディスコンになるという複数の報告を異なる国から受け取った。いくつかの販売店は、既にこれらのモデルの次の出荷はないと言っている。D90とD300Sは年末・年始のシーズンを通して販売が継続されるだろう。
     
    ニコンがD5000後継機(基本的にD3100に可動式モニタを付けたものになるはずだ)を発表するかどうかは不透明だ。おそらくニコンはデジタル一眼のラインの一つを新型機(ミラーレス機?)のために開放するのだろう。

 

D5000がディスコンという話は国内で既に流れていたので驚きはありませんが、後継機が登場せずにバリアングルモデルがこのまま終わってしまう(?)のかは気になるところです。キヤノンがKiss F後継機を出さないので、エントリーモデルは1機種で十分という判断なのかもしれませんが・・・。

D90はD7000としばらくの間併売されるようですが、現在、両機の価格差がかなり大きいので、これはこれで意味がありそうですね。あと、モデルチェンジの時期が気になるD300Sですが、年末・年始までそのまま売られるということなので、近日中のモデルチェンジはなさそうな雰囲気です。

2010年10月11日 | コメント(4)

コメント(4)

気になるD400の発表は、D4と同時にされると思います。時期は、早くても来年後半になるんじゃないかなあ。それまでじっくりと時間をかけて、誰もが驚くよう製品を作り上げていくことでしょう。

D90、やはり現在の価格を考えると性能も十分なので
継続販売するという形なのでしょうか。
自分も同社及び他社製のエントリークラスと比較するのであれば、
D90の価値(性能と価格の比)で再度購入しても良いと思うほどです。
またD300Sですが、D7000の性能がかなり高くなっているで、
微妙な立ち位置にいることがとても気になります。
新しいDX機のフラッグシップがどのような形で発表されるのか
期待しています。
それにしても、DX専用のレンズが少ない様な…、ニコンさん
もっとDX専用レンズを作ってください。お願いします。

国内は両機共に先月に在庫払い出しになってますよ

もしD300Sの後継機が、D一桁系のAPS-Cバージョンだったら嬉しいですね。

現状のD3sをDXクロップで撮影しても、500万画素程度の写真しか得られないし。
D一桁系の性能、レスポンスの速さをAPS-C機でというのは、APS-Cのフラッグシップにふさわしい方向性だと思う。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年10月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーT*24mm F2、T*24-70mm F2.8、T*16-35mm F2.8の比較サンプルが掲載」です。

次のブログ記事は「EOS 60Dは50Dを忘れればとても楽しめる上出来なカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る