パナソニックGH2用のバッテリーグリップが近日中に登場?

43rumorsに、GH2のバッテリーグリップに関する噂が掲載されています。

(FT5) New battery grip for the GH2 to be announced by early 2011

  • 我々の最高のソースによると、パナソニックはGH2用の新しいバッテリーグリップを発表するということだ。スペックに関する情報は無いが、このグリップは今後数ヶ月以内(2月?)に発表されるという話を聞いた。
  • 掲載した写真(※リンク先に貼ってある写真のことです)は、eBayで販売されているパナソニックのカメラ用に改造されたグリップ。

 

GHシリーズのユーザーの間では、長時間の動画撮影用にバッテリーグリップを望む声も出ていたようなので、これはGH2のユーザーにとっては嬉しいニュースかもしれませんね。

ただ、バッテリーグリップを付けると、軽量・コンパクトが売りのマイクロフォーサーズとしてはかなりかさばるシステムになってしまうかもしれませんね。

2010年11月17日 | コメント(7)

コメント(7)

 パナは、FTを無期限休止して、MFTでOVFを駆逐しようと企んでいるので、小型化だけがミラーレスでは無いと言う姿勢に思います。
 レンズに関しても、小型化≦性能と言う印象ですし。
 パワグリは、付ける付けないの選択が可能ですし、個人的には、今まで無かったのが不思議です。

バッテリーグリップじゃなくて良いから、グリップ(ホールド)を向上させるものが欲しいです。

バッテリー内蔵は不要で。
入れると不恰好にばかでっかくなってしまうので。
世にあるバッテリーグリップというものは皆殆どそう。

パナのGシリーズで言えば右手でグリップすると、どうも小指が余りがちになるのを解消する程度で良い位のばかでっかく重くないグリップ(電池内蔵で無くてもOK)が欲しいものです。

メーカー純正で出してくれなくても良いので、サードパーティーでも良いので、そういうの出して欲しいです。

> グリップ(ホールド)を向上させるものが欲しいです。

自分で作った方がいいものができそうな気がするけど。
私は電池内臓で稼働時間が上がるのでしたら、それがいいです。

一眼レフに比べてマイクロやNEXなどミラーレスは総じてバッテリーの持ちがまだまだ悪いので予備バッテリーを常備するかバッテリーグリップを使うしか方法がないですね。人によっては一日中歩き回って500枚とか1000枚撮る人もいるし動画撮影すればバッテリーは激減するかと。小型軽量のメリットはスポイルされますが撮りたいときに写真や動画がバッテリー切れで撮れないというのはお粗末なのでバッテリーグリップの話が出るのは順当な線だと思います。僕は女性のように手が小さく指も細いですがそれでもGH1のグリップは小指があまって引っかかりません。グリップは握りやすく縦方向にもう少し長くして欲しいと思っていました。

知り合いがkiss X3にバッテリーグリップをつけています。背が高くなるし、不格好なんだけど、持ったときのホールド感はすごくよくなっていました。小さいカメラにこそ、あれは必要なものかもしれません。

管理人さん、こんばんは。

バッテリーグリップというのは、某カメラ雑誌でも以前
取り上げていましたが、ソニー以外のメーカーのはどれも
使いづらいと書かれていました。

自分もキャノンのに付けてますが、大きくなっただけで
撮影しづらいです。

プロカメラマンでもバッテリーグリップを付けて立てに撮るのに
なぜかシャッターボタンは通常使っている場所のを使っている
人も多いようです。

それだけ格メーカーのが使いづらいんですよね。
それがパナソニックはどう出てくるか。
楽しみです。

それって、ザクティみたいなイメージで良いんでしょうか?あるいは、なぎら棒...じゃなくて、短いモノポッド付けたカメラのような感じですよね?

それだと、ファインダーとの相性が悪そうですよー。手を顔の真下にもって来る構えですよね?
そうなると、ディスプレィ使用前提になると思うのですが、今度はレンズを操作しにくくなる気がします。両手を前後に並べる構えになりそうですから。
おそらく、システム全体で、拳銃位のサイズにおさまれば、使いやすいと思いますけれど、現行のレンズ等では、小型のショットガンのような構え方になるので、アイレベルでの撮影よりも、ウェスト~チェスト?レベルでの撮影なら得意そうな感じですね。

ただ、この先、電子マウントが改良されて、ズーミングまで右手で操作できるようになれば、あるいは、レンズがさらにコンパクトになれば、かなり良好なホールドができそうな可能性を感じます。
NEXですら、見た目は最先端な感じですが、よく見てみると、旧来のカメラと構成は変わらないので、おっしゃるような「突き抜けたデザイン」のカメラは、面白そうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがEマウントを採用した業務用カムコーダー"NXCAM"を2011年上半期に商品化」です。

次のブログ記事は「パナソニックLUMIX G 14mm F2.5は周辺部の解像力がウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る