ソニー85mm F2.8 SAMはとびきり価値のあるレンズ

kurtmunger.comに、ソニー85mm F2.8 SAMのレビューが掲載されています。

Sony 85mm F/2.8 SAM review

  • フォーカスリングはAF中に回転するので、指が触れないように注意が必要。フィルター枠は回転しないので、偏光フィルターの使用は快適だ。フォーカスリングの回転角は1/2周以上あるので、MFでのピントの微調整は容易。AFはSSMモーター搭載レンズのように静かではなく、作動音が大きい。
  • ハイライトのボケは、すべての絞り値で若干の縁取りが見られるが、おおむね良好。ハイライトの縁の部分には、後ボケでは緑色の、前ボケではマゼンタの色が付くが、これは心配には及ばない。
  • 逆光では太陽が画面の近くや内側にあると緑色の丸いゴーストが見られることがあるが、全体としては、ゴーストはよく抑えられている。フレア耐性はせいぜい平均並みで、太陽が画面の近くにある場合は注意が必要。付属のフードを使うか、ハレ切りをしたほうが良い。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは近距離でも遠距離でも心配はない。フルサイズでは周辺光量落ちは大きく、開放で"中程度"~"大きい"のレベル。しかし、1段絞れば、四隅の黒く落ちている部分は申し分なく改善する。
  • (APS-Cでもフルサイズでも)中央の解像力は開放からとても良好。F2.8では若干かすんで見えるが、大伸ばししなければ目立たない。
  • (APS-Cの)画面中間域の解像力は開放では若干ソフトだが、F4まで絞れば即座にシャープになり、中央とほとんど同じシャープさになる。(フルサイズでは)F2.8では少しソフトだが、F5.6まで絞れば中央とほとんど同じシャープさになる。
  • (APS-Cの)四隅の解像力は開放では若干ソフトだが、F4まで絞ればシャープになり、F5.6-F8まで絞ればとてもシャープになる。絞ったときの解像力は画面中間域とほとんど同じ。(フルサイズでは)F2.8は少しソフトで暗いが、F5.6まで絞れば素晴らしくシャープになる。
  • 倍率色収差は穏やかで、画面周辺部で大部分がマゼンタ(シアンも見られる)の色ずれが見られる。軸上色収差はF2.8では目に付くが、F4まで絞ればほとんど解消する。単焦点レンズとしては軸上色収差は少し予想より大きいが、厳しい条件でなければそれほど目立たない。
  • 85mm F2.8 SAMは素晴らしい性能だ。良い点は、小型軽量なことと、中央の解像力が開放でさえ非常に高く周辺部・四隅も絞れば中央に匹敵する解像力になること。貴方がこの焦点距離のレンズを探しているソニーユーザーなら、このレンズはとびきり価値のあるレンズだ。

 

安価なレンズですが、絞れば周辺部の解像力も十分に高くなるようなので、フルサイズでも問題なく使えそうですね。ボケは若干色が付くようですが、開放付近では柔らかくてよい感じです。わずか175グラムのレンズなので、荷物を軽くまとめたいときでも躊躇なくもっていけそうですね。

2010年11月30日 | コメント(6)

コメント(6)

 あらら、DTレンズではないのに高評価。ワーキングプアの身なのに、物欲が刺激されます。αマウントで、この焦点距離で良いレンズとなると、一気にカールツァイスのレベルになってしまいますからね。

 DTレンズでないので、将来フルサイズ化した場合への安心感もあるのが良いですね。

明るさだけではなく,優秀な描写の単焦点レンズは大歓迎です。しかしコストとの板挟みとは言え、スローでノイジーなSAM採用とは、まことに残念です。ますます盛んになるであろう録音機能付のムービー時代に入った今、わずかなコストのために採ったソニーの選択には疑問を持ちます。

ところでこの焦点領域、5ミリ違えば性格もガラリと変わります。伝統的な85ミリや105ミリ、ドイツ系での採用が多い90ミリ、それにキリが良い100ミリの、それぞれの性格を活かしてカメラを構える方も多いと思います。

ライカ使いの私はA900を選び、f1.4の85ミリの次は90ミリレンズを夢見ていたのですが、もしかして近未来にSSM搭載の90ミリなんて、期待しても良いですか。卓越した近接性能、皆無に近い色ズレなら、10万円でf4でも大歓迎です。誰でも使える焦点距離に、1本ぐらいマニアックなレンズの選択肢があるのは、買物する際にも楽しそうです。

友人と昔のゾナーみたいなレンズ構成と
噂してました。
かつての100/2的な隠れ銘玉候補ですね。
さすがに現行プラナーあると買い足す理由がないですが
あえてフィルム機に着けてみたい気もw
フィルムAPS一眼にAPSデジタル用レンズつけると
硬調なレンズは恐ろしく硬い描写で驚きました。
オンナノコ撮れない程。
pcの後処理でシャープネスガンガンに
上げたようなプリントでした。

現状のボディラインナップからするとSAMはいたしかたないですね。

まあ、F2.8とそんなに明るくないしな…という理由で購入を見送ることができてたのですが、こんなレビューされたら買っちまいそうです(苦笑)。

最近は安くていいレンズが次々出て物欲を代わる代わる刺激して、αユーザーであることが、嬉しいような辛いような…(笑)。

使う人を選びそうなレンズですね~ せめて最大撮影倍率がもうちょいあれば欲しかったのですけど、お気に入りの被写体が変わるまで見送り

安価な割にはなかなか良い評価ですね。
残念なのは、やはりAF駆動音と、鏡胴の造りでしょうか…。
Eマウントレンズのような金属製鏡胴や静かなAFをAマウントでも実現できませんかね…。
そしたらすぐに手が出ちゃいそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年11月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米国の企業がEFレンズの絞りをコントロール可能なマイクロフォーサーズ用マウントアダプタを開発中」です。

次のブログ記事は「オリンパスが一ヶ月以内に新しいマイクロフォーサーズ機を発表する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る